小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記

昨年秋から手掛けてきた「ロハスなお米作り」も終わりました。

昨日はお昼からお休みをいただいて・・・

籾摺り作業を行いました。

籾摺り作業とは・・・「モミ」から玄米を取り出す作業の事です。

昔の人は「トース」とも言ったりします。

コンバインから出てきた「モミ」を乾燥機で乾燥させて・・・

含水率が14.5%になったら

籾摺り機械を使って玄米にします。

今回は家族+次女+姉の家内作業で行います。

2014091814490000.jpg

今年からは最新式の籾摺り機械セットになったので・・・

自動運転・・・自動計量・・・なので・・・

人の手はお米の袋を封する作業と・・・

冷蔵庫への運搬・収納くらいでした。

昨年秋から・・・レンゲを育て・・・牛糞を加え・・・耕耘

水溜め・・・田植え・・・暑い中での除草作業・・・鹿との戦い

コンバインでの刈取り・・・

一年間でも沢山の汗と思いでが得られました。

籾摺り作業が完了すると・・・・

みんなは籾摺り機械の後片付け・・・

私は・・・・

2014091817150000.jpg

精米機を分解して・・・大掃除と整備です!!

早速!!籾摺り完了した玄米を精米して・・・・今夜食べたい!!

隅々まで分解清掃したので新品同様になりました。

夕食には早速!!新米の「銀シャリ」を食べました!!

レンゲベースの有機栽培のお蔭でしょうか???

いつもの御飯より・・・甘い!!

噛めば噛むほど甘みが増す御飯です!!「うめ~~~え!!」

さすが愛情込めた「ロハス米」です!!

まもなくショールームでも5kg単位で販売の予定です!!

お楽しみに!!

昨年秋のレンゲの種まきから始まったお米作りですが・・・

5月28日の田植え・・・

雑草との戦いで・・・除草機まで購入

今日、9月8日はいよいよ刈取り!!

2014090811540000.jpg

黄金色に色着いた田んぼをコンバインで刈り取って行きます。

運転は我が家の長男

夏休みで帰ってたのでお願いしました。

今年は・・・毎日のように田んぼに通って丹精込めて稲作したので・・・

収穫の期待も大きいのですが・・・

しかし・・・今年は夏場にお天気が悪くて・・・

日照時間も例年の半分程度だったので

稲の成長ももう一つのようですが・・・

土用干しと・・・田んぼを乾かし気味に育てたので

足腰の丈夫な稲に育ってくれたお蔭で・・・

今年は倒れる事無く安心して稲刈り作業させて頂きました。

今日、刈り取った籾は全自動乾燥機に入れられて

送風モードで風乾燥させる予定です。

本来は灯油によるバーナーで短時間で乾燥させるのですが・・・

出来るだけ自然に・・・風だけでと考えています。

今週は見学会も有るので・・・

来週、月曜日くらいに籾摺り作業して玄米にしたいと思います。

美味しいレンゲと堆肥の減農薬栽培のお米は小林工業の事務所で販売しますので

お買い求めください!!

久しぶりの稲作り報告です!

レンゲを育て・・・

牛糞をまいて・・・

有機肥料と海田川の清流で育てた「秋田小町」も順調に育っています。

2014081912390000.jpg

育つほどに・・・「こうべを垂れる稲穂かな」

稲穂に土中から吸い上げた養分を蓄えて・・・

立派な稲穂となりました。

黄金色になるには・・・あと三週間くらいでしょうか?

私の稲作りの先生によると・・・

刈取り2週間前から田んぼを干す作業に入るそうで・・・

田んぼに水を溜めるのはあと一週間だそうです。

田んぼには・・・水を溜めては・・・自然に乾かして

また、水を溜めて・・・自然に水を引かせて・・・

の繰り返しで稲の根っこの部分を活性化する方法をとってきましたが・・・

今回が最後の水溜めとなりそうです。

予定では・・・三週間後程度が刈取りです。

稲が順調に熟れて・・・

稲が倒れないで収穫を迎えたいと願っています。

2014081912410000.jpg

田んぼの周辺にはイノシシやシカが入らないように電気柵を巡らせているのですが・・・

雀たちにとっては丁度良い止まり木のようです。

早速・・・実りかけの稲穂をご馳走にしているようです!!

「育てた僕もまだ食べてないのに!!」

でも・・・有機栽培のお米は美味しいのでしょうね!

台風に遭わず・・・三週間後には順調な刈取りが出来きますように!!

梅雨も明けて猛暑の季節がやってきました!!

30度を超える猛暑と・・・夕立(スコール)

稲が最も育成する時期を迎えました。

稲の成長に合わせると少し遅れた感が有りますが『稲の土用干し』が完了しました。

2014072112580000.jpg

子育てもお米作りも少し似た所があると思っていますが

優しく・・時に厳しく稲作りを楽しんでいます。

稲は最も暑い時期に必要とされる『水』を絶ってしまいます。

これが『土用干し』

稲は炎天下で水分を絶たれることで・・・このままでは枯れてしまうので広い範囲に『根』を伸ばそうとします。

根を伸ばす事で養分を吸い上げる力が増して丈夫な稲に育つそうです。

また・・・土用干しして田んぼに『ひび・割れ目』が入る事で土中のガスが抜けて養分を吸収しやすくなるそうです。

田んぼが乾ききって・・・運動靴でも入れるようになった今日

大きく育ってしまった『雑草』を引き抜いて処分です。

私はお昼休みの1時間頑張ったのですが・・・

田んぼの1/4程度しか進みません。

残りは本日が休日の娘婿、YOZA君にお願いしてしまいました。

申し訳ありません!!感謝!感謝!!

これで・・・土用干し作業を完了して

今夜から新鮮な水を田んぼに導きます。

土用干しでしんどい思いをした『稲』もたっぷりと水を吸い上げて美味しい『稲穂』を実らせてくれる事でしょう。

2014072112590000.jpg

青々とした田んぼに穂が出て・・・稲の花が咲くのもまもなくでしょう。

これからは田んぼに水を張っては水を引かせて乾かし・・・また張って・・引かせて・・

足腰が健康で体力のある稲に育てる『水調節』が大事のようです。

台風にも負けない、安全で美味しいお米に育ちますように!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週の火曜日はお休みをいただきました。

休日にはどうしてもやりたい作業が・・・

去年の秋から取り組んでいる「有機減農薬栽培のお米」の除草作業です。

お米作りの作業の中で最も大変なのが「除草作業」

エ?って思われるかもしれませんが・・・

耕耘作業はトラクター、植え付け作業は田植え機

収穫作業はコンバイン、勿論、乾燥・籾摺りも最新の機械がやってくれます。

なので・・・除草作業が一番大変な「除草作業」となってしまいます。

人力で稲の列の間を押して行きます。

以前の人力除草機は50年前の骨董品で非常に重たかったのですが・・・

最新式の除草機を購入してみました。

重量はアルミ製で以前の5分の1くらいになりましたが・・・

田んぼの中を人力で押して行く作業は今まで通り・・・

20cm位水田に足が埋まり込みながら押して行きます。

2014070911080000.jpg

除草剤を使えば雑草は枯れて・・・こんなしんどい作業はしなくて良いんですが・・・

でも・・・稲はその除草剤入りの水を吸い上げて育つんです。

勿論、農薬は人体に害がないように製造されてるんですけど・・・

我が家の田んぼは除草剤を使わず人力の除草作業を行っているので

オタマジャクシも異常発生的にウジャウジャと育っています。

人力除草機を押す作業はとてもハード!

学生時代のアメリカンフットボールの部活動を思いだすくらい・・・

でもこれで・・・「美味しくて安全なお米に育ちますように・・」

祈りながら作業します。

これから猛暑の時期に入ります。

水田の水を落として、田んぼを一時的に乾かす「土用干し」に入ります。

楽しいお米作りがしばらく続きます。

今年から「ロハスな米作り」に挑戦中!!

気温も上がって・・・

たんぼの土の中では堆肥とレンゲの成分が分解されて・・・

米作りの栄養素となっているようです。

稲も養分を吸収して緑も濃くなってきました。

日に日に成長が著しいようです。

しかし!!「鹿し?」

せっかく育った稲の若葉を「鹿」に食べられてしまいました!!

の写真でお解りでしょうか??

水面から上の部分の稲の若葉が食べられています!!

鹿の侵入を防ぐ為に高さ2m位のフェンスを設けているんですが・・・

網とトタン板の隙間から入ってきたようです。

広い田んぼの外周のほんの一部の隙間なんですが・・・・

しっかりと見つけて・・・

そして・・・食べたらその穴からお帰りのようです。

鹿って賢いですね~ 「馬鹿・バカ!」ってのは間違いのようです。

2014062510300000.jpg

こんな食べ方を二か所もやられて・・・悔しい限りです!!

早速!針金で穴を埋めました!!

今度は大丈夫でしょう。

 

そして・・・もう一つの悩みが・・・「雑草」

農薬に頼らないで・・・安心なお米

美味しいお米を作りたいと始めたお米作りですが・・・

早速!雑草に悩まされています。

稲の間には雑草が目を出し始めました・・・

一部では・・・草ぼうぼう

そこで・・・50年前の除草機が復活です。

 

2014062514580000.jpg

 

これは人力の作業機で・・・

これで稲の列の間を押すことで・・・雑草が土の中に押し込められるそうです。

53歳の私の幼少期に母親がやってるのを見た記憶が???

昔の光景を思い出しながら・・・田んぼの中を押して行きます。

稲の通りを踏まないように・・・

押してみるとかなり重たい!

泥んこの田んぼを歩くだけでも大変なのに

除草機を押して歩くとなるとかなりの重労働です。

私もみるみる汗だくになって・・・

自転車よりもかなり効率的にダイエット出来そうです。

鹿に襲われ・・・その上雑草にも襲われて・・・

想像以上に大変なお米作りを行っています。

安心・安全なお米作りは苦労の連続のようですが・・・

きっと美味しいお米になってくれると信じて頑張ります!!

ガンバ!ガンバ!!

 

5月27日に植えた「あきたこまち」も順調に育っています。

この時期から6月中は田んぼに水を切らさないように・・・

常にたっぷりと水を溜めておかないと雑草が生えるそうです。

なので・・・毎日、朝晩、田んぼの水具合を確認するのが日課となってきました。

2014060807140000.jpg

今月中に稲が育って・・・田んぼの地面に日がささないくらい成長したら水を減らしてもよいのだとか・・・

7月に入ると・・・一度、水を切って地面にひびが入るほど乾かしたのが良いのだとか?

ロハスな米作りでは「レンゲ」と「堆肥」のエネルギーでお米を育てようとしています。

現時点では・・・水が溜まった田んぼの土の中で「レンゲ」と「堆肥」が消化されて栄養分に変化している途中だとか・・・

その証拠に・・・田んぼの水面にボコボコとガスが噴き出ています。

なので・・・7月に入って田んぼを乾かしてひび割れさせる事で・・・土中のガスを抜くのだそうです。

そうすると・・・土に中に出来た栄養分がお米に吸収されやすくなるそうです。

そうして・・・7月8月で土中の養分が吸収されて美味しいお米に育ってくれるのです。

9月上旬には稲刈りの予定です。

農業用水の管理も大変ですが・・・

鹿やイノシシなどの野生動物の侵入対策も力がいるんです!!

すでに何か所か鹿が田んぼに侵入して植えたばかりの稲を踏まれたり・・・食べられたり・・・

今年は稲の実りを待たずに・・・今から防護柵も用意しました。

お米は・・・八十八日の手間暇をかけるから「米」と言う漢字なったそうですが・・・

ほんとに手間暇かかる作業を楽しんでいます。

水曜日は営業部の休日

私も休日を頂いて田植え作業をしました。

田植えは稲作の中でも作業量も多く「一大イベント」となります。

新庄村で暮らす長女

近くに暮らす次女も

それぞれお友達にも声掛けして田植え作業を手伝ってくれます。

あらかじめ「代かき」して田んぼを水溜めして滑らかに耕していますが・・・

どうしても高さにまばらな所が出来るものです。

田植え作業前に長女が田んぼに入って・・・

高いところから・・・低くなったところへと均してくれます。

2014052810290000.jpg

田植え機械の運転は私の係

元々農機具販売店だったので・・・田植え機も得意です!

植えたばかりの苗を水(波)で倒さないように・・・

水田の水は少なめで作業します。

2014052811250000.jpg

お昼のお弁当は・・・

海田川の清流のほとりに立つクルミの木の木陰で・・・

川面を渡る清々しい風と

海田川の水音

美味しいお弁当ですが・・・さらに美味しくいただけます。

2014052811380000.jpg

82歳になる父も参加して・・・楽しい田植えも終わりました。

明日からは水田の水管理が始まります。

加水してはゆっくりと自然に水をひかして・・・

難しい水管理が始まりそうです。

いよいよ稲作本番を迎えます。

今日は日曜日

休日はお客様との打ち合わせがタップリ入るのですが・・・

今日はPM2:30で重要な打ち合わせは終了

後はそれぞれの担当で頑張ってくれるとか・・・・

私は時間が出来たので・・・農作業に入ります。

今日は田んぼ周辺の草刈りから始まります。

田んぼに水が溜まって草刈りがしにくくなる部分は今のうちに刈っておきます。

そして・・・水田周辺の草刈りですが・・・

田舎の常識では・・・田んぼの隣を通る農道と小川の土手の草刈りは田んぼ所有者の義務範囲

なので・・・我が家の担当部分だけ草刈りが出来ず・・・草が伸びていたのです。

でも・・・今日でやっと完了です。

2014051817250000

そして・・・農業用水の準備です。

今日はお隣の親戚「KANちゃん」の指示に従って作業します。

まずは・・農業用水周辺の草刈り作業。

そして・・・鍬で溝に溜まった土砂を掃除します。

延長は400mくらいでしょうか??

腰痛と闘いながら・・・慣れない鍬作業

途中で腰を伸ばしては汗をぬぐって・・・

学生時代の部活思い出しなが・・・

溝掃除が完了したら・・・

KANちゃんの指示に従って小川の「イデせき」

「イデせき」とは小川の途中を堰き止めて農業水利に水を導く作業です。

作業前はこんな感じ・・・

海田川の清流が流れています。

写真の左側の黒い鉄蓋が取水口なので・・・

ここに水を導かなければなりません。

2014051817240000

まずは右側のコンクリートの水を流している部分に板をはめてビニールシートで止水します。

そして・・・鍬で川底の土砂を板にかぶせて止水します。

極力、目の小さい砂をかぶせます。

2014051816110000.jpg

徐々に水位が上がって農業用水に清流が流れ込んで行きます。

作業で水が濁っていますが・・・

海田川は蛍が乱舞する名所として知られるように・・・

海田の山々に振った水が山林と里山で浄化されて清流となります。

美味しい水が美味しい酒を造ると言われますが・・・

ここ海田では清流が美味しいお米を育ててくれると思っています。

近日中に田んぼに水が入って・・・

「水溜め作業」→ 「代かき作業」→ 「田植え作業」と進みます。

今年は100%私がかかわってより美味しいお米に育てたいと思っています。

現在の予定では5月28日をお田植えイベントにしたいと思っています。

ブログをご覧の方で田植えを体験してみたい方はHPお問い合わせ欄からご連絡ください。

海田川のほとりでランチしませんか??

 

 

昨日は曇りながら・・・日差しも柔らかく・・・農作業には最適なお天気

レンゲも満開を少し過ぎて・・・最初に咲いた花には種が実っています。

2014051407440000.jpg

私のお米作りの先生「JA営農指導員」Kenちゃんのご指導によると

耕耘の最適時期だそうです。

綺麗に咲いたレンゲを耕すのももったいないですね・・・

でも・・・美味しいお米の為ですから。

トラクターの前から写すとこんな感じ・・・

トラクターの前輪は花に埋もれてしまいます。

2014051408490000.jpg

これだけ育ったレンゲは葉にも茎にも根にも養分を蓄えてるそうですが・・・

先日まいた「牛糞(堆肥)」と共に土の中に耕耘されて・・・

土中の微生物に分解されてゆっくりとお米の育つための養分に変化して行くそうです。

なので・・・稲が一番育成する7月初旬から稲が実る9月まで自然素材の養分で美味しいお米が育つ計画です。

建築もそうですが・・・何事も理論的に考えて行動したい私にとっては

お米作りは楽しい趣味になりそうです。

2014051409310000.jpg

作業の最後はトラクターでは綺麗に耕耘できない田んぼの角部分を小型の耕耘機で耕して予定の作業が終了です。

今年のお米作りの成果によって・・・来年からのお米作りの業態を決めたいと思っています。

安全で美味しいお米できて・・・販売ルートも確立出来たら・・・

それに合わせて規模を拡大したいと思っています。

私の暮す美作市海田地区は耕作放棄水田も広がって・・・里山の風景が壊れかけています。

私たちが生業として水田を守ることで地域の環境が修復され・・・

お米を買って下さった方も美味しく、安全な食生活を提供出来たらと思っています。

試験的ではありますが・・・「美味しくて安全なお米プロジェクト」は順調に進んでいるようです。

今年育ったお米も勿、論販売しますので・・・

予約販売となりますので購入を希望される方はホームページのお問い合わせ欄からお申し込みください。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

今日は日曜日!!

朝早くから活動します。

6時起床で我が家の田んぼで農作業です。

今年は有機・自然栽培で美味しいお米作りを目指しているので・・・

田んぼにレンゲ栽培して自然の力で田んぼに養分を蓄えます。

農協の営農指導員の方からの情報では・・・

レンゲ栽培で得られる養分はお米作り必要とされる60%程度だそうです。

残りの足りない部分は牛糞(堆肥)で20%程度補います。

なので・・・昨日のうちに2トンダンプで用意していた牛糞を朝の時間にまきたかったのです。

私1人では無理なので・・・

次女のお婿さん「yoza君」にお願いして手伝ってもらいます。

2014051106470001.jpg

朝、6時半から・・・牛フンまき作業です!!

私はダンプカーの運転係

朝露で濡れたレンゲ畑を巧みなドライブで進みます。

濡れたレンゲが滑ってなかなか思うように進みません。

yoza君は体育会系のマッチョな体でスコップを巧みに使って振りまきます。

IMG_0608

ふかふかのレンゲ畑にムラなく堆肥がまかれてゆきます。

天気に恵まれていたのでダンプカーがレンゲ畑を走れてラッキーでした。

もう1週間程度レンゲを育てたらトラクターで耕耘作業

私の予定では・・・レンゲの花の後に種を付けて・・・

それを耕耘しておけば・・・来年はレンゲの種まきをしなくてもレンゲが生えてき育つそうです。

トラクター耕耘の後は海田川の清流を田んぼに溜めて代掻き・・・田植えの予定です。

美味しいお米作りのプロジェクトは工程通り進んでいます。

9月中ごろには・・・有機自然栽培の美味しいお米が食べられそうです。

お米作り状況も随時ブログにUPしますのでお楽しみに!!

 

 

 

 

2014年5月11日 |