小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

今日はかなり暑い

外気温は28度を上回ったようだ!野口邸通電

展示会開催予定の津山市川辺の現場が受電開始なので立会いに寄ってみる。

キッチンの脇に設けたニッチの奥の壁はモザイクタイル張りで、ダウンライトで引き立っています。

室内に入ってビックリ!!まるで造り酒屋の土蔵に入ったみたいに涼しいではないか!!

内壁温度珪藻土で仕上げられた内壁温度は27.4度

外気温より涼しい気がしたのは確かだ!

きっと、今回採用したナチュラルフォーム断熱の性能が発揮されているからだろう!

外壁温度外に廻って外壁の温度を測ってみる

49.2度!

13時30分の日当たりの良い南面の外壁で同一箇所で外壁面と内壁面の温度差は約22度!

外壁温度が高くなっているのにも驚かされました!

これから日を追って陽射しは強くなって行きます。外壁温度もどんどん上がって70度近くまで上昇が予想されます。

しかし、小林工業が創るイノスの家は外壁部分は全て外通気工法で、

外壁材内部の通気層に上昇気流が起きて外壁温度を直接断熱材に伝えない工夫がなされています。

断熱材自体も液体を吹付けて発泡させる工法なのですき間無く確実に高い断熱性と気密性を実現しています。

冬の断熱効果も優れていましたが夏の断熱効果もかなり期待できそうです。

5月25日から28日の完成見学会に猛暑が訪れてくれるのを期待しながら見学会準備を進めています。

ずば抜けた断熱性能を体感にお越しください。 

 

今日は朝からドタバタ

美作IC近くで12区画の造成を昨日から開始してるのでコンクリート打設の確認

奈義町で5/16地鎮祭予定の現場の敷地造成レベルの確認

美作市(旧大原町)で薪ストーブ設置予定の工事現場で寸法確認が二個所

続いて峠越えして兵庫県に入り、佐用町内で大規模リホームの打合せに・・・

佐用に入ると丁度お昼ご飯 今日は弁当も無い

佐用と言えば「ホルモンうどん」が有名

同行の山本さんに尋ねる? 「昼は何にする?中華?それともホルモンうどん

山本さん 「佐用といえばホルモンうどんでしょう

私     「エ~・・1時からリホームの打合せで~~?臭うで~にんにく?」

山本さん 「大丈夫!おやじの加齢臭にも効く強力な消臭ガム持っとるけん

私     「じゃあ!ホルモンうどんに決定!」

ホルモンうどんの名店といわれる「王将」は待ち時間30分で断念!

その他、何件か廻って「ジュ~ジュ~」に入る!

あつあつの鉄板でホルモンを焼いてキャベツ・たまねぎ・もやし・ねぎが入る

そしてうどんが入り、だし汁をお玉二杯ぐらい入れて一気に炒める!

最後に、にんにくタップリの特製たれで味付け!!たれの煮詰まる臭いがたまらん!

同行の山本さんが一味を雨あられとかける!かなりの辛党である!

コテで鉄板の端に詰められて「いったっだっきま~す!」

にんにく辛いのと辛子が効いてるので、汗を噴出しながら食う!!

美味い!!

山本さん 「何で佐用名物がホルモンうどんなんですかね~

お店の女主人「そりゃ~佐用には他に何にも名物が無いからや~」

私、山本・・・・納得!!わかりやすい答えだ!

 あ~美味かった!強力消臭ガムを噛んで 佐用町内のお客様のお宅へ

私  「今日は~せっかく佐用に来たのでお昼ホルモンうどん食べちゃいまして・・・」

    「匂うかもしれませんが・・・・ごめんなさい

お客様  「大丈夫ですよ!美味かったでしょう!!!どこで食べたん?」

やっぱり佐用と言えば「ホルモンうどん」地域に定着したソウルフードになっています!

