失敗しない資金計画

資金計画はしっかりと! でもどうやって計画を立てたら良い?

家を建てる上で検討すべきもう一つの大きな問題。それは、資金面です。いくらいい土地やよいプランに恵まれても、資金がなければ家は建てられません。一方、家づくりにどれくらいの自己資金が必要で、ローンの返済プランはどう組めばいいのかを分かっている人がほとんどいないのも、また事実です。
失敗のない家づくりをするためにも、まずは資金に関する基礎的な知識を身につけましょう。そして、家づくりから資金計画に至るまで親身になってアドバイスしてくれる工務店や建設会社を見つけましょう。

家づくりに必要な資金とは?

土地を購入する費用
(土地代・登記代・手数料など)

家を建てる費用
(設計費・監理費・建築工事費・外構工事費など)

その他の費用
(引越費・式典費・税金・利息など)

資金をねん出する方法

  • ① 自己資金(現金・預金・財形など)
  • ② 借入金(フラット35・銀行の住宅ローンなど)
  • ③ 贈与・相続(親の助成) etc

資産状況によりさまざまですが、「1」と「2」を組み合わせる方法が一般的です。その場合は、頭金を払うだけでなく年収の何倍もの住宅ローンを払うことになるので、ライフプランに合わせた無理のない返済計画を練ることが大事です。

資金計画はこう立てよう!

  • 自己資金から家づくりにかけられる総額を検討する
  • 住宅ローンの毎月の返済額を検討する
  • 資金計画の概要をかためる
  • 今後のライフプランを考えて再検討する

まずは、現在の自己資金を洗い出し、毎月の家賃などを算出の上、自己資金を概算。さらに、上記の4点を検討します。特に4番目の”ライフプランを考えた資金計画”は重要。子どもの教育費や定年退職、あるいは万一のケガや病気なども想定しておくことで、将来にわたり安心して暮らすことができるでしょう。家族の年齢と毎年の年収に対して、どのタイミングでどのような出来事が想定され、どれくらいのお金が必要になるのか。そして、どれくらいの貯蓄額が必要なのかなどを、大まかに表にしてみるのもよい方法です。

一人ひとりの条件に合った資金計画をアドバイスします

「ロハスな家」では、お客様のライフプランナーとして、無理のない資金計画をアドバイスさせていただきます。お客様にとって最良の資金計画やローンプランを、その時の状況やライフスタイルによって組んでいきます。すべては私たちの建てた家に末永く住んでいただくため。どうぞ安心して何でもお尋ねください。

自分たちの暮らしに合った、
「最高の」家づくりを

小林工業では、「宿泊体感 モデルハウス」で実際の暮らしをご体感いただけます。また、個別の家づくりセミナーでは、お客様の家づくりに対する疑問や不安にしっかりとお答えいたします。土地や資金に関することなどもお気軽にご相談ください。後悔しない「最高の」家づくりのために、最適なご提案をいたします。

小林工業カタログ
小林工業ロハスデザインカタログ

注文住宅についての詳細や岡山県内の施工事例が満載の
カタログ&カレンダーを無料プレゼント!

0868-72-1882

9:00 〜 18:00 (GW・お盆・年末年始以外年中無休)