大きな注射針が地中に差し込まれています!!

水締め

これは津山市二宮で建築工事が始まったばかりの現場です。

まず一番に浄化槽の設置工事から始まります。

浄化槽は排水勾配の考慮もあり2mくらい掘り下げて埋め込まれます。

埋め込んだ後は細かい砕石の砂で埋め戻しています。

2mもの埋め戻しになるので確実に埋め戻しと締め固めをしておかないと「沈下」の原因にもなります。

そこで・・・・浄化槽の周りを確実に締め固める方法として「水締め」が行なわれます。

上の写真は小林工業の設備スタッフSyozi君が塩ビパイプを砕砂の中に突き刺して水を注入している所です。

注水

勢い良く出る水の力で砕砂に穴を掘りながらパイプを差し込む注水「注射」作業をこまめに行なっています。

水で締められた砕砂は水が抜けるとカチカチに固まります。

確実な締め固めが確実な将来の安心につながります。

スタッフの細やかな作業は完成してしまえば全く見えなくなってしまう部分が大半ですが・・・・そこがKOBAYASHIスタッフのプライドでも有ります。


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

*********************************************************
岡山県の注文住宅・リフォーム工務店なら小林工業の「ロハスな家」
小林工業のロハスな家づくりや施工事例が満載のカタログ&カレンダーを無料プレゼント!

*********************************************************
無料家づくりセミナー開催中!
「家づくりが初めてで相場が分からない」「何に気をつけるべき?」「予算が心配」 など、さまざまな家づくりに対する不安や疑問を解決! 一緒に家づくりのお勉強をしてから「後悔しない家づくり」はじめませんか?
ご希望の方は、セミナーのあと資金相談や設計相談もしていただけます。

tel:0868-72-1882(予約制)