小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

今週末はゼロエネスマートハウス完成体感会

原発事故、地球温暖化対策などから自然エネルギーの大切さが見直されたり・・・

二酸化炭素削減に向けた省エネ・ECOな家作りに向かっています。

私たち小林工業でも自然素材を多用した省エネECO住宅に取り組んでいます。

img-422082710-0001こちらは美作市(旧作東町)粟井で新築させて頂いた

『ネット・ゼロエネルギー住宅』で

国土交通省の認定も頂いています。

小林工業はフレンチな住宅と思われがちですが・・・

今回はシンプルスタイル

まっ白い外壁はホタテ漆喰

サッシは樹脂サッシに遮熱ペアガラス

屋根瓦もシンプルな平板

太陽光発電パネルも違和感無く乗せられます。

『ネットゼロエネ住宅』とは・・・

家庭で消費するエネルギー量を上回る発電量が得られると言う事です。

なので大きな太陽光パネルを搭載すれば・・・って事にもなりがちですが

消費エネルギー(μ値)も決められた値まで下げなければなりません。

今回は4.86kwの太陽光発電エネルギーで十分に消費エネルギーがまかなわれる省エネ性能が得られています。

img-422082738-0001こちらはチラシの裏面です。

シャープ製のブラックソーラーパネルが屋根ピッタリに搭載されています。

この頃は屋根一体型の太陽光パネルの住宅も見かけますが・・・

屋根一体型は綺麗な屋根に見える反面・・・

建物の一部とみなされるので固定資産と判断されて課税されるようです。

私は屋根載せ型をお勧めしていますが、

屋根の上に載せるタイプだと・・・

・夏場、屋根に当たる太陽光を発電パネルが遮るので涼しくなる

・屋根と発電パネルの間を空気が流れるのでパネルが冷やされ発電効率の低下を防ぐ

・もしもパネルの不具合が生じても交換し易すくメンテナンスが容易

などの利点から・・・屋根の載せタイプをお勧めしています。

今回の作品は国が定める『ネット・ゼロエネ住宅の基準に合わせたノウハウ』が盛り込まれいて・・・

国が奨励するこれからの家創りが解ります。

4月27日(金)~29日(日)の日程で完成体感会を開催させて頂きます。

開催場所は美作市鷺巣(さぎす)721-2

美作市粟井中の交差点を右折・・・円福時さんの参道沿いです。

電柱看板やノボリでご案内しますが・・・・

カーナビに設定していただいたら嬉しいです。

新緑と山桜を楽しみながら田舎道ドライブしてみてはいかがでしょうか??

                   brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2013年4月22日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする