昨日はロハスな家の地盤調査Dayでした。

朝一番は・・・・奈義町

那岐山を背景に地盤調査

奈義町が町民確保の為に行った宅地分譲地なので・・・

ある程度地盤強度の良好な土地ではないかと想像しますが・・・

IMG_0350造成してからも5~6年の月日も経過していて・・・

強度も十分なようです。

地盤調査はスウェーデン式が一般的で・・・100kgの荷重をドリル(キリ)にかけて・・・地中に入った深さと回転数で強度を判定します。

IMG_0355写真は地盤調査のドリル部分ですが・・・

槍のような・・・

長さは15cm程度ですが・・・先もかなり鋭利にとがっています。

これに100kgの荷重をかけて・・・25cm地中に入る動作の回転数を数えます。

こちらの現場は地盤が固くて・・・表面から自重(100kg)では入ってゆかない状態で・・・調査員の方も・・・ハンマーで叩いたり・・・表面の硬い部分を取り除いたりで・・・・

汗びっしょりで頑張ってくれていました。

建物の四隅と中央の5箇所で調査・・・・

地中の石に当たったりで岩盤までの調査が出来なければ・・・

少しずらして再度挑戦です。

硬い地盤でしたが・・・地中2.5mくらいで岩盤に到達

5箇所全てで調査を済ませて・・・次の現場へ移動

次は美作市楢原の自社造成地ロハスタウンです。

IMG_0360こちらの現場では施主様にも立ち会って頂きます。

どんな地盤か・・・

どんな作業で地盤強度を確認するのか・・・

生涯、この土地で安心して暮らしていただくには・・・

実際に調査に立ち会っていただくのが最善と思っています。

ガリガリ・・・・・・ガリガリ・・・・

ドリルはなかなか地中に入ってゆきません!!!

さすがロハスタウン!!!良好な地盤です。

地盤調査は第三者機関に依頼して公正に判断して頂き・・・

軟弱と判定されれば調査期間の指示に従い「地盤補強」を行い・・・地盤保証保険を付保しています。

生涯!!安心な暮らしを約束しています。

予定なら・・・もう一箇所は旧作東町で・・・

IMG_0365

でも・・・

こちらの現場は大きなワラ葺の旧家が建っていて・・・解体作業に手間取ってしまい

週末の調査に日延べして頂きました。

瑕疵保証が義務化され・・・地盤調査は必ず行う事になりました。

小林工業では7年前から全ての住宅で行ってきましたが

うちに限らず全ての工務店が地盤保証するようになって

家を建てられる方は安心していただける時代になりました。

地盤調査を終え・・・順次 ロハスな家の基礎工事が始まります。

これから・・・基礎配筋検査・・・

建て方を完了してからの構造躯体検査・・・

完成してからの竣工検査・・・

第三者の検査機関による検査によって

ロハスな家の「安心・安全」が確認されてゆきます。

                     brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

 

 

 

 

*********************************************************
岡山県の注文住宅・リフォーム工務店なら小林工業の「ロハスな家」
小林工業のロハスな家づくりや施工事例が満載のカタログ&カレンダーを無料プレゼント!

*********************************************************
無料家づくりセミナー開催中!
「家づくりが初めてで相場が分からない」「何に気をつけるべき?」「予算が心配」 など、さまざまな家づくりに対する不安や疑問を解決! 一緒に家づくりのお勉強をしてから「後悔しない家づくり」はじめませんか?
ご希望の方は、セミナーのあと資金相談や設計相談もしていただけます。

tel:0868-72-1882(予約制)