小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

蓄熱暖房機の電源入れました

今年7月に完成した「エコベーシック」仕様のお宅から電話!

お施主さま:「そろそろ蓄熱暖房機の電源を入れて欲しいんですが・・・」

私 : 「そんなに寒くなりましたか??」

お施主さま : 「そんなも寒くないんですが・・・電源を・・」

IMG_3253

価格を抑えて機能性を高めた「エコベーシック仕様」

無垢の床材は北欧パイン材で素足が心地良くって温かみがあります。

お施主様のお宅を訪ねたのは夜7:00過ぎ

外気温は12度程度・・・お家の中はかなり暖かい??

デジタル室温計は20度??

私 : 「朝は冷え込みますか??」

お施主さま : 「朝でも18度は有りますね~」

私 : 「蓄熱暖房機の電源入れると暑くなりすぎませんか??電気代もいりますし・・・」

お施主さま : 「電源入れてください・・お願いします」

脱衣室にある蓄熱暖房機のブレーカーをON 

蓄熱タイマーの時間設定を確認

深夜の蓄熱時間帯の時間設定も確認 

暑くなり過ぎそうなので・・・設定温度を15度に設定

「これでも暑くなりすぎると思うので・・・暑すぎる時は電源を落とすか・・窓を開けてください!!」

翌日の夜に室温状況を確認するために電話してみると・・・予想通り

お施主さま : 「やっぱり暑いですね~室温26度まで上がってしまいました。」

設定温度をもう3~4度下げてもらうようにお願いしました。

高断熱仕様のお宅ではまだまだ電源を入れるのは早いようです。

 


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2008年10月31日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

SECRET: 0
PASS:
そうなんですね!!
断熱を上げると熱が逃げない分、暑くなる(笑)
恐るべし!!
早く体感してみたいです。
今年の冬はお客様の家のレポートが出来そうです。

SECRET: 0
PASS:
蓄熱暖房機も外国製から国産まで色々有りますが、私はスティーベル党ですね。各電力会社で違う深夜電力割引時間帯に合わせる事が可能なのと、室温設定でファンが自動運転、外気平均温度で蓄熱量を自動設定など便利な機能とドイツならではの頑強なもの創りが好きですね~
南国鹿児島からの蓄熱暖房便りを楽しみにしています。

コメントする