小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

65b8dc91.jpg

「手作り感」ってどんな感じ?


こんな感じです!って言いたくなるようなおトイレが出来上がってます。これは施主様みずから頑張った珪藻土塗り壁がいい雰囲気を作っています。


職人ではプライドが邪魔して出来ないような仕上がりかもしれませんが、そんな、ラフな凸凹表現と色むらが「あったかい手作り感」をかもし出しています。


栃の木のカウンターに備前焼調のボールとゆがんだガラスの傘が付いた照明からのまばらな色合いが「壁のムラ」を強調しています。


「左官さんに叱られて大変だったんですよ!」壁塗りしたお施主さんも楽しそうに自信たっぷりだった。


「みんなで作るといい家になる」楽しく実践できた一棟でした。


12月2・3・4日 上郡の展示会場でご覧ください。

2006年11月29日 | | 1件のコメント

24ae5de2.jpg

今日はLDKの様子をご覧いただきましょう。


内壁はナチュラルな珪藻土塗り壁です。染料を含まない自然の色合いで、白に近いアイボリーです。晩秋の陽光が差し込み、床、壁の反射で全体的に明るくなっています。


床は檜の無垢フローリングの生節で、天然檜の大黒柱の生節文様とマッチしています。


リビング部分は勾配天井として、爽快な高さをとっています。勾配天井を大張りが力強く横たわります。一つ残念なのは、住友林業の構造計算で強度の必要性からエンジニアリングウッドになってしまったことです。耐震性からですが、少し色を付けて修正材を目立たなくしました。


高さを強調した写真の為、隣の和室が写りませんでしたが、リビングと6畳の和室と縁側部分はワンフロアーとなり34m2の大広間になります。


キッチンの奥におばあちゃんの部屋が見えます。おばあちゃんの動線も考慮しています。明るいカーテンの向こうはウッドデッキ、物干しも楽々です。


12/2~4の展示会へのご来場を楽しみにしています。

803b5731.jpg

写真は二階南側ベランダ出口のローカ部分です。一部、キャットウォークになっています。下は玄関から階段、LDKをつなぐローカ部分になっています。暗くなりがちな一階ローカ部分を二階テラスからの陽光が差し込むばかりか、月明かりでも明るいです。光だけではありません、風もそよぎます。夏はテラス戸を開けて家中の換気・通風も出来ます。風と光の道が実感できます。12/2~4は上郡町マックスバリュー近くの展示会場でお待ちしております。


PS、アップルさん、昨日はコメント有難うございました。僕の想いが伝わりうれしいです。感謝!

2006年11月27日 | | 1件のコメント

e70371c8.jpg

上郡町完成見学会の美容室部分です。四角いガラスブロックが南側の客待ちテーブル面についています。美容室の直接の陽光はあまり良くありません。ガラスブロックで柔らんで入ります。


古民家風の色合いは施主様のリクエストです。大きな梁を出した勾配天井はゆとりある雰囲気にしてくれます。天井を照らす間接照明の器具は全て施主様のコーディネートによるものですが、電気工事職人さんのアイディアも活かされているとか?高さがばらばらだったり、一箇所に集めてスポットを付けたり、かなり施主さんも遊んで位置決めされたようです。でも、電気工事職人は配線をかくすのに苦労されてる見たいですね。電球色の照明は暖かみがあり、お客様もゆったりと落ち着けて、長居してしまう美容室になりそうです。

2006年11月26日 | | 2件のコメント

2354f1b3.jpg

兵庫県上郡町で12月2・3・4日で開催する完成見学会のチラシが完成しました。これは、今日撮影した写真をもとにIZUMIちゃんがイラストレーターで作成してくれたものです。今までは僕がエクセルで作っていましたが作成者が変わってスッキリとシンプルに出来上がって気に入っています。


玄関の写真と外観写真を使っていますが、実は、美容室店舗部分・リビング、ダイニング・吹き抜け部分・トイレなどもっともっと見て欲しい部分はテンコ盛りなんです。でも、チラシの予算も決まっていて、今回は白黒印刷のワラバンシ風となってしまいました。いい家なんでみんなに見て欲しいです。施主もこだわる!僕もこだわる!職人もこだわる!でいい家になりました。チラシで伝わらない部分をブログで写真と共に説明して行きたいと思っています。でも、実物を見てもらうのが一番納得してもらえると思います。展示会でお待ちしています。


