小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
eye_mama

漆喰の壁

ママに嬉しい漆喰
漆喰

漆喰【sikkui】

ロハスな家に欠かせないのが、「漆喰壁」。
塗り方でまったく違う表情を見せる漆喰壁は、おうちにあたたかみと手作り感をプラスします。
質感やデザインのよさはもちろん、素材としても優れています。

100%自然素材で出来ている漆喰は、空気をキレイにする作用や調湿性能に優れた呼吸する素材。においを分解する力も持っているので、焼肉をした次の日もイヤ~なにおいがほとんど残りません。

残り湯配管

ママに嬉しい残り湯配管

残り湯配管【nokoriyu-haikan】

みなさんは、お洗濯に残り湯を使っていますか?
ホースを出して、洗濯機に取り付けて、浴槽まで伸ばして・・・終わったら、ホースをくるくると巻いて、濡れた床を雑巾で拭いて、ホースをしまって・・・。
節約のために残り湯を使った方がいいのは分かるけれど、ちょっぴりメンドウ・・・。その気持ち、とても良く分かります。

節約のためだけでなく、残り湯を使うと汚れ落ちも良いので、ぜひ使いたいところですよね。

ロハスな家では、洗濯機のボタンひとつで自動的に残り湯が送られてくる、残り湯配管をほとんどのおうちに標準装備しています。洗濯機のボタンひとつで自動的に浴槽の残り湯が送られてくるので、ホースいらず。浴槽の「追炊き機能」と連動しているので、追炊き部分のフィルターを通した清潔なお湯が送られます。


残り湯配管

ロハスな家オリジナル換気システム

ママに嬉しい換気システム

ロハスな家オリジナル換気システム【kanki】

花粉やPM2.5など、目には見えない物質がわたしたちに害を与える時代。家族が過ごすおうちの中ぐらいはせめて、安心してくつろげる空間にしなければいけません。

ロハスな家は、フィルターを通してからおうちの中に空気を入れる仕組みになっています。浮遊するホコリや虫はもちろんのこと、空気中の花粉や排気ガス、PM2.5などの有害物質もしっかりとキャッチします。その後は、炭が敷きこまれた床下を通り抜けて更に浄化。常にお部屋の中がクリーンに保たれています。

室内物干し

ママに嬉しい室内物干し
室内物干し

室内物干し【shitsunaiboshi】

梅雨時期や冬場など、なかなか気持ちよく乾いてくれないお洋服・・・
お仕事などで帰りが遅い、洗濯物を周りの人に見られたくない、花粉が付くから外に干せない・・・

そんなママや家族にうれしいのが、「室内物干しスペース」。
「部屋干し」と聞くと、生乾きのにおいが気になる方も多いのでは?!ロハスな家の室内物干しは、空気の通り道になるところに取り付けるので、いやなにおいも付かずカラッと乾くと好評です。
お仕事のある日は室内物干し、休日は外干しと使い分けるお客様も多数いらっしゃいます。

室内物干しを使いこなすお客様の中には、なんと脱水機を1分しか回さない方もいらっしゃいます!
冬場の乾燥する時期は、脱水を1分しかしていないひたひたの洗濯物を室内に干し、加湿器代わりにしているのだとか。「洗濯物にもシワが寄らず、気持ち良く乾く!」と嬉しそうにお話ししてくださいました♪