リフォーム中の仮住まいはどうする?探し方のコツを分かりやすく解説

リフォーム中に仮住まいが必要になることもあります。リフォーム工事期間中だけ住む場所を探すのは想像以上に大変なため、事前に計画を立てておきましょう。この記事では、リフォーム中の仮住まいの探し方のコツについて分かりやすく解説します。

 

リフォーム中の仮住まい探しの注意点

リフォーム中の仮住まい探しでは、気をつけなければいけないことがあります。ここでは、リフォーム中の仮住まい探しの注意点をご紹介します。

電気・ガス・水道の二重払いになる

仮住まいでも、電気・ガス・水道の契約が必要です。また、リフォームの現場でも電気・水道は利用します。そのため、リフォーム現場と仮住まいで電気・ガス・水道の二重払いの状態になります。
使用料は少ないかもしれませんが、基本料金がかかるため、負担になる恐れも否めません。そのため、仮住まいを探す際には、水道光熱費の負担が増えることを理解した上で、予算に見合う物件を探しましょう。

短期間の居住が可能な物件が少ない

短期間の居住が可能な賃貸物件は件数が少ないです。貸主側は、長期で住んでくれる借主を希望しているからです。さらに、ペット可能な物件を探す場合は、物件探しに苦労するかもしれません。そのため、リフォーム工事を始める前に仮住まい探しを始めるようにしましょう。

工事延長に対応できる物件が少ない

リフォーム工事が計画通りに進まない場合は、期間が延長されます。このような場合は、賃貸借契約も延長しなければいけませんが、必ずしも延長できるとは限りません。
賃貸借契約によっては、新たな仮住まいに引っ越さなければいけません。このようなリスクを踏まえた上で、仮住まいを探すようにしましょう。

初期費用が高い

短期間の居住が可能な賃貸物件は、敷金・礼金・仲介手数料が家賃1ヵ月分以上かかります。例えば、家賃が8万円で設定されている場合は、敷金・礼金・仲介手数料・前払い家賃で32万円かかることになります。
また、賃貸物件を借りて1年以内に退去する場合は、ペナルティとして、1ヵ月分の家賃を退去時に支払わなければいけないなどの規約が定められていることもあります。そのため、契約内容を良く確認しておきましょう。

レンタル倉庫を使用しなければいけない

仮住まいが狭ければ、全ての荷物を持ち運ぶことができません。そのため、場合によってはレンタル倉庫を検討する必要があります。このレンタル倉庫の利用料は、月額1万円程度かかります。このような諸経費がかかることも理解しておきましょう。

 

リフォーム中の仮住まい探しのコツ

リフォーム中の仮住まい探しは大変ですがコツがあるので安心してください。ここでは、リフォーム中の仮住まい探しのコツをご紹介します。

賃貸借契約の期間を定めて物件を探す

賃貸借契約の期間を定めて、仮住まいを探しましょう。仮住まいの期間に応じて、選ぶべき物件は異なってきます。そのため、希望するリフォーム工事の開始日と完成予定日を確認して、賃貸借契約の期間を定めましょう。

管理物件が多い不動産会社に相談する

仮住まい探しの相談は、管理物件が多い不動産会社に相談をしましょう。管理物件数が多い不動産会社であれば、定期借家の物件など豊富に取り扱っているはずです。また、さまざまな借主の対応をしてきているため、どのような仮住まいをすれば良いか、最適な提案をしてもらえるはずです。

家具・家電付きの物件を契約する

仮住まいに必要な費用を最小限に抑えるために、家具・家電付きの物件を探しましょう。家具・家電を再購入すると、想像以上に負担が大きくなります。また、これらを処分するのも大変です。そのため、仮住まいには家具・家電付きの物件を選択することをおすすめします。

 

リフォーム中の仮住まいの方法

リフォーム中の仮住まいの方法

リフォーム中の仮住まいの選択肢には (1)賃貸物件(2)ウィークリーマンション(3)ホテルがあります。それぞれのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

賃貸物件

短期居住ができる賃貸物件は少ないですが、定期借家であれば借りやすいです。定期借家は契約期間を自由に設定できるというメリットがあります。また、通常の賃貸物件での更新も定期借家にはありません。期間満了になっても、貸主の合意が得られれば、再契約が可能です。家具や家電は揃えなければいけませんが、ウィークリーマンションやホテルよりもコストパフォーマンスに優れています。

メリット デメリット
築年数・場所・間取りの選択の幅が広い

2年契約できる

コストが抑えられる

水道・電気・ガス料金を負担しなければいけない

仲介手数料・敷金・礼金がかかる

連帯保証人や保証会社の利用が必要

 

ウィークリーマンション

ウィークリーマンションやマンスリーマンションは、週単位や月単位で借りられます。家電や家具が設置されている建物が多いため、自炊をすることもできます。とても便利な仮住まいですが、日常清掃代が請求されるため、生活費の負担は若干大きくなります。

メリット デメリット
間取りの選択の幅が広い

週単位・月単位の契約ができる

一般的な賃貸借契約より手続きが簡単

自炊ができる

水道光熱費が日額・月額で発生する

日常清掃代を負担しなければいけない

ホテル

短期的な仮住まいにおすすめなのがホテルです。水道・電気・ガスを無料で使用できるだけでなく、定期的な清掃もしてもらえます。また、ホテルは日単位の契約になるため、リフォーム工事の延長などにも柔軟に対応できます。しかし、ホテルの利用料は割高になるので注意してください。

メリット デメリット
水道・電気・ガス料金の負担がない

清掃の手間が省ける

フロントが常駐しているため安心

 

料金が割高になる

駅近等、場所が限定されている

自炊ができない

広さが限定されている

 

まとめ

リフォーム中の仮住まい探しは、想像以上に大変です。安易な気持ちで考えていると、仮住まい探しで大変な思いをしてしまうかもしれません。そのため、仮住まい探しの注意点やコツを押さえておき、どのような場所で仮住まいしていくかを考えておきましょう。
この記事では「賃貸物件」「マンスリーマンション」「ホテル」のメリット・デメリットをご紹介しました。3つの方法を比較検討して、最適なものを選んでみてくだい。

 

小林工業では、仮住まいが必要なお客様に自社物件をご紹介することができます。基本的には家賃は不要(光熱費等は別途必要)でご利用いただけますので、ぜひご利用ください。

*********************************************************
岡山県の注文住宅・リフォーム工務店なら小林工業の「ロハスな家」
小林工業のロハスな家づくりや施工事例が満載のカタログ&カレンダーを無料プレゼント!

*********************************************************
無料家づくりセミナー開催中!
「家づくりが初めてで相場が分からない」「何に気をつけるべき?」「予算が心配」 など、さまざまな家づくりに対する不安や疑問を解決! 一緒に家づくりのお勉強をしてから「後悔しない家づくり」はじめませんか?
ご希望の方は、セミナーのあと資金相談や設計相談もしていただけます。

tel:0868-72-1882(予約制)