小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

吉日の日曜日

今日は着工に吉日となる日曜日

御施主様のご都合や・・・・

神主さんのご都合もあって・・・

今日は地鎮祭の日曜日となりました!!

朝一番は勝央町へ

那岐山を遠くに望む「植月」で地鎮祭です。

DSC01462こちらは解体前の状態

大きな母屋

茅葺屋根を瓦にリフォームしてありますが・・・

かなりの古民家です。

大きな梁は釜戸や囲炉裏で燻されて

真っ黒くなっていました。

これから建替えられる新居の一部に使用できたら・・・と

解体途中に使えそうなサイズは預からせて頂きました。

どこか・・・アンティークな空間が作れたら使用したいですね。

IMG_6782雨模様も心配されましたが・・・

晴天の朝日を浴びながら地鎮祭が出来て嬉しい限りです。

強固な地盤ですが・・・赤土が混ざっていて

少しぬかるんでいたのですが・・・

御施主様のご好意で・・・

お父様が白いシートを引いてくださって

足元も心地良く地鎮祭させて頂きました!!

感謝!感謝!!です。

こちらのお家は住宅部分と美容院を併設したお家

なので・・・可愛らしさも大切な要素になります。

こちらは弊社の女性一級建築士のMandaiさんが担当

御施主様と思いを交わしながら・・・良いプランが出来ました!!

5月末の上棟にむけて工事が着々と進んでゆきます。

そして・・・もう一箇所は県南部赤磐市へ

DSC02421こちらも母屋の建替えです。

こちらはシニア世代のご夫婦が暮らされる平屋住宅になります。

こちらも古民家の建替えですが・・・

薪ストーブの付いたお宅なので

私の設計です。

住宅の中心はLDKでローカ無しでそれぞれの部屋に接続するようにプランしました。

リビング南側には大きなテラス戸を設けて・・・

内側には土間スペースを設けました。

冬の光は差し込んで土間スペースを太陽熱で暖めるのでエネルギーが蓄熱されてお部屋を暖めてくれます。

そして・・・土間部分には薪ストーブも設置されます。

家全体を穏やかに暖めてくれることでしょう。

DSC03192今日は風は有るものの穏やかな晴天

厳かに神事も執り行なわれました。

こちらは敷地が狭いので・・・

まず最初に浄化槽の設置から始まります。

真砂土の地盤は強固で水はけも良いので安心です。

明日からは浄化槽の掘削から・・・

順調に工事が進んで

5月末か6月始めには上棟の予定です。

ストーブの煙突が可愛らしいフレンチスタイルの平屋が着工しました。

どちらの作品もロハスな家の高い断熱性能とデザイン性が自慢のお宅

スタッフ皆の思いを結集して良い家に仕上げたいと思います! ガンバ!!

                   brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2013年4月21日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする