小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
step01

 安心・安全な構造


ロハスな家作りのこと
「ロハスな家」は、
住友林業と地域の工務店でつくる家づくりネットワーク「イノスグループ」に加盟。
最新の技術を持つ大手住宅メーカーのノウハウと、地域の気候風土を知り尽くした地元ビルダーのプランニング力により、より高い品質と安心を提供します。
住宅メーカー(住友林業)×地域の優良工務店による家づくりネットワーク
「イノスグループ」「イノスグループ」のホームページはこちら
家族のライフスタイル


イノス×「ロハスな家」の特長

1.地震や台風に負けない、デジタルフレーム工法。
  • イノスオリジナルのコンピュータによる構造計算「X-CAD」を採用。地震による倒壊や台風によって屋根が飛ぶなどの被害を抑え、建築時の高性能を長期間にわたり維持します。
  • 構造計算の結果は「構造カルテ」にしてお渡しします。
  • 住友林業の施工マニュアルに沿って工事を行うことで、高い施行品質を保持。進行状況に合わせて施工履歴も残しており、途中経過はすべてお客様にも提出されます。
ロハスな家


2.堅牢な家を築き上げる「匠 乾太郎」の木材。
  • 地元・岡山県津山市にある院庄林業が開発した木材。初めから背割りを入れることなく乾燥させるオリジナルの技術で、家の歪みや亀裂の心配を解消しました。
  • 寸法精度が安定しているので、家の土台にぴったり。しかも、柱のめり込みが少なく、施行後の割れも激減!
  • 国産材製材品統一規格である日本農林規格(JAS)において、最高品質の評価。また、木材表示推進協議会(FIPCL)により、「木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明」のお墨付きもいただいています。
ロハスな家


3.高気密・高断熱で、年中快適な家をつくります。
  • 次世代省エネルギー基準を高いレベルでクリアしています。
  • 断熱性能にすぐれた家だから、熱効率がよく省エネルギーに貢献。家全体が1年中快適な空間に保たれる上、光熱費も大幅に抑えられて経済的です。

「ロハスな家」は、長期優良住宅の条件を上回るレベルの品質を、標準装備。

「長期優良住宅」とは?

質の高い住まいを建てて長持ちさせ、建替えなどの負担も減らすことを目的とした長期優良住宅の普及の促進に関する法律が平成21年6月4日に施行。着工前に長期優良住宅の認定を受けることで、数々のメリットが受けられる点が魅力です。

※長期優良住宅の認定については、有料で承ります。

長期優良住宅の認定基準の概要
長期優良住宅の認定基準の概要
  1. 耐震性
  2. 地震に強い対策を講じておくこと。(等級2)

  3. 耐久性
  4. 数世代にわたって長持ちさせること。(劣化対策等級3他)

  5. 省エネルギー性
  6. 必要な断熱性等を確保していること。(等級4)

  7. 住戸面積
  8. 良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。

  9. 維持管理
  10. 内装・設備の点検・補修などが容易に行えること。(等級3)

  11. 維持保全計画
  12. 建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等の計画が策定されていること。

  13. 居住環境
  14. 良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。


#

ロハスな家にこだわる

ロハスな家の基本構造 安心・安全な構造 すぐれた省エネ性能 自然素材&自然浄化 計算し尽くされたデザイン