小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

1年間で13,870円得するお話

電気代って高いと思いながら・・・もったいないと言いながらも・・・普通に使ってしまいますよね。

照明器具メーカーからのお話です。

「白熱電球の製造中止」を日本政府が地球温暖化対策の一環として表明しています。

60W白熱電球と同等の明るさを得るのに電球型蛍光灯なら10W~15Wと1/4の電力で済みます。

また・・ランプの寿命についても・・・

白熱電球が1000時間に対して・・・電球型蛍光灯だと6000時間から10,000時間と長寿命で省資源にもなります。

60Wの白熱電球を6っ箇所、一日6時間点灯した場合の電気代の比較です。

同じ明るさが得られる15W電球型蛍光灯にすると・・・・

一ヶ月 約3470円のお得・・・・一年で13,870円のお得・・・・

十年間にすると・・・12万6450円もお得になるんです!!

新築照明プランの時・・・

照明器具選びにも心がけたいですね・・・


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2008年4月06日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

SECRET: 0
PASS:
lohas-kさん、ご無沙汰しております。
『白熱電球の製造中止』のニュース、知りませんでした。
蛍光灯の方がランニングコストは小さくなりますね。
調光タイプの照明はどうなるのでしょうか?

SECRET: 0
PASS:
共同通信の発表をもとに昨年12月20日の地方新聞で報じられたそうです。
新聞発表では3年以内に・・・だそうですが、0~100%調光・・瞬時点灯・・耐点滅性などの問題も有って現時点では具体的な期限は決まっていないようです。

コメントする