小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

雪景色2006.12今朝、外は一面の銀世界でびっくり!!


写真は事務所の窓からの雪景色、海田川のせせらぎです。


初雪でした。今年は雪を見ないで年を越してしまうかと思ってたぐらいです。 今朝の外気温-1℃、氷点下!


雪の日気温


長靴の中にジーパンの裾を入れて、積雪10cmの中を出勤!!おろし立てのスタッドレスはかなり効きが良い!!やっぱりブリザックがGOOD!!


事務所に入ってまたびっくり!!かなり暖かいではないか!!今日のブログねたはこれに決定!!


ロハスステーションの一部、1階部分の1/3が事務所兼プチカフェです。事務所部分のみエナーテックの蓄熱床暖房が入っています。


今朝の室温19℃でした。薪ストーブもあり、仕切られたスペースの半分くらいしか蓄熱床暖は入ってないのに、朝一番から部屋全体が暖かいのです。


ロハスステーションはリホームなので樹脂サッシなど入っていない部分や断熱も十分でない部分が有るにもかかわらず19℃は満足できるデーターと思います。


津山市川辺の野口邸もエナーテックの蓄熱床暖で施工中です。ココよりは断熱性能が良い住宅なので春のような空間が実現されると確信します。


何となく、ぽかぽか暖かい家・・蓄熱床暖の家です。


 


 


 


 


 

2006年12月29日 | | 2件のコメント

カリフォルニアの家毎日がバタバタと過ぎて行きます。気が付けば役所は今日で御用収めです。一年を反省する間もなしにお正月を迎えそうです。


写真は今年の正月に行ったカリフォルニア・サンディエゴの住宅です。娘が暮らす町並みで撮影しました。


カリフォルニアでは街づくりの一環として、住宅地の外壁・屋根の色合いを規制してあるそうです。白っぽい自然に溶け込む色合いに調整してあるようでした。


入江邸外観写真は鏡野町に建築中の入江邸です。カリフォルニアカラーになっています。僕は、すぐに染まると云うか、気に入ったらすぐ真似したくなるタイプです。


南欧風が多く見られますが、今回はカリフォルニアデザインです。自分で見た雰囲気を表現しました。


今は冬空で陽射しが弱く少し地味な色合いですが、春の陽射しになってくると明るい家になります。


2月初旬には完成見学会を開催しますので、是非ご来場ください。


 


 


 


 

2006年12月28日 | | 1件のコメント

バラアーチ


春から待っていた「ばら」が届いたと連絡があり、同級生の平山さん家へ伺ってきました。彼女とは同級生で娘さんも息子と同級です。今回、ロハスステーションのオープン祝いにバラ苗をプレゼントしていただきました。


写真は一年前から注文いただいていて、春のオープンガーデンにやっと間に合わせた「Hidemi工房」特製のバラアーチです。高さ2.2m奥行き1.5mくらい有ります。既製品だと風に弱いからと手創りを希望されました。結構丈夫なんですよ!!94kgの僕がぶら下がれるんだから!細い鉄筋でも組み合わせるとオシャレなだけでなく丈夫になります。来年のオープンガーデンには「薔薇とアイアンのコラボ」が楽しみです。 


風車アイアン


左はLOHAS STATION入り口に立つ風力発電用の風車の柱です。柱そのままでは無骨なので「Hidemi工房」で薔薇巻きつきカバーを作ってもらいました。


平山さんからいただいた白いつる薔薇「アイスバーグ」を根元に植えてメタルチックな部分を可愛い薔薇で被う計画です。


植物は土作りが大変なそうです。しっかりと深く耕して堆肥を入れて二年後の春には真っ白い大輪で被い尽くしたいです。

家工房講習昨日、今日の二日間で家工房の導入研修を受けています。


「家工房」って何?って思われるでしょう。


「家工房」とは住友林業が開発したコンピューターソフトで、イノスの家のプラン・強度確認から見積もりまでを短時間で正確に完成させるものです。


今までは住友林業で行っていた作業が自社で出来るようになるばかりか、自社オリジナルのプログラムも可能になり、見積もりの正確性とスピードも上がります。


お客様へは、タイムリーに細やかな見積もりが提出できるようになります。


女性スタッフ3名で細やかに見積もりをして、直接お客様とも打合せが出来るので、お客様の想いが実現しやすい環境が整ったように思います。


小林工業はお客様の満足度をより高める為により高品質な家創りを進めています。「家工房」の導入もそのひとつです。


来年4月からのイノスマイスター会員への昇格にむけて、着々と準備が進んでいます。

薪ストーブと薪今日はクリスマスイブですネ。僕は住宅展示場用地の件で阪神方面でした。

LOHAS STATIONは年末の休日にかかわらず多くの方にご来場いただいたようです。薪ストーブに絶好にシーズン到来もあって、ストーブにご興味のお客様が多かったようです。

今朝もAM7:30にストーブに火を入れました。いつもはキッチンストーブ「ピキャン」ですが、今日は炎の奇麗な「ドブレ」にしました。

Hidemi工房製の薪キャリアにクヌギの薪2束と建築残材の薪2束をのせて駐車場の薪棚より運びます。PM8:00に帰社して、薪を確認したら.それぞれ1束づつの計2束で12時間燃焼でした。

以前の事務所では1日18Lの灯油をファンヒーターで使っていましたから、90円×18Lで1620円の消費でした。

建築残材の薪はタダと思えば、クヌギ薪1束分で一日暖かく過ごせました。

ドブレもピキャンもほぼ同じくらいの消費量です。

灯油の高騰もあり「薪ストーブ」はかなり安価な経費の暖房器具と云えます。

今日も10組近くのお客様にご来場いただき、薪ストーブ、夜間蓄熱床下暖房、スチィーベルなどのエコ暖房器具を体感いただきました。エコ暖房器具の経済性と快適性をご理解いただけたら幸いです。

 

梶川上棟美作市川北(旧作東町)の小高い丘の上にイノスの家が上棟いたしました。


今日は朝は少し冷え込んだものの暖かく穏やかな上棟日和でした。角田棟梁、佐藤監督の段取りのもとに手伝いの設備屋二人を含め総勢10名のスタッフで


梶川骨組


頑張ってもらいました。40坪弱でしたがお昼前に棟が上がり、3時の休憩までには間柱、筋交いまで入りました。


3時からは末元設備助っ人部隊(2名)の育さん(左)


梶川末元マー君(右)が電動インパクトドライバーでネジ止め開始です。バリバリバリ・・・・一箇所当たり何十本の作業です。柱用のビスと筋交いビスは長さが違い選びながらの作業です。もし、間違えたらビス頭の色が違うのですぐわかります。住林さんの細かい配慮にも感心させられます。


新築現場の上棟には設備屋さんも手伝いに来てくれます。


大工も設備屋・・屋根屋さん・・・みんな気軽に手伝います。


5時には屋根の防水フェルトも張り終えた上に、筋交い・間柱・窓台・マグサ・金物まで終わってしまい工程以上の成果でした。


職人さん同士のコミュニケーションも上手く行ってるようです。こないだの協力業者忘年会の成果もあったのかな~~と思いたい一日でした。


これからもチームワークを大切に楽しく家創りをして行きたいと思います。


                                       感謝!!


「共働」共に思いを一つにして働く


 


川崎キッチンR


対面L型キッチンの川崎邸はご主人が有名温泉旅館の板長さんのお宅です。キッチンスペースが通常よりかなり広めです。ご主人がお友人を招いて腕をふるえるスペースを確保したからです。


完成後は僕にも腕を振るってもらえるのを今から


K川崎


楽しみにしています。


対面カウンターの上はフルオープンでキッチンに向かうとリビングのテラス戸を通して町並み、田んぼ、高速、遥かお山まで一望です。


アーチのたれ壁は鏝先の魔術師「マーちゃん」が珪藻土で仕上げてく川崎外観途中れます。


棟飾りはHidemi工房の逸品です。


黒に塗られたKが白い壁に映えています。


屋根のグレーの濃淡の乱尺瓦も変わっていて


個性を引き立てます。


今日は大工さん工事の終わりが近いので大工工事検査に行ってきました。


30歳前後の兄弟大工さんでしたが小さな所まで丁寧に施工されていて感心しました。


僕の検査にビクビクしてるようで、少し気の毒だったですが「表彰ものだよ!」の言葉に喜んでくれてました。


お客様は若い大工さんだと不安がられる方もおられますが、やる気と根気とセンスが有れば年齢はあまり関係ないと思ってます。


今回の経験で次の現場も上手くやってくれると確信できました。若い職人さんの熱心な姿を見られるのが楽しみです。


お客様に自信を持ってお届けできる大工工事でした。  感謝!!

加湿器ついに加湿器導入しました。


薪ストーブと蓄熱床暖で22~23度前後で、足元からぽかぽかと快適な温度環境にはありますが・・・・室内の湿度は38%・・非常に乾燥しています。


ストーブにやかんの蓋を開けて置いていますがあまり効果が上がりません。


「お肌がカッピ、カッピじゃー!なんとかしょうやー、ほんまに肌がヒリヒリするぐれーじゃけん!」とストーブに面した受付の席で事務を執るTeruちゃんも大変そうである。早速に電気屋さんにサンプルまで手配してありました。


朝9時頃から運転開始!もう2回も給水しましたが18:00で、まだ湿度41%です。でも、Teruちゃんも「だいぶましんなったでぇ~」(だいぶよくなたよ)って言ってくれて導入の甲斐がありました。夜中加湿すれば湿度の上昇も期待できます。


でも、無垢の床、梁、珪藻土塗り壁など吸湿部分も大分あるので安定状態に戻すのは時間がかかりそうです。

志茂玄関


今、小林工業は手作りの家創りのイメージが強くなってきました。お客様、一人一人の個性を大切にしてきたからかも知れません。


左写真は展示会で大好評だった作品です。玄関はジョリーパットでこて塗り仕上げしています。コテ模様の良し悪しが仕上がり具合を大きく左右します。


写真2枚目は僕が高校時代からの友人で(向こうは思ってないかも?)小林工業の専属左官のマーちゃんです。高校時代からのアイパーは今もトレードマークです。ボンタンの学生ズボンは寅一のニッカポッカに変わりましたが・・・いまだに硬派は通しています。


下山左官


左官の腕は県北一と誰もが認める腕前で「コテ先の魔術師」の異名をとるほどです。


ちょっと褒めすぎかも・・・


左官小村下の男前は一番弟子の小村君!石の上にも3年とは言いますが、鬼親方の下で定規で叩かれながらも10年以上耐えて親方に肉薄する腕前になりました。


今、光触媒の塗り壁材で外装する現場が増えてきて、左官さんの腕前に感謝の日々が続いています。みんなで楽しく家創り!!感謝!!

2006年12月20日 | | 2件のコメント

森川鉄骨完了

森川製作所㈱の岡山工場の新工場棟新築工事が着々と進んでいます。

設計から施工まで小林工業で一貫して行っています。一棟に見えますが、実は二棟になっていてレールに乗った貨車で横移動するようになっています。

               工場森川機械基礎でも、家相から採光、通風、将来の増築まで検討してPLANしております。

写真は内部の機械基礎です。以前に紹介いたしましたが最新の五面加工機が二基設置され大型液晶テレビを組み立てる自動化設備が加工、組み立てされる予定です。来年3月の竣工にむけて、小林工業の若手のホープ太郎君(監督)が頑張ってくれています。

この工場から出荷された製品が世界の亀山ブランドの工場で活躍してくれます。

この工場の設計も施工もKOBAYASHIブランドです。

 

2006年12月19日 | | 2件のコメント

大勢の方々のご来場をいただきました森藤邸「キュービックな家」完成見学会を無事終了いたしました。遠くは兵庫県よりブログを見て来て頂いた方まで・・本当に有難うございました。次回展示会は来年2月末頃を予定しておりますので楽しみにしてください。


入江棟飾り


写真は鏡野町で施工中の入江邸です。I の棟飾りを今日、取付しました。施主様にも立会いただいて位置確認してもらいました。


カワイイイイィィィ・・・と喜んでいただいて僕も嬉しかったです。感謝!!


入江フラワーBOX写真左に写っていますのがアイアン職人のHidemiちゃんです。嫌がってのけぞった所を撮らせてもらいました。いつも、僕がチョークでデザインを鉄板に書いてそれに合わせて作ってくれます。世界に一つだけの棟飾りです。


下側の写真はフラワーボックスですが、これも「Hidemi工房」です。一本一本の鉄筋をガスで炙って丸めてあります。思いのこもった逸品です。足場が外れたら風呂場の窓格子とお庭のフェンスも手作り品が納められます。世界に一つだけの家が出来ています。

今日は森藤邸完成見学会二日目  大勢の皆様にお越しいただきありがとうございました。

遠くは兵庫県上郡町から2時間もかけて来て頂いて光栄です。

上郡町の展示会にお越しいただいた方にもご招待状を送らせていただこうかとも思いましたが、・・遠方なので・・ご遠慮させていただいておりました。

でも、ブログを見てご来場いただいたと聞き感謝しております。多数のご来場者で満足なご説明も出来ませず申し訳なく思っております。有難うございました。

湿度計写真は小林工業ロハスステーションの温湿度計です。室温23℃ 湿度38%です。うちの事務所部分はエナーテックの蓄熱床暖房で蓄熱コンクリート温度35℃で1階事務所部分を暖房しています。外気温0度で室温19度程度の暖房が出来ています。足らない部分はロビー喫茶コーナーの薪ストーブで加温しています。

やかん

常時23℃ぐらいの室温を保っています。

薪ストーブからの遠赤外線効果で快適な空間になっております。

ストーブを焚きだして一ヶ月あまり・・空気を汚さない

               エコ暖房の問題点も見つかってきました。

シクラメンそれは空気の乾燥です。現在の湿度38%でかなりパシパシ状態でコンタクトの方はつらいようです。

電気式の加湿器も考えていますがエコを推進中ですから、何とか自然な加湿方法として 1.やかんで湯を沸かす。 2.植物にタップリ水をあげてみる。などの実験をしていますが。あまり加湿できていません。去年の事務所は灯油ファンヒーターで毎日20L焚いていましたが、湿度バランスは問題ありませんでした。灯油が燃焼すると水分が出来ていた為だと思います。

明日からはもっと大きななべをストーブに載せてみようと思っています。

エネルギーを消費しないで簡単に加湿する方法は無いでしょうか・・・

ロハスステーションでは蓄熱暖房や薪ストーブなどハイテク暖房からアナログ暖房までそれぞれ利用して快適性とコストバランスの実験をしています。

色々な暖房方法を実際に体験にお越しください。

ロハスステーションは湯郷からR374を南へ5km地点です。ご来場をお待ちしております。

2006年12月17日 | | 2件のコメント

今夜は湯郷温泉で弊社のご愛顧いただいている「リゾートイン湯郷」で

日頃、ご協力いただいている協力業者さんと望念会でした。

弊社の設計担当、監督、営業担当者もそろってワイワイ、ガヤガヤの楽しい

忘年会となりました。日頃は現場で素面の付き合いですが、酒が入って楽しく

意見交換が出来てよかったです。

でも・・・・小林工業の社長は仕事に厳しい人・・・って評判らしくて・・

職人さんも小林の仕事をしてるのはかなりのプライドらしいです。

申し訳ありませんね

必要以上に厳しいのは嫌ですけど、お客様にとって一生に一度の

大事業だから「悔い無き一棟」を届けたい!!その想いから職人さんにお願いしています。

ただ、お客様に喜んでいただける家を建てたいと思う!

今日も津山市川崎(東津山駅裏の加茂川沿い)で完成見学会です。

真心込めて創ったキュービックな家をご見学にお越しください。

 

 

b2c1769a.jpg

いよいよ明日から「キュービックな家」の展示会となりました。


今日、昼過ぎに会場となる家に入ってびっくり!!


リビングに入るなりぽかぽか温かい!!心地よい暖かさ??


しまった!!床暖のスイッチ切り忘れていた!!と思い、床暖コントロールパネルを確認してみても「スイッチOFF状態」!!


同行の女性スタッフと床に手を当ててみました。どうも床暖ではなさそう・・・


どうも犯人は陽光のようでした!二階の南面に夏の日差しを抑えるように深い軒とベランダを設けていますが、大きなテラス戸を設けています。一階LDKも同じですが、冬の陽射しが室内の奥まで入り室温を上げてくれたのでした。そして、新世代の吹き付け断熱材のお陰で保温状態になったからです。


自然の力、「陽光」のお陰です。夏の陽光は真上からになるので室内に差し込まないようになります。


ドイツでは人工的なエネルギーに頼らず、自然のエネルギーを上手く活用して快適に暮らし方として「バウビオロギー」がすすんでいます。


小林工業のキュービックな家にもいかされています


明日からの展示会にお越しください。スタッフみんなでお待ちしております。

森藤邸断熱2


森藤邸完成見学会12月16日から18日の開催です。


森藤邸は構造見学会を行いたかったのですが、スケジュールが取れなくて残念でした。本当は骨組みこそ見ていただきたい部分なんです。 小林工業の家創りは見えない部分をキッチリと良い仕事をするのがプライドです。


森藤邸断熱1


左の写真は森藤邸の浴室部分の壁、天井、土間コンを吹き付け断熱した状況です。浴室はユニットバスを組み立てますが、その周りを独立させて断熱すると浴槽にお湯を張っただけでユニットバス全体が温まってきます。寒い冬こそ違いが体験できますが、実際ココまでやっているのはイノスの家ぐらいでは無いかと思います。過剰品質と言えばそれまでかも知れませんが、住んでいただいて、寒い日にお風呂に入っていただければ造りの違いを確信いただけると思っています。


森藤邸の完成見学会では見えなくなった部分は写真で確認いただけるようにパネルを用意します。


真心込めて創った家を是非見に来てください!


森藤邸「キュービックな家」12月16~18日津山市川崎JR東津山駅裏加茂川沿い


お待ちしております。


 


 


 

小林工業のルーツは鍛冶屋なんです。明治24年の正月に家出して鍛冶屋の修行に入り、明治35年に海田で鍛冶屋を創業したのが小林工業の始まりです。


川崎邸k


ですから、鉄をアブって曲げたり、尖らせたりするのは100年以上の歴史があるんです。


僕自身も中学校の夏休みに刀鍛冶だった、お爺ちゃんに弟子入りして日本刀を作った経験もあるんす。


入江邸窓格子今、こうしたアイアンの加工は何十年の経験を持つ社員のHIDEMIさんが小林工業の工場内で加工してくれています。デザインは僕がチョークで鉄板の上に原寸でイメージを伝えます。それを実際に形にしていくのがHIDEMIさんの匠です。材料は鉄筋を主に使いますが、思いを込めて作ると風合いが出来てくるから不思議です。実際にガスバーナーでアブってハンマーで叩くから槌跡が残って手作り感は十分です。


入江邸フラワーボックス


一番上のKは川崎邸の棟飾りです。


二番目は入江邸のお風呂の窓格子です。


一番下は入江邸のフラワーボックスです。


どれも、手作り「HIDEMI WORKS」の作品です。


KOBAYASIでないと創れない家がココにあります。


入江邸は完成見学会を予定しています。出来上がりを見に来てください。


 


 


 

2006年12月13日 | | 4件のコメント

bbe447ca.jpg

キュービックな家も完成し、見学会のチラシも出来上がりホームページに掲載しました。今回のチラシも自社でイラストレーターを使って製作しました。今回のチラシはみどりちゃんの笑顔に加え、僕の写真も登場しちゃいました。笑顔に自信が無いのでどうも苦手ですが、ひきつった作り笑顔を楽しんでください。顔写真は頭島の船着場で民宿から酔っ払って歩いてたどり着いた時の写真です。いつもはもっと凛凛しいはずなんですが・・・・・・お恥ずかしい・・・


今回のチラシはウンチクシリーズになっています。チラシを読んだら会場で説明はいらないくらいです。しっかり読んでイメージを膨らませて来場頂けたら嬉しいです。


写真はLDKと和室のつながりを表現しています。それと、リビング階段とペットコーナーそして、可愛い建具類も見ていただきたい部分です。床暖の快適性とか大引き天井、珪藻土塗り壁の快適性も体感していただきたいです。


JR東津山駅の裏側です。下水処理場の公園の近くです。外観デザインも洗練されてますが、内部も楽しいですよ! 12月16~18日のご来場を楽しみにしています。


 


 

7e621cc8.jpg

今、小林工業土木部隊は下水道本管工事をしています。


ブログをご覧の皆さんは小林工業=イノスの家と思って頂いている事と思いますが、じつは、本格的な土木工事もしているんです。岡山県の入札ランクは土木も建築もAランクなんですよ。昨年は美作~岡山間の高速道路の橋脚工事もさせていただいた実績もあるんです。でも、この頃は家創りにはまってしまってイノスの家が本業になりつつあります。


写真は美作市海田で下水道工事中の写真です。ちょうど休憩時間で缶コーヒーブレイクしている様子です。写真中央が僕の弟で、我家の前あたりを施工中です。海田の晩秋の山が見えています。


土木・建築・鉄工所・不動産・雑貨からカフェまで、何でも興味があって、何でも仕事にしてしまってるみたいです。でも、やっぱり僕にとっては家創りが一番楽しい仕事です。頑張ります!!

2006.12.10-1


今日は小林工業の家族望念会を兼ねて瀬戸内の小島「頭島」の民宿中本さんへみかん狩り行ってきました。


展示会のスタッフをしてもらってるバイトさん、いつも社員家庭を守ってくれている奥様、子供さんたちも参加してもらってワイワイ・・キャーキャー・・楽しい家族とグビグビ酔っ払うお父さんたちで小春日和の一日を楽しんできました。


2006.12.10-2


みかん狩りは三十数年前の子供の頃「子供クラブ」で何度か来ましたが、その頃はすっぱくて美味しくなかった思い出でしたが、今日食べてみたらかなり甘くて美味しかったです。管理のお母さんに聞いてみると、何でも、みかんは木が大きくなるにつれて甘くなるらしいです。


フムフム・・人も同じかなー・・うちの親父も昔はすっぱかたけど、この頃甘くなたなー・・・そう言う自分ももっとまろやかにならなければ・・・・・反省!


2006.12.10-3写真中央はいつも元気なJUNちゃん!木登りも得意です。日当たりも良い高い枝から美味しいみかんを有難う!


みんなで楽しい望念会で今年を反省し、来年の希望を念願しました。 今年に感謝!来年に希望!

2006年12月10日 | | 8件のコメント

c38b988d.jpg

昨日は北近畿地区(舞鶴・豊岡方面)広島地区よりバスでご見学隊が来られました。JCの先輩や、うちと同じように鉄骨から住宅に転向された方などイノスを通じて交流が広がりました。

忘年会会場は弊社がただいま建築中の川崎邸のご主人様が板長をされている温泉旅館でお世話になりました。予想を遥かに超えるご馳走に「一同感謝」でした。

予定通り忘年会も盛り上がり一次会~二次回・・・とお決まりのコースをたどり・・タクシーも無くなり・・いつもの居酒屋珍竹林のママちゃんに家まで送り届けてもらいました。いつもながら感謝です。

呑むんじゃなかった!!と反省するのはいつも目覚めの瞬間から始まります。酒臭い・・・気持ちわり~・・・ 何で呑んでるときに反省できないのでしょうか?そしたら少しは控えるのに・・

今日は来年1月着工予定のお客様と水周りの確認に岡山のINAXショールームへ打合せに、その後、ホームシアターの打合せに専門ショップAC2さんに行ってきました。最新のホームシアター200インチの試写会も体験させていただきました。

戦闘機とミサイルのバトルシーンでしたが臨場感はすさまじく手に汗握り、脂汗まで流れるほどで、映画館の数倍の迫力で二日酔いも数倍になってしまいました

今回のお客様は太陽光発電&蓄熱暖房&ホームシアターで持続可能なLOHASな住宅です。6月末頃の完成が今から楽しみです。

373baebe.jpg

今日は住友林業イノスグループの皆様が近畿地区、広島地区からLOHAS STATIONと弊社施工物件の見学に来られ、その後、湯郷温泉で合同忘年会です。多くのイノス会員の方に注目いただくのは光栄です。また、遠方から来ていただくので、出来るだけKOBAYASHIらしさをみて頂けたらとも思っていますが、津山で開催する展示会直前準備の最中なので、ご満足いただける案内が出来るかどうか心配です。上郡の高見邸、ロハスステーション、森藤邸の順に見学の予定です。各地の会員さんから色々なご意見いただけるのが楽しみです。 感謝!

PS・今夜は呑みすぎて書き込み出来ない事態を想定して早めにさせていただきました。

写真は12月16~18日に津山で展示会予定の森藤邸です。

6159ef92.jpg

津山市で建築していました「キュービックな家」が完成しました。明日の美装で完了です。


内部LDKの写真です。広々とした空間は梁を表しにした大引き天井で高さも十分です。内壁は自然素材の珪藻土塗り壁でナチュラルに仕上げています。


ココは僕のプランです。近代的なデザインと自然素材に高断熱仕様&床暖で快適な空間となりました。是非、見て頂きたい一棟です。

c9ed55ff.jpg

この頃、毎朝霜が降りるようになりました。毎朝、最低気温は氷点下前後です。


我家でもファンヒーターと掘りごたつで寒さをしのいでいます。給油は大変ですよね。臭くなるし・・・・アレって嫌ですよね!そして、石油ストーブもファンヒーターも部屋の空気を汚すし、結露の原因にもなります。


何とか良い暖房はないかあ?しかも経費のかからない物?


小林工業のLOHAS STATIONでは快適エコ生活の実験をしています。


まずは断熱性能を高めた上で「夜間蓄熱床下暖房エナーテック」体感実験を行っています。事務所部分の床下と自然素材の部屋で体感できます。足元から暖めるので体中ぽかぽかしています。


そして「薪ストーブ」はキッチンストーブと炎の奇麗なドブレを設置しています。薪ストーブは室内の空気で燃焼して排気は煙突で屋外に出すので空気を汚さず快適ですし、その上、ストーブから出る遠赤外線効果で体の芯から暖まります。燃料が石油でないので二酸化炭素の抑制にも貢献できます。


そして、今日から「夜間蓄熱暖房器スチーベル」の体感実験が始まりました。欧米で暖炉の余熱をヒントにコストの安い深夜電力でレンガを暖めて一日中かけて放熱するものです。暖房器からは温風も出ますが、暖房器自体60度くらいになり遠赤外線を放出するので、面する部分の壁・天井までまろやかに暖めてくれます。蓄熱床暖房も非常に快適ですが、イニシャルコスト面ではスチーベルに軍配が上がります。


お客様の要望に合った暖房器具を検討する為にも快適性とコスト面の実験を始めました。これだけの暖房器具が体感できる場所はココだけ思います。是非、体感にお越しください。

6cfc864a.jpg

毎日、バタバタと時間が過ぎていきます。気がつけば12月も5日になっています。暇が嫌いで次から次へとイベント事を計画してしまう僕ですが、もう少しゆっくりしたいこの頃です。


気が付くともうクリスマス前なんですね。我家は長女は22歳で海外で暮らしています。次女は大阪です。17歳の長男は高校二年で塾通い。サンタさんもうちには来てくれそうもありません。


でも、植物はしっかりクリスマスを知っているんですね。写真はロハス ステーション ガーデンのクリスマス ホーリーです。必ずクリスマスケーキの端っこに突き刺してあるアレです。なんでも「西洋のヒイラギ」らしいです。赤い実が色付いてクリスマスサインを出しているようです。


12月16~18日のキュービックな家の展示会、23日の梶川邸上棟を無事おえてやっとクリスマス、年末モードに入れそうです。

2006年12月05日 | | 1件のコメント