 

 

2007年5月08日 | | 4件のコメント

ウインドファームゴールデンウイーク最終日は山陰(米子)方面で温泉に浸かってゆっくりしてきました。


写真は米子市内から東に5~6kmの海岸沿いに10基くらい連立する風力発電の風車です。


ウインドファームとしてヨーロッパ(ドイツ)ではよく見かける光景です。


地球温暖化対策として温室効果ガスの削減が求められていますが、このような風力発電、太陽光発電が最も自然に優しい発電と云われています。


直径20mを超える風車がビュン・・ビュン・・と音を立てて回る様は圧巻です。


あまりのデカさにLOHASとはちょっと遠い気がしてしまいます。ビュン・・ビュン・・


アメリカは二酸化炭素削減に協力しないとよく報道されてますが、イラク戦争で使った弾薬やかかった経費が有ればこんなウインドファームが何十基いや何百基も作れただろうにと思ってしまいました。


ウインドファーム美作


こちらは美作市内唯一のウインドファームであろうと思われるロハス ステーションのハイブリット風力発電施設です。


こちらは山陰の風力発電施設に比べると可愛いカザグルマって感じです。


これは、風力発電と太陽光発電を併用してコンスタントに発電する施設で発電された電気はいったんバッテリーに蓄電されて夜の防犯灯の電力として利用しています。


経済性のメリットとしてはわずかですが、ECOを提案するシンボルとして注目いただいています。


小さな雨粒が集まって大洪水をおこすように、小さなECO活動が積み重なって地球温暖化の歯止めになればと思っています。

家創りを進めていく中で他社さんとの競合になる場合があります。


ハウスメーカーさんだったり・・地元の工務店だったり・・


お客様はどうしても価格・予算を重要な要素にお考えです。


当然の事だと私も思います。


私だってこれからの生活のことを考えると月々のローンは少ないが良いに決まってます。


だから価格の検討が必要です。


ほとんどの方が坪単価で比較されます。


それも解かりやすい基準ではありますが・・・・・


坪単価は総工事費(入居できる状態)で割ってもらいたいと思います。


     一流ハウスメーカーさんと比較すると弊社が安くなります。


     地域の工務店さんと単純に比較すると同等もしくは負ける場合もあります。


そこで確認していただきたいのが品質の問題になります。


品質・耐震性・耐久性・価格・アフターサービス・デザイン性・・・・


お客様にとって家創りの業者選定は非常に難しい作業だと思います。


住宅の場合これからお客様と創って行く作品なのでお客様にとって品質・快適性は想像のレベルでしかありません。


車のように実物に試乗して確かめていただけたらどんなに良いだろうと何時も思ってしまいます。


過去にプランと見積もりの比較検討で他社を選ばれてしまったことが2回有りますが・・


2軒とも私のデザインが採用されて(他社)地元工務店で施工されてました。


しかし、よく考えてみると私のデザインを気に入っていただけたのだから・・・


「まあ、良いか~」と思うことにしています。


でも・・・施工中の品質を見る限りでは・・・・何で!!お施主様がかわいそう・・・


そんな住宅もありました。


やっぱり自分でデザインした建物には想いがこもっていて、


「このデザイン(PLAN)になった理由」が有ります。


やっぱり自分の手で創りあげて理由を100%証明したいと思います。


お客様ともっと想いを交わし、お客様も私も満足・幸せになれる家創りを勧めて行きたいと思っています。


 


 


 

今朝の山陽新聞の社会面 「大人になったらなりたい職業」男子の部

1位野球選手  2位サッカー選手  3位・・・・・・・と続き

6位大工さん・・消防士・・お医者さん・・・先生・・・・と続きます。

第一生命さんが全国の保育園・幼稚園・小学校で調べた結果だそうです。

家創りがの職人さんがお医者さん、先生をおさえて上位にランクされたことは

家創りに携わる者としては嬉しいアンケート結果です

私も小さな町工場の息子に生まれて物創りを見ながら成長し

小学校の時の得意科目と聞かれれば迷わず「図画工作」でした。

私も家創りがしたくてこの道を選択して良かったと思っていますが

そんな子供さんが多くおられる!!

家創りは子供たちの夢の職業に数えられることに感謝し、誇りに思えます。

これからも「良い家創りに専念しなくては!」

嬉しくも身が引き締まるアンケート結果でした。   感謝!

 

吹付け断熱小林工業では環境に配慮しながら快適な生活が出来る住宅をコストを抑えながら創っています。


現在、全ての物件に新世代の吹付け断熱「ナチュラルフォーム断熱」を行うようにしています。


断熱性能を上げることで建物内の熱を閉じ込める事が可能になり「空調なしで快適に暮らし」ができるようになります。


真冬、真夏はわずかな空調エネルギーが必要ですが、二酸化炭素の削減には大きく貢献できると信じています。


今日の外気温は26度をこして暑さを感じるほどでした


美作市青野の現場では吹き付けによる断熱工事が完了しています。


現場に行ってみると大工さん(角ちゃん)は窓を閉め切って床張り作業中です。


私     「角ちゃん!窓開けてないん?暑くない?」


角ちゃん 「窓開けたらツバメが入ってくるけん開けれんのんじゃあ~


       でも、断熱してからは窓閉切った方が快適なんで!!


