小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

シンボルツリーの家

3月20日から23日の予定で完成見学会を予定している

「シンボルツリーの家」も完成間近です。

シンボルツリーの家

可愛らしい外観はおとなしいカリフォルニア調の色合いです。

完成に近づくにつれて・・可愛さが増してゆきます

でも・・・デザインしてくれた万代さんと・・・・

少し意見が合いません!!

万代さん 「木が植わって無いのにシンボルツリーの家って表現はおかしい!

私 : 「え~~!リビングに大きな大木が有るがん!!

万代さん 「ツリーって言えるのは根っこのある木だけでぇ~

私 : 「天然の美作桧の大木(大黒柱)から大きな枝が張り出しとるが~」

大木

万代さん:「そんなのおかしい???」

樹齢100年は超えると思われる天然桧の大黒柱がリビングから2階ホールを支えて、天井まで力強く延びています。

2階天井に張り出した桧の丸太は枝のイメージです

家の中で大木が家を支える・・・・

父親が家族を支えるようなイメージを表現しています

大木の下で家族が和む「シンボルツリーの家」って表現するのはおかしいでしょうか・・・・???

皆様からのコメントお待ちしています。

 


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2008年3月04日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

川村です :

SECRET: 0
PASS:
lohas-k様
シンボルツリーの家
ロマンテックな響きですね。
確かにツリーは根っこが生えている木の事を言うと思いますが、この大木には、心の根っこが生えているように思います。
家を支える大黒柱どこか男のロマンを、感じました。
では、またブログ楽しみにしています。
万代様は、本当に家をデザインされるのが上手いですね。
勉強になります。有難うございます。

SECRET: 0
PASS:
川村様
コメントありがとうございます。
嬉しいです・・・男のロマン・・
理解していただいて・・感謝!!

SECRET: 0
PASS:
お客様は、「うちの家ってどう言った事でこうなっているの??」みたいな事を思ってらっしゃいます。
したがって「お客様のご要望通りに・・・・」は禁句です。
お客様は理由が欲しいし!!人のせいにしたいんですね!!そうすることで、責任を回避できる。
面白いです。よって、「シンボルツリー」が合ってるかどうかではなく、お客様への思い、家の思いを素直に伝えることではないでしょうか!!
「この柱は、シンボルツリーでね、建てた人がこだわった柱でね・・・・・」
が、一番ですね!!
「あの家は家の中にシンボルツリーの柱があるのよ。凄いわねー!!」
て、なるでしょうから。
お客様は、嬉しいはずです。

SECRET: 0
PASS:
lohas-k社長様
私なりのシンボルツリーは、家創りであれば、その家にあってのシンボルとなる木であると思います。
これが社長の言われる天然の桧の大黒柱、枝は天井に伸びているね、葉っぱがないだけで。
家を支える大きな存在—シンボル。
その大木の下で家族とともに過ごす・・・家族を見守ってくれるでしょう。
木はここで植えれば、時間の経過とともに、うちの家みたいに大木となります。
家の中と家の外と2つのシンボルツリーとなるでしょう。
万代さん、味方にしたかったんだけれど、社長の見解に一票を入れます。
怒らないでね・・・ごめんね。

SECRET: 0
PASS:
ビカビ様
コメントありがとうございます!
どちらのお宅も想いを込めて作っていますが・・
想いが滑って無いかが???心配でもあります。
喜んでいただけたら・・私も嬉しいですね

SECRET: 0
PASS:
あっちゃん様
会社で・・・肩身の狭い思いをしてた所でした
あっちゃんの一票で慰められます。

コメントする