HPにもチラシをUPしますので見てください。

2006年11月26日 | | 1件のコメント

917fb251.jpg

イノス2007カレンダーが送られて来てびっくりなんと表紙を飾っているのは小林工業の作品住宅「黒石邸」ではないか

今年の春、住友林業さんから「無垢造デザイン」のテレビCMに使いたいと要望があり撮影隊が来られました。その後、TVCM、イノスニュースなどで利用されましたが、2007カレンダーの表紙に選ばれるなんて感激です

今年5月の全国総会のデザインコンテストでは最優秀は逃し優秀賞でしたが、今回のカレンダーで満足です。一番に、弊社に家創りをお任せいただき、撮影に快くご協力いただいたお施主様に感謝ですそして、共に家創りに頑張ってくれた職人さん、デザイナースタッフ、そして、選定していただいた住友林業スタッフに感謝!感謝!感謝!です。うれしーーーです。これかの励みになります。いい家創りに頑張りまーす

今朝は朝一に地盤調査の位置だしを済ませ、いざ大阪へ!


今日はエコの先進国ドイツの家創りの考え方「バウビオロギー」の研修会に参加するためにマイドーム大阪へ行ってきました。


何でも珍しい物好きの僕は一人では寂しいので設計のみどりちゃんを誘ってヨーロッパのエコの取り組みを勉強するつもりで参加してきました。ドイツ人の大学教授ボルガー・ケーニッヒ先生の講演でわかりやすく説明していただいてとても良かったです。大学時代必修科目だったドイツ語を落とし続けて4年間勉強したかいあってかイントネーションだけは思い出せました。


バウビオロギーとはバウ(家)+ビオス(生命)+ロゴス(調和)を語源とした言葉で建築生物学・生態学の概念で壊れつつある環境との調和を取り戻し、健康的な住空間を求めようとする考え方です。アメリカで始まったLOHASにも近いです。太陽のエネルギー・雨水・高断熱・通風とかを有効に利用して化石エネルギー(石油・原子力)の使用に頼らない快適で効率的な生活が出来る住空間を求めるものです。


現在の日本では一般的な新築住宅には24時間換気が義務付けられています。これはシックハウス対策からです。そもそも自然素材だけで住宅を作る事が出来たなら、電気を使う24時間換気はいらなくなります。合理的な健康住宅に誰もが住めれるようにしたいですね。  

a31f9df2.jpg

有難うございます!! 感謝です!!


アクセスしていただいた皆様のお陰を持ちまして、アクセスカウンター設置後二週間で1000カウントを達成いたしました。カウンターを付ける時は・・カウントが上がらなかったらどうしようなんて心配もしましたが、予想をはるかに上回る結果で、ちょうど居合わせたパソコンメンテナンスをしていただいている厚ちゃんと握手をしてしまいました。しょうも無いウンチク話で笑いも取れないブログですが多くの方々に見ていただいていると思うと嬉しくてたまりません。今後とも宜しくお願いいたします。感謝!感謝!です。


 

e937236a.jpgこんなデザインもするんだ!!て思って見てください。小林工業としてMODERN   DESIGNは二棟目です。これは僕のデザインです。キュービックなフォルムでボックスを積み重ねたり、前に並べたイメージです。総二階なので広々とスペースも取れています。新世代の吹付け断熱&床暖で暖かな室内になります。ペットスペースも確保したワンちゃん同居住宅です。外観だけでなく内部も先進仕様で自然素材も多用した快適住宅です。12月16~17日の展示会が楽しみです。

9b1a6865.jpg

上郡の現場へ写真撮りに、急いで展示会のチラシを作らないと間に合わない。今回はワラバンシ調の紙に1色印刷で手創り調に仕上げたいと思ってます。

写真は岡山国際サーキット手前1km地点です。イチョウの黄色とモミジの赤が奇麗だったので思わず車を止めてしまいました。寂しく朽ち果てたわら屋の庭先で主を待つかのように色付いていました。岡山県北は少し谷間に入るとこのような空家、廃墟が点在します。団塊世代の田舎暮らしを希望する方が多いと聞きます。自然豊かで人情味あふれる「美作」で田舎暮らし支援する活動もやってみたいと思っている今日この頃です。

