計算し尽くされたデザイン

心地よい空間と、快適な生活をデザインします。

家族構成やライフスタイルなどに応じた十人十色のプランを提案するのが、「ロハスな家」の経験豊かな建築士たち。
住まう人の暮らしやすさを優先させた機能的なデザインにご家族らしさを感じさせるテイストを加え、次世代にわたって愛される家づくりをお手伝いします。

「光」と「風」を知り尽くした建築家の、明るく心地よい空間デザイン

自然光と窓の関係

一般的に、南向きに大きな窓をつくれば明るい家ができると言われます。しかし設計によっては暑すぎたり眩しすぎたり、道路に面していて外から丸見えになったりすることも。
反対に、夏の西日は困りものですが、冬の西日は夕方もなお家の中を明るく保つ効果が。一般には敬遠されがちな北向きの部屋も、一年を通じて光が安定していることから、書斎や子供部屋におすすめです。
光の取り扱いを熟知したプロが家を設計すると、四季ごとの太陽の軌道、敷地の向き、外部からの視線、室内からの眺望などを考慮に入れて、最適な場所に窓を設けます。また、室内に入れる光を調節するため、軒の深さ、植栽なども採光計画に取り入れます。光を効率よく採り込むこと。それは、空間デザインのプロとしての腕の見せどころでもあります。

バランスを考えた照明計画

自然光だけでなく、直接照明と間接照明を使い分けることで生まれる陰影も空間づくりに生かしていくのが「ロハスな家」。直接照明が生活の場を明るく照らすことを優先とするのに対し、反射を利用して周囲を照らす間接照明は、目に心地よく癒しの雰囲気を与えてくれます。
しかし、両照明のバランスを取ることは容易でなく、まして家中の照明計画までつくるとなると大変な労力です。また、予算もオーバーしやすいため、プロのコーディネーターに任せた方がベターです。

風が通り抜ける、心地よい空間

建築家が採光と並んで気を遣うところ。それは“家の中に空気の淀んだ場所をつくらない”ということ。つまり風通しをよくするということです。
しかし、採光同様、大きな窓をつくれば良いというものではなく、地域特有の風向きを考慮に入れて、風がうまく抜ける場所に窓をつくらなくてはなりません。
また、「ロハスな家」は長期優良住宅が標準仕様となっているため、断熱性が非常に良く、家全体をほぼ一定の温度に保つことができます。この性能の良さも、室内の空気の流れをよくしています。

緻密な設計プラン

お客様のイメージ + プロのアドバイスで理想以上の作品に仕上げます

お客様にとって夢の家づくりだから、プランの打ち合わせは細部まで丁寧に行います。そして、パースと設計図をもとに何度も修正を重ね、完成度を高めていきます。こうして仕上がった図面は、小林工業とお客様でそれぞれ共有します。
しかし、図面だけでは理解しづらい部分もたくさんあることでしょう。そこで、上棟後の現場でさらに打ち合わせを行い、細部にわたる調整をすることで、120%満足いただける家に近づけます。こうして、夢の家実現への道のりが、また一歩近くなるのです。

海外の街角から、抱負なアイデアを持ち帰ります。

1棟1棟、お客様のライフスタイルやイメージに合わせたデザインプランを提案する「ロハスな家」では、常に最新の家づくりを学ぶため、毎年海外への視察旅行を実施。建築物や町並みはもちろん、その地に息づく生活文化に至るまで五感で体感し、多くのアイデアやエッセンスを学びます。そして、本物を知り尽くした設計スタッフが、お客様の想いをカタチに表現します。
デザインは、海外のデザインをそのまま日本の家づくりに生かす部分と、雨の多い日本の気候風土や各家族の生活スタイルを考慮する部分とをきちんと取り入れながら仕上げています。

  • ヨーロッパの住宅
  • ヨーロッパの住宅
  • ヨーロッパの住宅
  • ヨーロッパの住宅

自分たちの暮らしに合った、
「最高の」家づくりを

小林工業では、「宿泊体感 モデルハウス」で実際の暮らしをご体感いただけます。また、個別の家づくりセミナーでは、お客様の家づくりに対する疑問や不安にしっかりとお答えいたします。土地や資金に関することなどもお気軽にご相談ください。後悔しない「最高の」家づくりのために、最適なご提案をいたします。

小林工業カタログ
小林工業ロハスデザインカタログ

注文住宅についての詳細や岡山県内の施工事例が満載の
カタログ&カレンダーを無料プレゼント!

0868-72-1882

9:00 〜 18:00 (GW・お盆・年末年始以外年中無休)