私     「ふ~~ん」


事務所に帰って監督にこの事を話すと・・・・


監督   「今日は勝田の現場は暑くてたまらんかったで~


      あっちの現場も早く断熱してあげんと山ちゃん(大工)


      が可愛そうじゃ・・」


吹付け断熱を昨年秋から始めて冬の効果で驚いていましたが、


吹付け職人さんの言われる通り夏の効果のほうが大きいようです。


これから夏が楽しみな家創りが進んでいます。


 


 


 

海田川上私の生まれ育った海田の谷川です。


海田は岡山県の東北部の谷間の村で岡山県で最も茶業盛んな地域でもあります。


春、秋は深い霧に覆われ美味しいお茶が育ちます。


海田川下海田川は清流として有名でもあり、サワガニや天然記念物の「四つ目(正式名は忘れました)」などの珍しい魚もすんでいます。


いつもなら6月10日頃を盛りに蛍の乱舞も見られる自然豊かな清流でした。


しかし、地球温暖化に伴い集中豪雨に見舞われるようになり川幅の拡張をせざるを得ない状況となり海田川と支流の合流地点(海田橋付近)の川幅が2倍位に拡幅され川底も下げられました。


お陰で奇麗だった自然石の石垣は味気ないブロック積みになり、魚の棲家もなくなってしまいました。自然に育つクレソンや蛍の餌となるカワニナも全くなくなってしまいました。


我家のおてんば娘が小学校の頃にスカートをひるがえして欄干から飛び込んでいた海田川の深みも埋まってしまいました。


川幅が広がり、スムーズに流れるようになり洪水災害時に安心して暮らせるようになるかもしれません・・・・・


しかし・・・今年の蛍をココで見ることもないでしょう・・


カリホルニアで野生動物保護の勉強中の長女が見たらさぞかし嘆くことでしょう・


人間の生活を優先することは、地球環境に対してわがままな生活をする事なんですね・・・


ランドセルをホッポリ出して川魚を追いかける子供たちを見かけるように・・


乱舞する蛍を楽しめるように・・・


早く自然回復することを祈らずにはいられません。

2007年5月02日 | | 4件のコメント

現場ゴミ分別この頃リサイクルが注目されていますが、小林工業もリサイクルに勤めています。

この写真は施工中の現場に設けた「ごみ収集所」で、石膏ボード、ビニール類、木くず・ダンボールに分別しています。

石膏ボードは産業廃棄物業者に依頼してリサイクルに役立ててもらいます。

ダンボールは小林工業のリサイクルステーションで整理梱包した後、廃品回収業者にお願いしてリサイクルしてもらってます。

木くずも弊社のリサイクルステーション太い柱、梁材は寸法を揃えて薪割り機で薪にして冬場の薪ストーブの燃料となります。細い垂木材などはに加工してまた現場で活躍してもらいます。

小さな木くずとビニールはしょうがないのでダイオキシン対応型の焼却炉で処分しています・・・・この作業が一番気になっている部分でも有ります・・・・

なんだか無駄に二酸化炭素を排出しているようでもったいなく思っています。

資金に余裕が出来れば焼却炉の排熱を利用した無料露天風呂なんて造れたら良いな~なんて思ってます。

イノスの家では大半の部分が工場で精密なプレカットされる為に無駄な資材はほとんど発生しないようになっていますが、それでもゴミは出てしまいます。

小林工業ではそれらゴミを少しでも有効にリサイクルして無駄な二酸化炭素の排出、資源の無駄につながらないように工夫しています。

地震3月末に最大震度6強を記録した石川県能登半島地震では全壊約600棟を含む、約9000棟の住居被害が発生した。4月16日には三重県中部で震度5強の地震が発生し、いつどこで巨大地震が発生してもおかしくない状況が続いています。


小林工業が建築エリアとしている美作地域も山崎断層の上にあり、政府の中央防災会議の専門調査会によると山崎断層に沿う地域にマグニチュード8の巨大地震が発生し震度7が予想されています。


小林工業が建築しているイノスの家は住友林業のコンピューターシステムによる構造計算で震度7にも倒壊しない基準で構造計算されています。


厳格な耐震設計を実施して安心の証明書として一棟ごとに構造カルテを発行しています。


そして、構造部分(骨組)を構成する木材は徹底した品質検査に合格し一本一本強度試験に合格した製品のみを正確にコンピューター制御されたプレカットによって加工して組み立てています。


小林工業は美作地域の工務店ですがイノスの家のノウハウを提供している住友林業は注文木造住宅で全国ナンバーワンの実績をもっています。


ですから、お陰さまで小林工業の創るイノスの家は全国ナンバーワンレベルの耐震性能実現が可能なわけです。


私達は明日起こるかもしれない「山崎断層巨大地震」にも対応した愛する家族を守ってくれる安心の家創りを行っています。

ソフトバレー昨晩は美作市ソフトバレー大会が開催され10ヶ月ぶりにコートに立ちました。

昨年3月に練習中にじん帯を断裂してしまい入院・手術となって松葉杖体験をさせていただき、やっと完治した8月にまた試合中にじん帯断裂

それ以来、夜のウォーキングもソフトバレーの練習も遠ざかって太り気味となっていました。

今回、選手が足りないから・・・・って誘われて「ぶっつけ本番で参加してきました。

私   ナイスブロック!!ヨッシャ~

審判  ピッピー オーバーネット

私  ナイスアタックヨッシャ~ 決まった~

審判  ピッピー タッチネット

私  何で~~

チームメイト  小林さんお腹お腹が飛んだときにネットに当たるんで~

私  手を上げた状態で下を見てみると・・・・・なるほど

    お腹が邪魔して足元が見えない状態!!  納得

そう言えばウエスト85cm以上はメタボリックと言われてますが・・・

私は94cm・・・今日から頑張って痩せま~ス

楽しく三試合をこなしタップリ良い汗かいて帰宅!

豚バラタップリの野菜炒めでビールが美味い!!

ダイエットは明日から!!・・・・

2007年4月29日 | | 3件のコメント

野口邸珪藻土塗り津山市川辺の丘の上に建つ野口邸の現場です。


今日は「腕は一流・口は三流」の下山左官が腕を振るって室内の珪藻土塗りの作業中です。


珪藻土は一気に一面の壁を塗りつけてしまわないと色むらが出来るので4人がかりで塗り上げています。


室内に入ると「海」の香がしています。


これは珪藻土がもともと海中に堆積した植物性プランクトン「珪藻」から出来ているからです。


珪藻の身の部分が「原油(石油)」に殻の部分が「珪藻土」と全く性質の異なる二つの天然資源となりました。


珪藻土には木炭の5000~6000倍も超多孔構造を持っていて、旺盛な吸・放湿性を持っていて室内の湿度バランスを整えてくれるばかりか原油から造られた様々な化学物質を中和・除去する作用があり人・動物・植物を健康にする空気を作ることが判明しています。


珪藻土塗完了リビング・ダイニング・和室は全て珪藻土で仕上げています。


大梁と無垢の天然桧大黒柱からは針葉樹独特の心身を安定させる作用のある「フィトンチッド」が放出されます。


珪藻土は今日が塗りたてですごく濃い色合いに見えますが、乾くにつれてどんどん薄くなって落ち着いた色合いになって行きます。


野口外観外観も足場が外されカリフォルニアデザインの外観が見られるようになりました。


外壁は小林工業オリジナルの光触媒の塗り壁材で仕上げました。


外壁・屋根も小林工業オリジナルのナチュラルフォーム断熱工法で建物自体が呼吸する高断熱工法で外張り断熱にまさる快適な空間になっています。


生涯住み続けていただく家だから、生涯にわたって安全、健康に暮らしていただくのはもちろんですが、将来にわたって維持管理費、光熱費のかからない家創りを勧めています。


ブログには書ききれない見所、ウンチクがいっぱいのお家がもうすぐ完成です。


5月25~28日の完成見学会を予定していますので是非確かめにお越しください。

瓦今日は朝一番から瓦屋根の上

天気が良いのですぐに屋根瓦も乾くだろうと思っていたが・・・・案外と日当たりの悪い部分もあるもので露の残る部分はスニーカーの裏をぬらしてしまい・・・かなり危険!!

LOHAS STATION の看板レディーの○○ちゃんの実家に岡山市内から訪問販売の瓦屋さんが来て「無料点検」をしてくれたらしい

瓦の割れていた部分が有り無償交換??

そして、割れていた瓦部分の写真を見せて交換したと報告?

「こちらのお宅は全体的に瓦がずっていて葺き替えたほうが良いです。

鬼瓦、棟もがたがたです。全面葺き替えをしないと大変な事になります!」

驚いた実家のお父さんは娘に報告!!

で!私が確認に行くことになった訳です。

訪問販売業者に渡された写真では瓦の割れた部分のレンガ色から想像すると「三州瓦」です。

でも実際にこの屋根に施工してあるのは「石州瓦」!・・・おかしい?

北側部分の瓦を一枚交換したらしいが・・全体的に緑色のコケ(カビ)で汚れていて交換した箇所がどこなのか想像できない?

棟に上がってみるが葺き替えて10年も経っていないらしく状態は非常に良い。

鬼瓦も棟もシッカリと固定され何の問題も無い!!

上の写真のように立派な和瓦屋根!

でも、訪問販売の営業マンに「大変な事になる!」

と言われたお父さんは不安でたまらない・・・・

私はお父さんに何の心配もいらないと説明!それでも心配そうなので鬼瓦、くだり尾の漆喰の補修を約束して一応安心してもらえた様子

インチキ訪問販売!いい加減にしろ!!って感じです。

岡山県北地域では高齢化が進み、お年寄りの一人暮らしとか一人で昼間のお留守番のお家が増えていて、年寄り相手に高額な契約を結ばせようとする訪問販売営業も増えているようです。

対策としては遠くから来た訪問販売は取り合わない事が大切です。

無理やり契約させられそうになっても一度断って

娘、息子に相談することが良いと思います。

訪問販売にはくれぐれもご注意を!

 

 

 

 

 

2007年4月26日 | | 1件のコメント

野口邸棟飾り津山市川辺 R53沿いの丘の上に建つ完成間近の現場です。


今日はHidemiちゃんと棟飾りの取り付けです。


Hidemiちゃん 「タイルの間はどんくらい開ける?」「高さは・・・?」 


私 「開きは対角500くらいにしてみるか?」 


   「高さは中心を柱形の上端にしてみるか?」


私 「ちょっと降りて道路側から雰囲気見てくるけん!」


   二人であちこちの方角から見てみる


私 「いいんじゃないん・・・けっこう可愛いがん! 決定!本付けしょうや!」


いつも二人でぶつぶつ言いながら勝手に納得して取り付けてます。


野口邸フラワーBOXフラワーボックスもHidemi工房製


この頃は手馴れて 奇麗に・早く・簡単に


製作・取り付け出来るようになりました。


さすが Hidemiちゃん!!


野口邸アイアン手摺今回は新製品の発表です!!


オープン階段用にヨーロピアンな手摺が開発されました。


器用な職人の技とフランスかぶれしたデザイナーの共同作品です。


私が作業台の上にチョークで想いをデザインする。


Hidemiちゃんが原寸に合わせて鉄を炙って叩きながら形にする。


職人は偉いな~っていつも関心です。感謝!


今回のお家も小林工業ならではの手創り感タップリの作品になりました。


世界中どこにも無い「お客様だけに創った家」がもうすぐ完成です。


お客様のご好意により5月25~28日の4日間 完成見学会の予定です。


是非!!実物をご見学にお越しください!! 


 

クレスト1昨晩は遅くまで愛媛東支部重松建設の皆さんと楽しく交流会でした。


可愛らしい女性営業のkumiちゃんは何と私の大学の後輩とか!二級建築士に宅建主任者!!卒業まもないのにさすが!!・・・後輩!!


クレスト2イノスグループトップクラスの実績をあげれる会社の皆さんはみんな明るくて前向き!少し滑りながらも笑わせてくれる社長の駄洒落は最高!!


明るい会社が繁盛の秘訣!!楽しい交流会となりました。


午前中は住友林業クレストさんの工場見学へ!


最新技術のプレカットで階段を加工しています。


現在、小林工業の現場では大工さんが現場で加工なしで取り付け出来るようにプレカット加工をお願いしています。


以前は大工さんが側桁、踏み板、蹴込み板と板から加工する場合は加工取付で4~5日かかっていましたが、住林クレストさんでは50分程度で加工できるそうです。取り付けも一日程度で出来るようになりました。


加工工程、塗装工程、出荷工程と見させていただきましたが、どの工程も確実な品質管理がなされていて安心しました。


この工場では、年間2万棟近い階段を加工されていますが、偶然にも加工段階で「小林工業 中村邸」出荷段階で「小林工業 絹田邸」の製品を見ることが出来て嬉しかったです。


良い工場で良い製品が作られて小林工業の家創りになる!安心しました。


 


 

イノス移動研修会今朝は日曜だとゆうのに6時起き!まだ眠い。
今日はイノス津山支部の研修旅行です。
今回は四国のイノス愛媛東支部が6社合同で開催
しておられる見学会イベントの視察と交流会です。





愛媛東支部は全国ナンバーワンの実績をあげられている優秀な支部です。
今回はどのようなポイントで多くのお客様から支持されているのか参考に
させて頂けたらと思っています。
津山支部・愛媛東支部共にアイディアと経験を持ち寄ってより良い家創りの
ヒントがいっぱい見つかりそうな研修旅行です。
 




 

森川全景


昨年1月の打合せ開始から1年3ヶ月をついやして㈱森川テックさんの新工場が完成いたしました。


お陰さまで本日竣工式を迎える事となりました。


事業母体である京都の森川製作所㈱の役員様を始め


森川竣工式森川テックの社員様と共に新工場の竣工式にご招待いただきました。


19年前、当時27歳で一級建築士に合格まもない私に一期工事をお任せいただいたのが、小林工業の工場創りの始まりでした、以来、クリナップ様を始め多くの大手企業の工場の新築をお任せいただき、現在の小林工業の基盤創りの礎となった工事でした。今回、二期工事のご依頼も特命でいただき重ねて感謝の竣工式となりました。


現在、森川グループさんは製品の価格競争にも品質確保にも他社を圧倒され業界でも屈指の躍進を遂げられておられる優良企業です。


私共も森川さんのノウハウを真似させていただき高品質低価格を実現できるようになりたいと思っております。


 

里見邸玄関美作市北部 旧勝田町の丘の上に3月25日に上棟した現場です。

玄関といえば家相上も重要ですが、デザインの上でも家の顔となる部分でちょっとした位置関係でずいぶん雰囲気が左右されてしまいます。

こちらのお宅の玄関は可愛いピンクのバラのステンドグラスとご主人手造りのアイアン表札が彩りを添えてくれる南欧風の玄関となります。

今日はお昼時間に、お施主様ご夫婦、棟梁、設備スタッフ、設計者(私)みんなそろって・・・

ステンドグラス・アイアン表札・カメラ付きドアホン・門灯の位置関係の最終確認です。

ああすると・・・こんな感じで・・・・

こうすると・・・・こんな感じで・・・・

高さは・・・・こんな感じで・・・・どうしましょう・・・・・

こうしたほうが・・・・ああしたほうが・・・・・こんなにして見ては?

みんなで楽しく昼食もそっちのけで確認です。

三人寄れば文殊の知恵と云われますが

八人よってワイワイガヤガヤ

なんとかみんなの意見を集約して一件落着!!

家は新築に住むのも楽しみだけど

施主さん、業者さんとの打合せもかなり楽しい

楽しい家創りが進んでいます

次は2時に上郡町で楽しい打合せ!!行って来ま~す

 

 

昨日、今日と風邪でダウン

一昨日イノス津山支部総会が真庭市久世で開催され遅くまで楽しい酒を飲み

過ぎてしまい・・・・

夜明けからひどい寒気と吐き気に・・・(二日酔いか?)・・・

朝一番にマイドクター木田医院へ飛び込む・・・・38.5度・・・

インフルエンザの検査は大丈夫 ただの風邪だそう・・

きっと土日の消防団の旅行に同行したメンバーの風邪に違いない

不覚だった!!!うつらないと思っていた私がバカだったのか!

ギブアップ!!すぐに帰って布団に入る・・・・ガタガタと震えるほどの寒気

寒いのに汗が吹き出てくる・・・・熱い・・・・でも寒い・・・

節々も痛くなる・・・・

そんなときに!!電話が鳴るプルルルル・・・

「中国電力の協力会社の・・・・・電化に・・・・」

「うちは電化してます!!」

また電話が鳴る!!プルルルル

「お得な利殖の情報でサンワード・・・・」

「うちは株も利殖も興味有りません!」

また電話が!ぷるるる・・・

今度はファックスが・・・・悪い事は重なるものでファックス用紙が切れている!

相手は自動送信のファックスらしい・・・5分ごと自動送信・・

うちの親父が自宅に居ると電話が大変で留守電にしていますが

その気持ちがよくわかりました。

電話で無作為にアポイントを取る!無作為にファックスを送りつける!

まったく電話の受け手の都合なんか関係ない営業手法だ!

だんだん腹が立ってくる!!体温を測ると39度になっているではないか!!

また電話が鳴る!!プルルルル

「ワシャ!風邪ひいとんじゃ~!ええ加減にせえ!」

電話の相手「あんた何言よん?お昼ご飯食べれる~」

 

 

現場階段現在工事中の津山市高野の現場です。


小林工業の現場では上棟日の午前中に工事中の仮設階段を設置するようにしています。


いくら仮設とはいえ、設置と同時に階段と二階開口部にも手摺と落下防止の幅木を取り付けるように決めています。


建築現場で事故が想定される部分の一番が転落事故だからです。


お客様が心地よく暮らしていただく為には事故は絶対に有ってはならないと思っています。


もちろん、現場で働く職人さんたちの安全は第一に考えています。


家作りに携わる皆さんが平和に作業できる環境創りも建設会社の大切な仕事と考えています。


 


 

光触媒の外壁この頃よく聞く話ですが、某鉄骨プレハブ系のハウスメーカーさんが10年点検にやって来て外壁と屋根の塗り替え時期と勧められて200万円かけて工事してもらった・・・ってお話です。


お客様にしてみれば「築十年目は住宅ローンのまっただなか!」で子供さんも大学に通われている頃に予想外の出費になるのではないかと心配してしまうのは私だけでしょうか・・・・


小林工業では出来るだけメンテナンス費用のかからない住宅を勧めています。


たとえば、写真の「塗り壁」 これは、酸化チタンの粉末を加えた「光触媒」の塗り壁です。これは昨年5月に陽射しの強い南西面の外壁に試験的に施工して、現在耐久試験中の小林工業 LOHAS STATION の玄関部分です。


まもなく一年を迎えようとしていますが、まったくひび割れ等の不具合も無く、また、汚れについても、確かに汚れを確認していたのに、いつの間にか汚れが薄くなり、いつしか汚れていた場所が確認できなくなるくらい光触媒が作用しています。


コテ塗りによる風合いある外壁はいつまでも奇麗なままいてくれるのではないかと期待しています。


常に色々な最新情報に興味をもって最新の資材・工法を自分で試して納得の上でお客様に最新・最善の住宅を提供できるようにしたいと思っています。


 

今日のお昼休み

私   「今日の弁当はうめぇな~ どこの?」

家内 「ティオので~」

私   「やっぱり飯が美味いのがええな~」

電話が鳴る   プルルルル・・・・ 

お客様からの電話 ユニットバスの排水が詰まったみたいだ

私  「すぐ行くけん待ちょってん」 5分でお客様宅に到着

1.ユニットバスの床排水溝の格子を外し、ヘアーキャッチの網も外してみる 

  きれいに掃除してある

2.お風呂の水を出して排水の状況確認 ザーザー ブクブク 

  流れない・・・・ブクブク・・・

3.底にある排水トラップを外してみる

  (サンウエーブの場合は排水トラップは筒状のベルマウスと

  鍋状の水溜りのセットになっている)

  私 「@@@ウワ~・・・想像通り・・」  チョットショック!!

  排水トラップの底はヘドロが密着した状態

  恐る恐る・・・取り出して掃除する・・・・

4.お風呂洗剤で洗うのがベスト!!!

  筒条のベルマウスと底の鍋状の水溜りと排水桝全体を奇麗に洗う

  ピカピカ

5.蛇口を開き浴槽から排水してみる

  鳴門の渦潮のごとく スムーズに流れる

説明・ ユニットバスは一箇所に排水がまとまって流れるようにしてあり

     必ず下水の臭いがユニットバス内に入ってこないように必ず

    配管に水溜り(封水)を作って配管内の空気を遮断してあります。

    この部分を排水トラップといいます。

    しかし、その部分は排水の抵抗になる部分でも有り汚れが溜まりやすい

    部分でもあります。

    めんどくさい掃除ですがせめて年に一度は分解掃除をお勧めします。

6.お客様 「気持ちよ~流れるよ~になったな~」

       「もう、風呂場あめがにゃあおえんか思よったんじゃぁ~」

       作州弁訳(もう、お風呂場を壊さないとだめかと思ってました)

       「ありがとー」

※ こちらのお宅はリフォームで11年前にユニットバスを設置させて

   頂いてから一度もトラップ内を掃除されてなかったそうです。

   お引渡しの時に説明書・保証書のファイルはお客様にお渡し

   していますが、定期的な訪問で点検させていただく必要がありそうな

   気がします。今後の点検事項にプラスしたいと思いました。    感謝    

 

 

 

 

社員全員ありがとうございます

お陰さまで小林工業のイノスの家は

2006年度イノス全国ランキング9位・中国地区ランキングNO.1が決定致しました。

社員全員そろって!せーの「ありがとうございました!!」

イノスランキングとは日本全国のイノス会員工務店の昨年4月から今年三月末までの一年間の上棟実績を累計したもので、今年は上位20位までが5月に東京で行われる全国総会にて表彰されるそうです。

過去2003年 2004年と入賞させていただいておりましたが、

前年度は入賞から遠ざかり寂しい全国総会を経験しました。

今年は晴れ晴れした心地で楽しみにしています。  嬉しい~!!です。

しかし、ランキングはあくまでイノス内部の事です。

私たちが本当に求めなければならないのは

お客様満足度ランキングナンバーワンだと思っています。

良い家を真心込めて作るには棟数に限界があると考えています。

私自身が住みたいと思える家で無いとお客様には薦められません。

今回は予想を超える上棟数をいただきましたが、

これ以上の数は求めようとは思っていません。満足度を損ないそうだから・・・

数に迷う事無く、満足度を求めた家創りを続けたいと思っています。  感謝

 

川ロハス ステーション の隣を流れる海田川の水もぬるみ今まで集団で停滞していた川魚も元気に泳ぎ始めました。

川原のからし菜の花も満開になり堤防に植えられた桜と共に水辺を彩っています。

花壇年末に植えたチューリップも今日が咲き始めです。

前の事務所では花を植える興味も無かった自分が球根を買ってきて植えて育てるなんて不思議な感じがします。

でも、実際に自分が育てた花が咲くのは心地よいものですね

ラナンキュラス

道沿いのフェンスに掛けた「ラナンキュラス」も

次々と大輪を咲かせています。

咲ききった花から切花にして事務所の中の

花瓶に移します。

切花にする事で次の花芽が育つようです。

ブルーベリーに屋上庭園のハナミズキもつぼみが

膨らんでいます。

お近くを通られる時はお気軽にお立ち寄りください。

ルックルーぜ最初は鍋なんて何でも同じだと思っていました。


使ってみるとかなり違いが解かってきます。


ロハスステーションのキッチン雑貨コーナーでは


ル・クルーゼのキッチン用品を販売しています。


最初は可愛らしい赤のグラデーションのハート型のなど見ては・・・フランス製?・・・


カッコだけのキッチンファッションみたいなものかと思ってました。


先日から我家も電化生活が始まりIHクッキングヒター用の鍋、フライパンを使い始めました、IHは火力が非常に強くて熱がダイレクトに伝わる感じです。煮物はそれほど感じませんが炒め物は強さ加減が気になるところです。


ガスコンロから使っていたル・クルーゼの鍋があるんですが、IHクッキングヒーターとの相性がもう最高にいいんです!


IHの熱が柔らかく食材に伝わるようで、表面からと云うよりも中から熱が通る感じです。調理時間も短くて柔らかく出来上がるような気がします。


何で私が調理??って思われる方もおられるかも知れませんが実は料理好きでマイ包丁を持ってるくらいです。


料理の専門学校の先生も「カリスマ主婦のル・クルーゼ」と賞賛するそうです。


ロハスステーションでは可愛いル・クルーゼのアイテムを取り揃えていますので是非ご覧ください。


 


 


 

2007年4月09日 | | 2件のコメント