6498dc25.jpg

今日は吹付け現場発泡の施工業者さんと打合せです。


小林工業では環境に優しく高断熱、高気密住宅を低コストで作ろうとしています。高断熱の家は夏涼しく、冬暖かく、冷暖房エネルギーの消費を抑えることができ、家計にも体にも優しい住宅になります。


こちらの現場も吹付け現場発泡を採用していただき、大工さん監督も一緒に施工準備の打合せ会を行いました。弊社としては4現場目ですが、その度にいかに断熱効率を上げれるか、無駄を省けるかを検討しています。断熱の工夫なんて完成してしまえば全く見えなくなってしまいますが、住んでいただけば必ず解ってもらえると信じて工夫しています。寒いうちにご入居いただき、暖かい笑顔が早くみたいです。  感謝


PS 連日、暖かいコメントいただき有難うございます。ブログにウンチクばっかり書き込んで想いを込めてますが、解っていただける方がおられると思うと嬉しいです。(^0^)v

9a4c7dbe.jpg

12月2・3・4日と完成展示会を兵庫県上郡町で行います。


何でまた県境を越えて?て思われるかも知れませんが理由は「いい家が出来たから」です。施主さんが、たまたまお墓参りで岡山県作東の完成展示会に来られたのが昨年の彼岸でした。雪道の峠越えでヒヤヒヤしながらプラン打合せ、ツツジと葉桜が写る湖畔を楽しみ、今日は終わりかけの紅葉の中を完成展示会の下見に行ってきました。美装も終わり綺麗になった玄関に入ると満足感がこみ上げてきました。お施主様には会わずに帰ってしまいましたが「きっと満足してくれている!」と自信が持てる一棟です。いい家を創ろう!職人さんも設計者もコーディネーターも想いを込めた一棟でもあります。


自然素材の内装と光触媒の外塗り壁、二階テラスの吹き抜けから玄関への採光と通風、力強い大黒柱・・・色々な仕掛けが楽しい美容院併用住宅です。


展示会場は岡山国際サーキットから20分弱の距離にあります。途中、美味しいパン屋さん「木立」によるのも楽しいかも?ドライブをかねて是非、ご来場ください。

二日間の構造&完成の見学会も無事終わりました。両日とも寒くて、冷たい雨の中を大勢の方にご来場いただき誠に有難うございました。今夜はアツ~イ風呂に入ってアツ~~イ燗酒呑んで早めに寝ます。  感謝!

17d7678e.jpg

今日は入江邸(鏡野町)の現場で構造見学会でした。同時開催の完成見学会の会場は20組を越える来場でしたが、構造見学の会場は10組の来場でした。


構造見学の部分は完成したら全く見えなくなる部分です。小林工業の家は見えなくなる部分の施工が完璧なんです。他社と比べていただきたい部分でもあります。


写真は一階部分の間仕切り壁の床部分です。通常は床の断熱材の途切れる部分で、床下の冷気を室内に吸い上げやすくなっています。弊社では現場で発泡する断熱材を使い、電気とか給排水の取り合い部分まで蟻の入るすき間も無いほどふさぎます。住んでいただければ必ず体感できる快適性は小さな積み重ねの結果です。他にも小林工業ならではの施工が沢山見られます。是非、構造見学会にお越しください。  

937c0ff3.jpg

薪ストーブで焼いたジャガイモは最高に美味い!

最初は鳴門金時のさつま芋にはまってました。ホッコリと焼けて、皮は簡単にむけて、中身は黄金色でとっても甘い!薪ストーブ最高!!でした。

でも、うちの社員のお父さんで「超エコマニア」の薪ストーブの達人から、焼き芋はジャガイモに限ると教えられ、こないだからジャガイモにはまってます。遠赤パワーってすごいですね。ホッコリと焼けて、何もつけなくてもジャガイモの味が凝縮された感じ!皮の部分はカリッとしてポテチのようで皮ごと美味い!今夜はあっちゃんにPCのメンテをしてもらいながら「美味いジャガイモを食ってます」こんな美味いものみんなに教えたい!!プチカフェメニューにジャガバタを加えようか?美味い芋とコーヒーをためしに気軽によってください。待ってます!!

