小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

現場が一番!

家創りとは・・・・お客様の夢をどれだけ叶えられるか

100%以上の完成度が条件になります。

想像以上を目指さなければプロフェッショナルとは言えないでしょうね。

お客様とは図面上で度々打合せは重ねてきましたが・・・

DSC00214形になるに連れて・・・現場で

実物を確認しながら詳細な寸法を決めて行きます。

現場では吹きつけ断熱工事が終了して

本格的に内装木工事が始まろうとしています。

ロハスな家は・・・御施主様の思いを100%以上叶えられる住宅です。

なので・・・細やかな打合せも必要になってきます。

DSC_0299こちらは玄関ホールに設けるステンドグラス

イギリスからお取りよせしたアンティーク物です。

壁の厚さを利用したニッチからステンドグラスを通して

ダイニングに明かりを届けます。

私 『高さはこんな感じ??もっと高い方が良い??間隔は??』

もっと上に・・・んんんん・・・そのくらいで・・・・

図面では決めにくかった・・・寸法は現地で確認です。

DSC_0307冷蔵庫横の壁面

リビングに向いたニッチにしましょう・・・

当初の図面打合せには無かった事ですが・・・

現場の進行に合わせて・・・イメージも膨らんできます。

実寸大になるようにコピー用紙を重ね合わせて

大きさと高さを決めてもらいます。

「もうチョッと上かな~~~~そんなくらい・・・」

こうして御施主様と一緒に家創りさせていただくのが

私たちの楽しい時間でもあります。

鏡野町でも可愛らしいロハスな家が出来ています。

                       brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2012年8月29日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする