小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記

今日は薪ストーブの燃焼が悪いので見て欲しいとの依頼を受けて昨年お引渡しのお宅をご訪問

まずは薪ストーブの煙突の点検

薪ストーブの燃焼が悪く・・・室内に煙が漏れる

などの症状の場合・・・ほとんど煙突の詰りが予想されます。

今回も煙突のトップを外してみます。

煙突の内部はそんなにススが溜まってる訳ではありませんが・・・

致命的に『防鳥網』にススが溜まって煙突の排気を止めてしまっていました。

『防鳥網』とは・・・煙突に誤って小鳥が侵入しないようにと設けられている『網』です。

小鳥の侵入の為には有り難いのですが・・・

煙突からの排気となると・・・ススをひっかけてしまうようで・・・

松などのヤニの多い薪

乾燥度合いの足りない水分の多い薪

などを焚いてしまうと・・・詰まりやすいようです。

2015010911310000.jpg

予想通りの状態です。

これではスムーズな排気が出来ないので室内に煙が漏れる可能も大きいです。

早速!『防鳥網』を取り外します。

2015010911320000.jpg

煙突に差し込んで有るだけなので簡単に取り外せます。

 

 

 

 

 

 

 

2015010911350000.jpg

そして・・・・ワイヤーブラシで綺麗にススをかきおとします。

これを煙突に戻して・・・トップのフタを三本の蝶ネジで固定したら完了です。

先ほどお客様にお電話でストーブの燃焼状況をお尋ねしたら

快調に燃えてるとのご様子

これで一安心!

心地よい薪ストーブライフを楽しんで頂けそうです。

先日、赤磐市内で薪ストーブを設置させていただきました。

私も初の挑戦でしたが・・・

プレハブメーカーさんの住宅の屋根を貫通して煙突を設置しました。

プレハブ住宅は基本軽量鉄骨で骨組みを組み立てています。

でも・・・

基本的な骨組み以外は木なので・・・

木造住宅と同じ考え方で煙突を通します。

でも・・・木造住宅の場合は『火打ち』を間仕切り梁・桁に取り付ける事で水平剛性を保ちますが・・・

軽量鉄骨造の場合は『ブレース』と言う鉄筋を筋形状に水平に引張りあう事で水平剛性を保ちます。

なので・・・鉄骨の梁桁以外にの、その『水平ブレース』を逃げて煙突を通さないといけないので・・・

ストーブの設置位置にも配慮が必要です。

IMG_1451

屋根裏は真っ暗・・・

足元となる天井裏は綿状のロックウールが吹き込まれています。

ほこりっぽい天井裏の鉄骨トラスを乗り越えての作業となるのでかなり大変!!

でも・・・

安心して薪ストーブを楽しんで頂くためには・・・

安心安全のストーブをしなければなりません!!

鉄骨の構造部分には傷つけない・・煙突の当たらないように・・・

屋根の貫通部分は屋根に穴を開ける事で強度が落ちないように・・・しっかりと補強工事!!

元よりも丈夫になるように補強!!

ストーブは家の中で安全に焚火が出来る道具だと思っています。

で・・・煙突の貫通部分などは木部と接しないように・・・

熱煙突で貫通するので煙突外部は素手で触れても少し暖かい程度にしか表面温度は上がらないのですが・・・

でも・・・貫通部分は不燃材料で覆います。

そして・・・屋根瓦部分も雨漏りしないように注意が必要ですが・・・

この部分は粉や市工業の専属瓦屋さん「橋本産業」さんにお任せです。

でも・・・瓦と水切り版の取り合いは要注意

以前は鉛板を利用して水切りされていますが・・・

酸性の木酢液が煙突から出てくる可能性が有るので鉛は解ける可能性が・・・

なので、耐酸性の強い薪ストーブメーカー推奨の水切り材を使用しています。

こうして・・・

最新の技術と・・・細心の注意を払って「安全のストーブ設置」を行っています。

ストーブ屋さんじゃあ無い!工務店の建築ノウハウを生かして・・・

IMG_1466

設置が完了すると早速火入れ式

穏やかな炎とストーブから発せられる『遠赤外線』で家全体が暖まります。

プレハブハウスメーカーさんは薪ストーブの設置を嫌いますが・・・

鉄工所をルーツとする小林工業は

プレハブ住宅でも安心安全のストーブ設置を行っています。

 

 

今日は薪ストーブの一日

薪ストーブを設置希望の方のお宅へ調査に

薪ストーブの設置は・・・

お部屋に暖かさが伝わりやすい位置に

暖かさと共に・・・炎の見せ方も大切です。

そして・・・

薪ストーブには『煙突』が必須!!

シンプルに取り付ける事が大切!!

シンプル・簡単に煙突を組んでおかないと『煙突掃除』が難しくなります。

そんな事を考えながらお客様のお宅を訪問します。

一階リビングに設置して・・・屋根を貫通させてまっすぐに二階の軒先より高く煙突を伸ばします。

台風にも、広戸風にも・・・そして、積雪、落雪にも大丈夫な位置に煙突を抜きます。

一軒目の調査を完了したら・・・・

お客様からお土産にと柿を頂いて・・・ハッピイ!!

2014103013320000.jpg

こちらはお客様のお庭に生えた『シメジ茸』

柿の木の下の地面に沢山生えています!!

今年はもう何回も鍋料理に使われたのだとか??

お庭に『シメジ茸』!驚きです!!

そして・・・次の現場へ急ぎます!!

でも・・・次のお客様はレストランなので・・・もう一時間遅らして来てほしいとの連絡!!

これで会社に帰るのもかえって無駄になるので・・・

途中のカフェ「ロッキーガーデン」さんで時間調整。

2014103013470000.jpg

挽きたてのホットコーヒーで一休み・・・

同行のTeruちゃんからは・・・

「この時間にさっきのお宅のストーブ設置の見積もりをしましょう!!資料は有りますから!!」

と言う事で・・・早速に簡単な施工図を書いてストーブ煙突部材の積算です。

まったりと時間の流れるカフェの中で・・・しっかりとお仕事です。

積算が出来た所でカフェタイムも終了!!

美作市右手現場に出発です!!

途中に秋を見つけたのでパチリ!!

2014103014400000.jpg

青空をは背景にもみじの紅葉が綺麗です!!

そして・・・

ストーブ設置予定の現場でまたもや現場調査

ストーブの設置位置と屋根と煙突の収まりを決めます。

出来るだけ簡単に納めて部材点数と設置工数を減らします。

設置案が決まって・・・次は近くのお宅で・・・

夏に設置させていただいた薪ストーブの火入れ式

IMG_1449

ドブレ760に火が入りました。

透明感のある滑らかな炎が揺らぎます。

ストーブから放出される遠赤外線で・・・

体の芯から穏やかに暖まってきます。

こちらのストーブは二階部分も貫通して煙突が昇るので・・・

二階部分も含めて、家全体が快適に暖まる予定です。

お客様にも大喜び頂いて・・・帰路に着きました。

寒くなりそうな今年の冬ですが・・・

暖かく暮らして頂けそうです。