カウンター式キッチンリフォームのメリット・デメリットを徹底解説

リビングやダイニングとひと繋ぎにして、明るく開放的な空間を実現できて、家族のコミュニケーションが増えるカウンター式キッチン(対面式キッチン)のリフォームは人気です。
しかし、リフォーム方法を間違えてしまうと、快適性が損なわれたり、費用が高くなったりします。そのため、リフォームの基礎知識を身に付けた上で、計画を進めていきましょう。この記事では、カウンター式キッチンリフォームのメリット・デメリットについて解説します。

 

カウンター式キッチンリフォームのメリット

まずは、カウンター式キッチンリフォームのメリットをご紹介します。

家族との会話が楽しめる

家族が自然と集い、会話が弾む家を希望される方から、カウンター式キッチンは支持されています。リビングやダイニングにいる家族の様子を伺いながら料理ができるからです。子どもたちが勉強をする姿を見ながら料理ができるので、子育てがしやすくなります。
また、家族の気配を感じられるため、自然とコミュニケーションが増えます。

開放感のある空間を実現できる

カウンター式キッチンの魅力は解放感です。クローズドキッチンは暗くなりがちです。壁付けのキッチンでの作業は集中できますが、家族との会話が減ります。また、テレビを見ながら料理を楽しむこともできません。このような問題は、カウンター式キッチンにリフォームすることで解決できます。

配膳作業が楽になる

対面式キッチンにすることで、配膳作業が楽になります。子どもが、お手伝いに興味を持つようになれば、配膳の手伝いを依頼しやすくなります。カウンターに料理を出しておき、子どもにテーブルまで配膳してもらうのです。子どものお手伝いの様子がキッチンから見えるため、見守りながらお手伝いを教えられます。
また、ホームパーティをする際にも配膳作業が楽になります。

 

カウンター式キッチンリフォームのデメリット

次に、カウンター式キッチンリフォームのデメリットをご紹介します。

収納スペースが減る

壁付け型キッチンからカウンター式キッチン(対面式キッチン)にリフォームする場合は、必要となるキッチンの面積が異なります。カウンター式キッチンを設ける分だけ、キッチンの面積が狭くなることを忘れないようにしましょう。
調理スペースの幅は、最低85cmは設けないと使用しづらくなります。キッチンスペースを広くした分、収納スペースが減るという問題も出てくるので注意してください。

油はね・水はねに注意しなければいけない

調理中に油ハネや水ハネなどがあっても、壁があれば、ある程度の汚れは防止できるでしょう。しかし、カウンターキッチンの場合は、油ハネや水ハネを防止することができません。その他のキッチンと比較しても、周囲に汚れが飛び散りやすいというデメリットがあります。

ニオイが部屋に広がってしまう

リビングダイニングとひと繋ぎのキッチンは、料理の際に発生する臭いが部屋中に拡散するというデメリットがあります。換気扇を回せば、臭いや煙を吸い取ってくれますが、それでも臭いが気になる人はいます。

 

カウンター式キッチンリフォームのポイント

カウンター式キッチンリフォームのメリット・デメリットについて解説しましたが、ポイントを押さえれば、デメリットを解消できます。一体、どうすれば良いのでしょうか?ここでは、カウンター式キッチンリフォームのポイントをご紹介します。

通路幅を確保する

カウンター式キッチンを採用する場合は、設置位置や通路幅に気をつけなければ使い勝手が悪くなってしまいます。
基本的に1人で調理をする場合でも、通路幅は約85cm必要だと言われています。その程度の通路幅を採っても、空間が狭くならないかを吟味して、リフォームを依頼しましょう。

壁材に珪藻土や漆喰を使用する

リビングダイニングとひと繋ぎにするカウンター式キッチンを採用すると、調理中に発生する臭いが気になるかもしれません。このような悩みは、消臭効果の高い珪藻土や漆喰を壁材に使用することで解決できます。
デザインにこだわりたい方は、デザイン性と消臭効果を持つエコカラットを貼るという方法もあります。そのため、カウンターキッチンにする場合は、壁のリフォームも検討してみましょう。

油はねガードを設置する

カウンター式キッチンは、周囲に汚れが飛び散りやすいと説明しましたが、油はねガードを使用すれば汚れを防止できます。
油はねガードには、圧迫感の少ない背が低めのタイプと、汚れをしっかりと防止できる背の高いタイプ、換気扇まで覆うタイプなどがあるため、要望に見合うものを選びましょう。
市販の油はねガードを自分自身で設置すると、落下する危険性があります。従って、専門業者に設置工事を依頼しましょう。

 

カウンター式キッチンリフォームに関するよくある質問

良くある質問

最後に、カウンター式キッチンリフォームに関するよくある質問をご紹介します。

Q.リフォーム会社の選び方のポイントはありますか?

満足度の高いカウンター式キッチンリフォームには、信頼できるリフォーム会社との出会いが重要となります。キッチンリフォームに関する施工事例を豊富に持っており、予算と要望を叶えられる提案をしてくれるかを確認しましょう。
また、担当者との相性も大切です。話しやすく、どのような質問にも丁寧に答えてくれる方を選びましょう。

Q.リフォーム会社に相談する際に準備するものはありますか?

リフォーム会社にカウンター式キッチンリフォームの相談をする場合は、自宅にある設計図面を持参してください。平面図だけではなく、構造図や概要書もあると良いです。図面を持参した方が、より具体的な提案をしてもらえます。

リフォームをする際の注意点はありますか?

リフォームの打ち合わせが面倒で、複数の業者を比較・検討しない方もいます。
価格や担当者の人柄に納得いく場合は契約しても問題ありませんが、「より好みのデザインを提案してもらえた」「より安くなった」などということもあります。そのため、可能な限り、複数社のリフォーム会社を比較・検討してみてください。

 

まとめ

今回は、カウンター式キッチンリフォームのメリット・デメリットについて解説しました。デメリットもありますが、リフォームする際に気を付ければ、問題を解消できることが多いです。しかし、場合によって、対面型キッチンにリフォームしない方が良いこともあります。そのため、キッチンリフォームの施工実績を豊富に持つ信頼のおけるリフォーム会社へ相談してみてください。

*********************************************************
岡山県の注文住宅・リフォーム工務店なら小林工業の「ロハスな家」
小林工業のロハスな家づくりや施工事例が満載のカタログ&カレンダーを無料プレゼント!

*********************************************************
無料家づくりセミナー開催中!
「家づくりが初めてで相場が分からない」「何に気をつけるべき?」「予算が心配」 など、さまざまな家づくりに対する不安や疑問を解決! 一緒に家づくりのお勉強をしてから「後悔しない家づくり」はじめませんか?
ご希望の方は、セミナーのあと資金相談や設計相談もしていただけます。

tel:0868-72-1882(予約制)