小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

楽しい!快適!ECO生活!

津山市日上に完成した『ロハスな家』は今までに無い独創的な形


IMG_4335


大きな面積の片流れ屋根が特徴です


平屋を基本にプランしましたが、屋根勾配の上った部分に子供部屋とフリースペース&屋内物干しを設けました。


お客様の夢を現実にすると・・・・こんな形でした。


IMG_4334


南西側のウッドデッキ&パーゴラは西日除けを兼ねた物干しスペースでもあります。


大きな片流れ屋根の中央に開いた窓はオープン階段から1階LDKと2階フリースペースへ陽光を届けてくれます。


2階フリースペースからはこの窓で切り取られた山並みが「四季変化する風景画」のように心を和ませてくれます。


IMG_4343


外観から内部を想像していただけたらと思いますが


高い天井


降り注ぐ陽光


LDKと2階フリースペースが同じ空間を共有する開放感


今までの断熱性能では実現できなかった巨大空間も断熱技術の進歩で安心して取れるようになりました。


1階リビングのテラス戸から入った新鮮な空気は2階フリースペース窓から一直線に流れます。


広々・快適でECOなロハスな家をご体感にお越しください。


3月20日~23日の4日間 津山市日上の会場でお待ちしています。


 



地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2009年3月10日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

SECRET: 0
PASS:
ここ数年の断熱技術の進歩はすごいですね。
今までは「吹抜等の大空間は寒くてダメ」ということがありましたが、今では逆に広がり空間を取って家族のコミュニケーションを大事にしています。
そこに住む家族の関係も良くなりそうですね。

SECRET: 0
PASS:
きりん様
コメントありがとうございます。
次世代以上高断熱使用の場合、吹き抜けがあった方が家中ムラ無く温もります。吹き抜けと階段室の配置が快適の鍵にもなりますね。

コメントする