小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

a22e625e.jpg
49701f4a.jpg
コペンハーゲン郊外
現代美術館の周辺のお家です。
積雪が多い地域で最低気温もマイナス20度を超えるそうです。
グリーンを美味く使った塀と芝生
そして・・・沢山のお花が育てられています。
お気に入りの住宅の写真を撮りまくって家創りの資料になります。今回の旅でいっそう可愛らしく機能的なロハスな家になることでしょう。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2c62e5c8.jpgデンマークの気候はフィンランドに比べれば暖かですが・・・でも、今日も長袖のパーカーがはなせません。
ルイジアナ現代美術館は南向き斜面に建築されています。
こちらの写真は調度お昼のレストランです。
こちらの方々はわざわざテラス席に出て日光を浴びながらランチをされています。
海から上って来る潮風と陽光を肌いっ
ぱいに受け止めているようです。
気温は22度位でしょうか?
日本では車に乗っても腕に日焼け止め対策を施してるくらいなのに・・・
快適な気候の中、研修は進んでいます。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

f65182b0.jpg昨日夕方にヘルシンキからコペンハーゲンへ移動しました。
ユーロからクローネに通貨も替わります。
今日は午前中が自由行動なので、研修に同行させていただいる岐阜の纐纈建設様ご夫妻と一緒に郊外の現代美術館ルイジアナまで電車旅です。
コペンハーゲン中央駅で往復切符と入場料のセットの切符を購入して電車に乗り込みます。
デンマークはデンマーク語ですが英語が通じるので安心です。
電車旅にワクワク!
岡阪くんと4人で美術館を目指します。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

84ff0a76.jpgフィンランドを代表する建築家「アールト」の作品とアトリエを訪ねます。
片流れの屋根は鋼鈑製です。
日本人の現代で一番使いやすいのは遮熱性能、防錆性の高い縦平葺きが適当と思います。
シンプルなデザインの中に機能性とデザイン性が込められています。
日射の少ない北欧の気候に配慮して、
南向きの大きな窓た天窓から有効に効率的に明るさを取り込んでいます。
自然光を取り込むのに天窓を設けますが・・・直接に居室に取り込まず、壁面で反射した陽光を拡散させるなど、今までにない技法に出会えました。
これかの家創りの参考に沢山出会える旅が続いています。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

c74e8040.jpg朝一番からヘルシンキ市内の蚤の市へ
アンティークな小物を探します。
帰りの飛行機の荷物量を心配しながら・・・
日本では買えない珍しいお宝
黄色いタイプライターをゲット
完成体感会での書斎コーナーを飾ってくれる事でしょう。
本物のタイプライターなので重量もかなりありますが・・・
ポーター係の岡坂くんがいるので安心ですね。
他のお店で数十年前のおじいちゃんの革のカバンもゲットして、それに入れます。
帰りは手荷物で機内持込になりそうです。
岡阪君との珍道中が続いています。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

17f0989bにほんではお掃除ロボットルンバが流行ですが・・・
フィンランドの住宅博覧会ではそれぞれの展示場で「芝刈りロボット」が活躍しています。
お庭の周囲にセンサーになる線を埋め込んで有ってその範囲内をセッセと芝刈りとお掃除を行っています。
大きさはルンバより一回り大きくパワフルに動きます。
日本でも芝の管理に悩む人が多いんですがこれだと安心ですね。
お庭を進む姿は「かぶとがに」みたいで無骨ですが・・・
可愛いワンちゃんデザインなんかだと楽しいかも?
フィンランドの芝刈りロボットの紹介でした。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

1e229bde.jpg今日は待望のフィンランド住宅博覧会です。
ロハスな家は日本が定める次世代省エネ基準を大きく上回る断熱性能が自慢ですが・・・
北欧の基準から比べれば話にならないほど貧弱なものです。
写真は2×4仕様の住宅外壁のカットモデルです。
日本では100mmの厚さのグラスウールが基本ですがこちらでは450mmは有りそうです。
壁の上に置いたペットボトルと比べてもらえばお分かり頂けるでしょう!
日本の断熱レベルが近年上がってきたとはいえ・・・比較にならない状況です。
今回の研修で学んだ事を全てイコールで家創りに反映するには難しいかもしれませんが・・・確実に進む世界の家創りの流れに少しでも近づけれるように工夫して行きたいと思います。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

ae09fd86a004f5cf
今日の午前中は郊外の一般住宅の見学です。
20年前に建てられた住宅で5LDKのお家です。
家の中心には暖炉があり、サウナの熱も暖炉に流れる工夫がなされています。キッチンも薪で調理出来るようになっていてクッキングヒーターもオーブンも薪焚きです。
冬場はこれらの熱が家全体に広がってエコに快適に暮らせる工夫がなされています。
でも夏場はオーバーヒートしてしまうのでラジエントヒーターを使うそうです。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

e2e71550
今日はヘルシンキ郊外の村へ一般住宅の見学に伺います。
北欧の住宅は薪ストーブと暖炉が常識です。
今朝も冷え込んでいましたが、夏場を除いて一年のうちの大半で暖炉が使用されてるのではとおもいます。
なので・・・
煙突掃除も年に数回必要になるのではないかと思われます。
写真のお家をご覧下さい。
煙突掃除用にいつでも安易に屋根に上がって、屋根上を移動出来るように専用のタラップ「はしご」とキャットウオーク「足場板」が設置されています。
おそらく積雪時に屋根に上がって安全に煙突掃除出来るように配慮されてるのではないかと思われます。
日本では見られない家創りに出会える研修が続いています。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

5328db4f.jpg毎回の事ですが、海外に研修に出ると朝の散歩を欠かさない事にしています。
貴重な時間を使っているのだから少しでも学びに繋げたい・・・
朝の静かなうちにのんびりと散策したいと思ってます。
昨日は港の朝市
今朝は6時出発で「かもめ食堂」まで散歩してきました。
ヘルシンキは市内には朝市もそうですが・・・坂道だったり・・・本屋さんだったり映画のロケ地が沢山あります。
せっかく来たのだからと片道3km往復6kmの散策
同行の岡阪くんのナビゲーターでヘルシンキの街歩きを楽しんで来ました。
今朝の気温は10度くらいでしょうか?
陽射しが当たれば心地好いのですが・・・ビルの陰は肌寒く、十字路を渡るビル風には震えるほどでした。
これから気温は上がって半袖でも心地好くなるとおもいます。8時20分集合で今日の研修が始まります。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

59246f60.jpgヘルシンキ郊外の美観市街ポルボー
岡山に例えると倉敷美観地区みたいな感じ・・・
中世の教会を中心に1800年代の町並み保存地区です。
写真の教会は石積みレンガ積みで構造体が造られていますが、真っ白なシックイで外壁を仕上げられています。
日本の建物は几帳面に真っ平らに仕上げますが・・・
こちらでは構造体の凹凸を残したままシックイを塗り上げています。
この表情は日本人の生真面目な左官には困難かもしれませんね。
この写真を左官さんにお手本として見てもらって・・・
外壁塗り壁のレベルアップに繋げたいとおもいます。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

74b572c5.jpg
50b9a6a1.jpg
岩盤をくり抜いて造られた教会です。
花崗岩の紅い岩肌とその上に同じ岩を積み上げられて内壁に仕上げられています。
ほぼ地下のように造られていますが、
天井は鉄筋コンクリートで造られていますが、細い梁で支えられて隙間から陽射しを取り込んでいます。
教会は薄暗いイメージがありますが北欧の優しい陽射しが柔らかな明るさをたもってくれています。
コンクリートで2階部分を造られていますが、パインの板で造られた型枠で丁寧にコンクリートを打設してあるので・・・コンクリート面が木板を貼ったかのように仕上がっています。
丁寧な仕事と想像を超えるアイディアが込められた岩の教会「テンぺリアウキオ教会」でした。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

233af089.jpg今朝は6時から散策
9時出発で市内の建築物の見学会です。
今回の同行スタッフは若手設計スタッフの岡阪くん!
国内各地から集まった建築会社の皆さんとご一緒させてもらってます。
「石階段の目地は揃ってなくて良いんですね~」
日本人的な細やかさとは少し違った良さがあります。
色んな建築物を色んな人達と違った角度で見るのも勉強になります。
今までになかった感性を少しでも手に入れて帰りたいと思います。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2d1170d2.jpg朝4時半に出発したヘルシンキへの旅ですが6時間の時差を超えて夕方5時にホテルに到着
早速、街角を散策です。
街角の街灯には高さ3mくらいにお花が植え込んであります。
日本ではあまり見られない植え方です。
日本ではこの時期だと街灯に虫が集まって・・・
クモも集まって虫だらけ、クモの巣まみれになるでしょうね・・・
気温は日本の春、
4月下旬でしょうか?
私は半袖のポロシャツでしたが・・・
冬場の自転車用のブルゾンで調度のようです。
街角には花が沢山飾られています。
北欧の短い夏の光景でした。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

cd41a07d.jpg成田から10時間の空路
日本の国土の80パーセント
そしてフィンランドの国土の80パーセントが森と湖だそうです。
最も高い山でも標高1300m
平坦な国です。
きょうの日没は22時30分
日本との時差は7時間
でも、サマータイムちゅうなので6時間です。
お天気も良好なので沢山の写真を添付してレポートしたいと思います。
お楽しみに。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

b766ecfb.jpg今朝は4時30分に会社を出発して伊丹 成田を経由してヘルシンキへと向かいます。
家創りの研修旅行ですが
現地からのレポートをお楽しみに!
行ってきま~す。

brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

ロハスステーションの入り口右側にめだかを飼ってるんですが・・・

水鉢の水質浄化作用を期待してメダカの水鉢の中にハスを入れています。

IMG_0367
早朝に段々と開き始め・・・

夕方6時頃にはシッカリとつぼみに戻っています。

これは奥の水鉢

綺麗な・・・奥行きのある色合い

ピンクの色が綺麗です。

IMG_0324
こちらは手前側の水鉢

透き通るような黄色

透明感を感じるのはなぜでしょうか??

ハスの花は水鉢の底の泥の中につぼみを作って・・・

メダカから排泄されるフンを養分に育って・・・

こんなにカレンな花を咲かせてくれるんです。

ハスの花を人生の修行に例える話を聞いたことがあるんですが・・・

水中の汚い泥の中に育った花でも真っ直ぐに育てば・・

いつか地上に出て綺麗な花を咲かすことが出来る!

苦しい時も、悲しい時も、真っ直ぐに上を目指して育てば必ず良い結果に恵まれますよ!

と言うお話でした。

僕が写真を撮っていると・・・・

「綺麗に咲きましたね~・・・素麺が食べたくなりますね~~」・・・だそうです。

花より素麺だそうです。

猛暑のこの時期・・・

食欲も低下気味ですが・・・さっぱりした素麺で体力維持したい所ですね!

                  brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

今日から完成体感会なのですが・・・

朝一番にお引渡しセレモニーから始まりました。

今日から完成体感会を開催させていただく「はちみつ色の家」です。

IMG_0396
セレモニーの始めは・・・・

テープカット!

続いてクス玉割り・・・

シャンパンオープンと続いてゆきますが・・・

私たちが思いを込めて作らせていただいた集大成としてお引渡しセレモニーをさせていただいています。

数年前の始めた頃は私たちも照れくさくって・・・「本当にするんですか???」

スタッフもあまり乗り気じゃあなかったんですが・・・

この頃は・・・家創りの締めのイベントとして大切に思えるようになって来ました。

今回も御施主様から感動の御礼の言葉を頂いて・・・

私たちスタッフも家創りに携われた奇跡に感謝したいと思いました。

IMG_0473
最後の締めはいつもの定番

私の掛け声で記念撮影です。

「それでは!!」

「ロハスな家は!」

皆さん揃って「イ・イ・イエ~イ!(良い家)!」

カシャ!!

お家が完成するまでには・・・沢山の時と

沢山の方々の情熱を頂きました。

お家創りに携わっていただいた皆様に感謝!感謝!!感謝!!!の完成お引渡しセレモニーでした。

ありがとうございました。

猛暑の続く毎日ですが・・・

猛暑をどのように過ごされていますか?

IMG_7285
こちらは明日から完成体感会を開催させていただく『勝央町の家』です。

和モダンチックな洋風住宅です。

こちらの作品は玄関庇と同じ軒深さを通してリビング・和室前まで屋根を設けています。

この頃、私たちの提案する家創りは・・・

夏は『陽射しをカットして涼しく』

冬は『陽射しを取り込んで暖かく』

そんな・・・ECOなプランにしています。

猛暑の続く毎日ですが・・・・

今回の作品も家庭用エアコン一台で家全体が涼しく暮らせる工夫がなされています。

こちらの作品は冬の陽射しをタップリと取り込めるように幅約2.6mのテラス戸をリビングに設けています。

さぞかし夏の日差しで暑いのではと思われがちですが・・・

深く伸ばした軒先が夏の厳しい日差しをカットしてくれるので・・・涼しいんです!!

直射日光が庭に差し込んだ反射光も濡れ縁がカットしてくれます。

そして・・・・全ての窓には遮熱ガラスが採用されてるので猛暑もお家の中には伝わりません!!

猛暑の日中はお家の中でゆっくりとお昼寝・・・

夕方、涼しくなってくると・・・お庭に打ち水をして

濡れ縁にでて夕涼み・・・花火・・・濡れ縁に座ってつめたく冷やしたスイカはいかがでしょうか?

ロハスな家は高い断熱性能と遮熱性能なので・・・あまりエネルギーに頼らなくても涼しいんです!!

家の作り方でこんなに快適!!

猛暑のこの時期だからこそ体感にご来場ください!!

                  brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

IMG_7446

週末の完成体感会のお知らせです。

勝央町の会場はさとう記念病院の北側、JR姫新線の北面になります。

こちらの会場は少し大人モダンな感じ・・・・

リビングの照明器具も弊社の担当コーディネーターが無理言ってお願いしたのだとか・・・

でも・・・御施主様も快く聞き入れてくださってこの雰囲気にする事が出来たそうです。

色合い・・・家具・・・カーテン・・・床材から漆喰のコテ運び(コテ仕上げ法)まで御施主様とコーディネーターのS女史が思いを交わした作品が出来上がりました。

御施主様にも大好評な色合いですが

私的にもこの色合いがお気に入りです。

その他にも・・・

縁側のようなウッドデッキだったり・・・

木製の窓手摺だったり・・・

なんとなく・・・

懐かしさを感じる『モダンスタイル』があります。

7月13日土曜日~15日(祝)の3日間

お気軽に見学にお越しください。

                  brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

今週末、7月13日(土)~15日(月)の日程で完成体感会です!!

今回は美作と勝央の2会場の同時開催なので・・・・

スタッフも分散しなくては・・・忙しくなりそうです。

今日は美作会場のご紹介をさせて頂きます。

IMG_7180
『はちみつ色』と紹介させて頂きましたが・・・

スペイン漆喰のハニーカラーをコテ塗りしています。

スペイン漆喰はコテの運び(コテさばき)で様々な表現が出来るのですが、今回は粗い・・・素朴な仕上がりにしてもらっています。

屋根瓦は平板の乱張り(二色の瓦を混ぜて)で可愛らしく

玄関の上部はフレンチな石造り風のアーチ形状に

玄関ドアに設けられたアーチの飾り窓と調和しています。

玄関ポーチと玄関内部はアンテークレンガを張っています。

このレンガは設計担当のOkasaka君がレンガの仕入れに同行して

沢山のレンガの中から選んだもので・・・出来上がってみると建物の雰囲気に良く合っています。

そして・・・

玄関脇の郵便ポストはご主人のこだわりの『赤』

お庭のワンポイントとなっています。

IMG_7212こちらはLDKの様子です。

LDKと1階和室はつながっていて・・・

引き戸を壁に引き込めるようにしているので

フルオープンにするとリビングの畳コーナーとして一体に使えます。

写真には上手に撮れなかったのですが・・・

写真上部の吹き抜けからLDK全体に陽光が広がって・・・自然光で明るく暮らせるばかりか

屋内の空気もスムーズに循環できるので一台のエアコンで家全体をむら無く快適な温度に保つ事が出来るんです。

体感会当日も猛暑が予想されますが・・・

仮設に設置したスポットクーラーで家全体が快適な温度に保たれる予定です。

ロハスな家は可愛いから好き!って行ってもらう事も多いんですが・・・

猛暑の夏もこんなに涼しい!って体感して頂きたい体感会です。

断熱性能の高さを体感にお越しください!!

こちらの会場は美作北小学校からJR楢原駅方向に400Mくらいの地点です。

ロハスな家の赤いノボリを目印にお越しください。

お待ちしております。

                  brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

テレビ番組の『劇的ビフォアー・アフター』は僕も楽しみに見ていますが・・・

今、津山市川崎でもテレビ番組にも負けない大型リフォームを行っています。

約30年前に建てられた離れと農業用倉庫を合体させて・・・

平屋建ての「若夫婦新居」にリノベーションします。

IMG_0361こちらは以前、農業用倉庫だった部分です。

籾の乾燥機、籾摺機などが設置されていたので高さも十分です。

LDKと畳コーナーに変貌します。

勾配天井で高い天井になり・・・

畳コーナー部分の上部にはロフトも設けます。

そのロフトからは引き違い窓を通って新しく設けた屋上バルコニーに出られます。

ご主人の天体観測スペースとして利用されます。

IMG_0360こちらは8帖2間の離れだった部分

こちらには南に面して子供部屋

北に洗面・脱衣・浴室

中ほどにご夫婦寝室とクローゼットが設けられます。

屋根と骨組み・基礎は利用しますが・・・・

ほとんど新しくなるので・・・外観的にも内部も新築同様になります。

勿論!断熱性能も次世代省エネ基準をクリアするので・・・

冬も暖かく・・・夏も涼しくなる予定です。

IMG_0359お庭となる部分の中央には樹齢100年を超える梅の古木があり

この木を囲むように平屋建ての新居がプランされているので・・・

リビングからはテラス越しに眺められます。

梅は落葉樹なので・・・

夏は木陰を作ってくれて涼しく

冬は落葉して陽射しをリビングに届けてくれます。

現在の写真では完成後の素晴らしい雰囲気は伝わらないかもしれませんが・・・

秋には梅の大木を囲む和モダンな新居が完成する事でしょう!

劇的ロハスリフォームのご紹介でした。

                  brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

猛暑の時期だからこそ快適な家創りを体感いただけると思っています。

ロハスな家は住友林業のノウハウをベースにオリジナルの断熱・省エネ手法をプラスした『快適省エネ住宅』です。

7月13日(土)~15日(祝)の日程で勝央町黒土と美作市楢原のに会場で完成体感会を開催いたします。

家創りで重要な部分に『価格』と『性能』が有りますが・・・

性能の部分は夏の涼しさ・・・冬の暖かさ・・・光熱費の低減に大きく作用して

生涯、安い光熱費で暮らせる事が大切ではないかと思っています。

今回の2作品とも次世代省エネ基準を達成した省エネ住宅で・・・

その上、床下の地熱も賢く活用しているので・・・ECOで快適な住宅に仕上がっています。

img-707132958-0001

こちらは出来上がったチラシですが・・・

美作市の楢原会場です。

美作北小学校の東、500mくらい

赤いロハスな家のノボリが目印です。

こちらの御施主様は20代のお若いご夫婦

スペイン漆喰のハニーイエローの荒コテ塗りは初めての挑戦でしたが・・・・

ナチュラルな感じと優しい黄色がお似合いのお家になりました。

こちらは勝央町黒土の会場

丁度、佐藤記念病院さんと線路を挟んだ北側の分譲地です。img-707133020-0001

大人可愛いナチュラルモダンスタイルの仕上がり

屋根に上げられた太陽光発電システムで使用エネルギーを上回る発電量が期待されます。

断熱 + 創エネ + ロハスデザイン で快適でECOな生活を約束します。

ロハスな家は猛暑の時期でも一台の家庭用エアコンで家全体を快適な室温に保てるノウハウを開発していますが・・・

こちらの作品でも体験していただけたらと思っています。

わずかなエネルギーで年中快適な室温に保てる!

その秘訣を体感にお越しください!!

猛暑の夏だからこそ!

快適を体感できるロハスな家完成体感会に是非起こしください!!!

※チラシの写真はクリックしてプリントアウトもできます。

                  brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

この頃はクチコミで当社を選んでくださる方々が増えて来てるようで・・・

感謝!感謝!!です。

先日、お申し込み頂いたお客様も

「小林工業さんの悪い評判は聞かないから・・・・決めました!」

だそうです。

私たちとしては嬉しい限りです。

小林工業が建てる『ロハスな家』は全ての住宅が国が定める長期優良住宅の仕様を基本としています。

そして・・・・建築工法の基本は住友林業のイノスグループの技術マニュアルにそって施工しています。

IMG_0336
こちらは窓の内部の状況

LIXILの断熱サッシ「サーモス」を設置していますが・・・

サッシとサッシを支える木枠の間にゴム製の防水シートが挟んであります。

これは住友林業の技術マニュアルにそって施工しているのですが・・・

サッシ枠にもし結露した場合でも木枠の水分が浸透しない為の予防策です。

IMG_0337
こちらは窓の外部の状況です

先ほどのサッシの下に引き込まれたゴム製シートは外部にたらされて・・・結露水を外部側に表面張力で導くようにしています。

なので・・・もしものサッシ結露水も外部に排出されて躯体の木材に染み込まないようになっているんです!!

見えないところですが・・・・肝心な急所でもあります。

IMG_0339こちらは外部の遮熱・防水シートの状況です!

この防水シートはアメリカ製で外部から進入する熱を反射して屋内に伝わるのを食い止める作用もあるのですが・・・

本来は外部からの雨水を防水するのが役目です。

サッシの周辺は強力な防水テープでサッシ枠と隙間無く防水しています。

外壁は・・・この防水シートに空気が通る通気層を設けた上で外壁が張られるんですが・・・

この状態でも・・・台風の風雨も防いでくれるんですよ!!

一般的な工務店なら常識的なレベルですが・・・

小林工業はもう一工夫していて・・・

写真の上部に見られるように・・・遮熱防水シートを貼り伸ばして

暴風雨の時でも壁下から水が噴き上げられたとしても・・・家の中には入らないように水返し状態にしています。

見えない所にも数々の予防策を講じて快適な暮らしが守られるように工夫しているのが・・・

住まわれて行くうちに理解されてクチコミになっているのでしょうか?

今回は防水シートの紹介でしたが・・・

屋根の納まりだったり・・・断熱材のノウハウだったり・・・耐震対策だったり・・・

大手ハウスメーカー住友林業のノウハウを基準に

もう一層、私たちが海外から学んだ最新の技術もプラスして・・・

見えない所こそ大切に家創りをしています。

デザインだけではない!ロハスな家の見えないノウハウの紹介でした。

                  brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。