いよいよ展示会に突入って感じです。美咲町(旧柵原町安井)では完成見学会。


鏡野町竹田(男女山トンネル南)では構造見学会を開催いたします。どちらも個性豊かな住宅となりました。お施主さんにも喜んでいただけてます。


構造の現場では施主様から「私らがさくらで見に行って小林さんに決めたって言うけん!」って言ってもらってます。お施主さんも、施工者も、見学に来られた方もみんな楽しい展示会にしたいです。 完成が森本、常務、山本 構造が私と村上でお待ちしております。お気軽にお越しください。

4aef96f2.jpg

今年も美作中学校二年生が社会学習の一環として職場体感学習に来てくれました。今日明日の、二日間ですが、物創りの楽しさと厳しさを少しでも解ってくれたらと思っています。


今日は上郡の高見邸のウッドデッキに張る床材に防腐塗料を塗る作業を倉庫でしてもらいました。最初に図面を広げ、どの部分になるか?塗ることによってどんな効果があるか?作業のコツなど説明してからの作業でした。足元はペンキだらけになっていました。「これ、どおやったら落ちるん?」・・・「思い出じゃけん落ちんよ!」 「明日は長靴はいてくるように!明日はコンクリート打ちの現場で」明日もキッチリ働いてもらいます。

b96e5377.jpg

今朝から勝央町で建設中の川崎邸・鏡野町の入江邸で住友林業の中間検査でした。住林の技術指導担当者により厳しく検査していただけます。細部にわたる検査項目を細かく評価していただけます。第三者的に診ていただけるのでありがたいです。


日頃は仲良く臭いギャグ連発で笑いながら家創り作業を楽しんでいる職人さんも、今日は少し静かです。外壁の工法などは住友林業には無い最新の工法による光触媒塗り壁を採用している為の技術的な確認作業もしていただきました。小林工業だけ、住友林業だけでは出来ない革新の家創りが進んでいます。

7ebef6c7.jpg

鏡野町竹田(男女山トンネル南側)で構造見学会をします。


目玉は新世代の吹付け断熱と光触媒の塗り壁材・大黒柱に大引き天井です。


イノスの家ならではの構造計算による頑強な骨組みは震度7にも愛する家族を守ってくれます。


今、かわいいメルヘンチックな家など、外観と可愛らしさ重視の家が増えてきています。外観だけでいいの? 小林工業も女性スタッフによる可愛らしい家の提案をしていますが、それだけではありません!見えない所こそ「キッチリと良い仕事してます」今回の構造見学会は完成してからでは見えない、工事途中だからわかってもらえる安心を見ていただきたいのです。


見えなくなる屋根裏の吹付け断熱も実際に確認していただきたいのです。当日はスタッフ不足の為、ショールームはお休みさせていただきます。美咲町、鏡野町の二会場に別れてお待ちしております。

fb472eda.jpg

週末、11/18(土)~19(日)完成見学会を旧柵原町安井で行います。津山方面からだと大崎小学校前の信号を南に4kmくらいの位置です。コンパクトなのに広々とした間取りが自慢の家です。収納もタップリあり片付けやすい家かもしれません。家事動線も便利に工夫しています。シンプルなデザインでまとまっています。新世代の吹付け断熱もしていますので断熱性も体験できます。


昨日、営業のIZUMIさんと同行中に完成展示会の話題になり、「素敵な家具があれば展示会も引き立つよなあ~」って話になった。こないだ行ってきた「サシコー家具さん」に頼んでみよーってことになり早速連絡!感即動である!


「あの~・・うちの完成見学会があって・・コラボしてもらえたら・・・急なんですけど・・」誠に申し訳なさそうな声でお願してみる。


「いいですよ!!」快く協力してくれる話になった。(やっぱりサシコーさんはいい人だ(^0^)/  


早速、今日の午前、サシコーの専務さんご夫妻が現地に来ていただいて打合せ。


「あのテーブルにこのソファー・・・小物はあれこれ・・」だそうだ、でも、全てが手作りなので落ち着いた空間ができそうです。お花も紀ちゃんが活けてくれる事になった。当日はゆっくりとお客様に見ていただける展示会になりそうです。

bef311c3.jpg

生命保険に加入する時に必ず健康診断をさせられますよね。健康状態が良くないと保険に入れません。


家創りも同じです。小林工業の創る家は全棟補償つきです。だから、それぞれの住宅で地盤調査(地面の健康診断)を行います。地盤調査の結果によっては基礎を補強したり、杭を打ったりします。健康な地盤にしてから建築工事に取り掛かります。生涯にわたって「安心・安全に暮らせる家」を創る義務があります。お客様にとって生涯最大のお買い物ですから「生涯にわたって満足」していただける家創りがしたいのです。お客様の予算を超える提案をしてしまう事もたびたび有りますが、住んでみて、時が経って理解していただける満足も有ると思うからです。


今日は早朝から津山市(勝北)上村で新築予定のお客様の土地の地盤調査に立ち会ってきました。建物の位置は僕が出してきました。四方と中心で調査します。もともと切り地盤なので安心ではありましたが、安心の根拠を求める為に調査しました。小林工業は第三者機関で調査していただきます。自社で行うメーカーさんもよく聞きますが、審判とプレイヤーが同じってゆうのは納得できない所です。第三者の公正な地盤調査で安心の家創りが始まります。 感謝!

c9abfe40.jpg

ほとんどの人がオーロラの光を見たこと無いと思う。アラスカとかグリーンランドなど北極圏に近い地域で眉も鼻も凍りながらマイナス何十度の夜にたまに見られるらしい。


うちでは、外気が十度を下がると小さめのオーロラが見られる。やっぱり夜が綺麗だ。幻想的な色合いを放ち、神秘的な気分になれる。おまけに暖かい!心も体も溶け出すように柔らかく包んでくれる。ウイスキーをロックで欲しくなる。


今夜はピキャンのオーロラを見ていただこう。シャッター速度3秒、露出5.6でお届けする。写真はしょせん写真です。実物を見たい方は夜8時以降にLOHAS STATIONにお越しください。前もってご連絡いただければ、もっと綺麗なドブレのオーロラもご覧いただけます。あなただけのLOHAS Timeをどうぞ!

20a1d9f7.jpg

見て!見て!これ!すげーじゃろー!重行さんが生コンまちょーるまに作ったんじゃあて

これは作州弁である。下線部分を訳すとスゴイでしょ!重行さんが生コンを待ってる間に作ったんだって!である。

 でも、ほんとにびっくり!である。重行さんは建設機械のメンテナンスの会社におられて、弊社に転職されて12年くらいになる。溶接、重機オペレーター、型枠大工、施工管理、土間仕上げなど何でもできる社員さんだ。でも、ススキの枯葉で今にも飛んで行きそうなバッタをいとも簡単に作れるのには驚きだ!でも、もっと驚きなのは「腕が落ちたなあ!小学校の頃はもっと上手に作れたんじゃあけどなあ!」40年以上前の事である。

うちの社員さんは元「エレベーターガール・ハウスメーカー・腕の良い自動車板金工・ゼネコン監督・栄養士・大手舗装会社・自動車メーカー」など、色々な経験者が集まっています。だから、いろんな事にこだわった物創りが出来るのかもしれません。ちなみに僕の職歴は「商社・テレビ局・造園屋・人材派遣業・ちり紙交換・弁当屋・・・」色々やってみましたが僕は家創りが一番楽しいです。 感謝!

49aea712.jpg

3日間九州で楽しんだ分。仕事がバタバタパターンに入りつつある。その上、


今日は基準監督署の安全パトロールに参加して一日つぶれてしまった。


なぜか?・・岡山県建設協会美作支部の安全委員長に指名されて断り切れなかったからである。断る力が無いから・・・PTAもいっしょである・・・仕方が無い。


労働基準監督署の方・委員の皆さんと美作地区の現場三箇所を視察する。


介護施設新築、浄化センター、高速道路工事。途中昼食である。


昼食は武蔵カントリークラブで。なんでゴルフ場って思う人も多いと思うが


このあたりには、レストランどころか蕎麦屋も無い。やっぱり美作は田舎だ。


結構シビアに査察する。労働者、第三者の安全の為だ。


でも良かった!査察される方でなくて!うちの現場も気をつけたい事項が


沢山あった。「人のふり見て我がふりなおせ」でした。