9efe5768.jpg南欧の中心都市アビニオンからフランス新幹線で三時間の移動で花の都パリへ到着。そこからバスで420kmでモンサンミッシェル近くの街サンマロに到着です。ここはフランスのノルマンディ地方になります。プロバンス地方ではオレンジ色だった屋根瓦はこちらでは濃いグレーの石貼りの屋根になり、日本ではカラーベストにあたります。屋根角度も南欧の25度~30度から45度~60度と急勾配になります。これは屋根材によると思います。その為、どの住宅も屋根裏部屋を有効に取っています。家創りは地元で採れる材料を上手に生かす事も大切なんですね。小林工業の家も無垢の床材を北欧パインから美作桧をおすすめにしています。
これは建築資材の運搬にかかる二酸化炭素の削減と美作材の消費に貢献したいからです。
地域に有る資材を有効に利用して地域の環境に合った住宅を提案することも大切だと考えます。

*********************************************************
岡山県の注文住宅・リフォーム工務店なら小林工業の「ロハスな家」
小林工業のロハスな家づくりや施工事例が満載のカタログ&カレンダーを無料プレゼント!

*********************************************************
無料家づくりセミナー開催中!
「家づくりが初めてで相場が分からない」「何に気をつけるべき?」「予算が心配」 など、さまざまな家づくりに対する不安や疑問を解決! 一緒に家づくりのお勉強をしてから「後悔しない家づくり」はじめませんか?
ご希望の方は、セミナーのあと資金相談や設計相談もしていただけます。

tel:0868-72-1882(予約制)