小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

劇的リフォーム着工!(勝田)

小林工業が創る「ロハスな家」は全て長期優良住宅の基準をクリアした100年住宅です。

でも・・・認定機関への申請費用が必要となるために・・・税務的なメリットなどを考慮して・・・認定書を取るかどうかはお客様にお任せしています。

でも・・・大半のお客様からご依頼いただいて「長期優良住宅認定書」を頂いてる状態です。

そんな・・・長期優良住宅を昨年新築いただいた御施主様のご両親様から・・・・

「長期優良住宅と同様の快適生活に母屋をリフォームしてください!」

ってご依頼を頂きました。

P1000378
先日、私がお清めと仕事始めの儀式を済ませたお宅です。

天井も・・・

床も・・・内装も・・・取り払われて『骨組み』の状態まで進みました。

御施主様のご希望デザインは・・・

古民家風・・・

築30年の住宅のLDKには

「見せ場」になるほどの古材の丸太梁は使われていません!!!

現場担当のKanamori君から・・・

「現場を見てアイディアが欲しいんですけど・・・」

早速!!現場へ

基礎はシッカリしてるようで・・・床下部分の湿気も無いようです。・・・きっと埋立造成地なので地盤の水はけも良いようです。

「この柱は・・・添え柱を設けて丸太梁で補強すれば取れます!」

「その代わりに周辺の壁も補強して「耐力壁」を増やす作業も必要です。」

小林工業では家屋解体を請け負った場合・・・十分な強度のある「古材」は自社の倉庫に保管しています。

今回のお宅の補強を兼ねた丸太梁も古材を利用して・・・

リビングの力強いデザインにしたいと思います。

内窓・・ペアガラス・・高断熱リフォームも同時に行って・・・

ECOで快適なLDKに変貌します。

施工の様子もブログにアップしますので・・・お楽しみに!!

                    brank

地域に役立つ会社を目指して、津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2011年1月26日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする