小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

保険に入って無い家は引渡し出来ません!

「住宅瑕疵担保履行法」って一般の人には解かり難い法律が来年09年10月から施行(法律上の効力)されます。

これは姉歯一級建築士・不動産会社ヒューザーによる不適格な建築物が販売されて多くの市民が迷惑をこうむった事件により政府が対応して出来た法律です。

そもそも・・・住宅には建設業者によって10年間の瑕疵保証が義務付けられていますが・・・・業者によっては義務が果たされていない場合があるようですが・・・・

その為に「住宅瑕疵担保履行法」が始まることとなりました。

09年10月からは、いわゆる「10年保証」の保険加入または保証金の供託が義務付けられる事となります。

私の判断では09年10月引渡しの物件から始まることになるので半年くらい前の契約物件から・・・始まりそうです。

小林工業の場合は・・・・今の時点で全ての建物に第三者機関による「10年保証」を行なっており、保険加入しています。自社の監督による検査と私による検査・・・・そして第三者検査機関による構造検査によって厳しく管理・確認されています。耐震金具・ネジ一本に至るまで3回の検査で安心です。

ハウスメーカーの場合は自社検査・自社保証している場合が大半なので第三者機関による検査は受けられて無いと思われます。

私も仕事がら・・・他社の施行現場を見てしまって

「そんなのアリなの?」って疑いたくなるような施行風景を見てしまう事も良く有りますが・・・・

施主様の大半の方が建築に対して素人です。安易に建築業者の手抜き工事にだまされてしまってる方も多いと思いますし・・・・業者さんによっては手抜きに当たる施工と気付いていない場合も有りそうです。

しかし、来年10月の住宅瑕疵担保履行法以降は第三者機関の施工途中の2回の検査により手抜き工事の無い安心の住宅が提供される確率は高まると感じています。

住宅瑕疵担保履行法・・・お客様にとって安心できる法律として私は歓迎しています。

 


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2008年5月18日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする