岡山で高性能な注文住宅を建てるなら 株式会社小林工業 設計営業スタッフのKです。
いつも小林工業のブログ、Facebookをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今回は 巾木 という部材についてお話したいと思います。
巾木というのは、壁と床との取り合いに付ける部材です。
隙間をきれいに隠してくれたり、掃除機などの衝撃から壁を守ってくれたりします。

↑この部材です。
普段はあんまり意識されていない方も多いと思いますが、巾木の色によってお部屋の印象ががらっと変わります。

      

白色だと白い壁に馴染んですっきりした印象になりますし、
茶色だとラインが強調され引き締まった印象になります。

       

逆にアクセントクロスが入ったときは、白色だとラインが強調され、
茶色だと茶色の床に馴染みアクセントクロスの色だけが強調されます。

意識されることの少ない巾木ですが、意外と重要な存在だと思います。
これからお家づくりを始められる方は、ぜひ巾木の存在を意識してみてください。

*********************************************************
岡山県の注文住宅・リフォーム工務店なら小林工業の「ロハスな家」
小林工業のロハスな家づくりや施工事例が満載のカタログ&カレンダーを無料プレゼント!

*********************************************************
無料家づくりセミナー開催中!
「家づくりが初めてで相場が分からない」「何に気をつけるべき?」「予算が心配」 など、さまざまな家づくりに対する不安や疑問を解決! 一緒に家づくりのお勉強をしてから「後悔しない家づくり」はじめませんか?
ご希望の方は、セミナーのあと資金相談や設計相談もしていただけます。

tel:0868-72-1882(予約制)