二世帯住宅リフォームはおすすめ?リフォームを検討する理由

家族で賑やかに暮らせる二世帯リフォームを検討する方もいますが、二世帯リフォームする際に気をつけなければいけないことはないのでしょうか?この記事では、二世帯住宅リフォームのメリット・デメリットについて分かりやすく解説します。現在、二世帯住宅を検討している方は、この記事を参考にしてください。

 

二世帯住宅とは

まずは、二世帯住宅の特徴について解説します。

そもそも「二世帯住宅」とは

二世帯住宅とは、親世帯・子世帯がひとつ屋根の下で暮らすために考慮された住宅をいいます。リビングやキッチンを共有する完全同居タイプもあれば、これらを共有せずにプライバシー確保を重視した完全分離タイプの二世帯住宅もあります。

二世帯住宅のメリット

二世帯リフォームで親世帯・子世帯が一緒に住むと、日常生活で助け合えるようになります。例えば、親世帯に子供を安心して預けることができたり、親が病気になったときに介護ができたりします。また、二世帯住宅にすることで、家族のコミュニケーションが増えるので、家族で過ごす幸せを感じられるのが最大のメリットです。

二世帯住宅デメリット

二世帯住宅は家族で過ごす幸せを感じられる反面、プライバシー確保がしづらいです。完全同居型の二世帯住宅だと、生活リズムの違いによるトラブルも発生します。嫁姑が同居する場合は、気を遣いながら生活していかなければいけません。また、二世帯住宅は建築コストが高くなる一方で、売却が難しいこともデメリットです。

 

二世帯リフォームのプラン内容

二世帯リフォームは(1)完全同居タイプ(2)完全分離タイプ(3)一部同居タイプの3つのタイプに分けられます。それぞれにメリット・デメリットがあるため、リフォーム前に良く検討をしましょう。

完全同居タイプ

完全同居タイプは、リビング・ダイニング・キッチンのスペースを共同で使用する間取りです。家族全員で賑やかに過ごせることがメリットです。親世帯のサポートを受けたい人や、両親のサポートしたい人におすすめのタイプです。
しかし、完全同居タイプは、嫁姑関係の構築が必要になります。嫁姑関係が悪くなると、お互いに気を遣いながら生活しなければいけません。

メリット デメリット
・お互いが助け合える

・賑やかに暮らせる

・建築コストが安い

・プライバシーの確保が難しい

・ゆっくり過ごせない

・嫁姑関係の構築が必要になる

完全分離タイプ

完全分離タイプとは、親世帯と子世帯が一緒に暮らす二世帯住宅の中でも、それぞれの世帯が暮らす住空間が完全に独立しているタイプをいいます。
リビング・ダイニング・キッチン・玄関に至るまでが別々になっています。そのため、お互いのプライバシーが尊重されて、生活時間のズレによるストレスも溜まりません。
また、近くに住んでいるため、育児や介護のサポートをし合える関係を構築できます。とても魅力的な完全分離タイプの二世帯住宅ですが、建築コストとランニングコストが高くなるので注意しなければいけません。

メリット デメリット
・プライバシー確保ができる

・ゆっくり過ごせる

・生活にズレがあっても支障が出ない

・建築コストが高い

・ランニングコストが高い

 

一部同居タイプ

一部同居タイプは、完全同居と完全分離の中間型の二世帯住宅です。玄関やお風呂などの一部分を共有する二世帯住宅をいいます。プライベート空間を保ちながらも、家族との時間も設けることができます。そのため、家族の絆やコミュニケーションを大切にしたい人におすすめです。
また、完全分離タイプよりも建築コストを抑えることが可能です。しかし、生活スタイルが異なるとストレスの原因になるので注意しなければいけません。

メリット デメリット
・家族の時間を持てる

・プライバシーの確保もできる

・生活のズレが発生すると大変になる

・設計前に話し合いが必要になる

 

二世帯リフォームを検討する理由

二世帯リフォームを検討する理由

二世帯住宅やリフォームプランについて理解して頂けたと思います。これらを踏まえて、二世帯リフォームを検討する理由として、以下のような理由が挙げられます。

親世帯のサポートを受けたい人

共働き世帯の増加によって、親世帯に育児支援を望む子世帯が増えています。子供を一時的に預けたり、保育園や幼稚園の送り迎え、食事や入浴などの協力をしてもらったりするために、二世帯住宅を希望する子世帯が増えています。

両親の介護を見据えている人

将来的に両親の介護を見据えて二世帯住宅を希望する世帯もあります。親が病気をしたり、怪我をしたりしたときでも、身近に暮らしていたら、いつでもサポートできるので安心です。このような人は在宅介護がしやすい二世帯住宅リフォームを希望されます。

孫の部屋を作りたい人

親世帯からすると、孫の存在は目に入れても痛くないほどカワイイものです。孫の成長を近くで見ていたいと願う親世帯も少なくありません。子世帯と孫世帯とひとつ屋根の下、賑やかに暮らしたいと願う方も二世帯住宅を希望されます。

 

まとめ

今回は、二世帯住宅リフォームのメリット・デメリットについて解説しました。親世帯・子世帯で賑やかに暮らすことができる二世帯住宅ですが、プライバシーが確保しにくいという問題もあります。また、二世帯住宅の需要は少ないため、売却が難しくなることも理解しておかなければいけません。
しかし、子育て支援が得られたり、在宅介護が行えたりなどのメリットもあります。そのため、メリット・デメリットを理解した上で二世帯住宅リフォームを検討してください。

*********************************************************
岡山県の注文住宅・リフォーム工務店なら小林工業の「ロハスな家」
小林工業のロハスな家づくりや施工事例が満載のカタログ&カレンダーを無料プレゼント!

*********************************************************
無料家づくりセミナー開催中!
「家づくりが初めてで相場が分からない」「何に気をつけるべき?」「予算が心配」 など、さまざまな家づくりに対する不安や疑問を解決! 一緒に家づくりのお勉強をしてから「後悔しない家づくり」はじめませんか?
ご希望の方は、セミナーのあと資金相談や設計相談もしていただけます。

tel:0868-72-1882(予約制)