小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

こだわって200km

今朝の県北は今年二回目の積雪!中国山脈を越えて米子まで行って来ました

材料確認

なぜ??って思われるかもしれませんが・・・

2月11日美作市内で上棟予定のK様邸の木材の確認の為なんです!!

KOBAYASHIデザインの住宅は木材の風合いを大切にして大黒柱や梁を表わしにするようにしています。

基本的に接着剤を使用した集成材の使用は避けるようにしていますが・・・震度7の1.5倍の力に耐える為の構造計算で集成材が指定された場合は集成材を使用しています。

今回のお宅は集成材を使用しなくてもOKが出たので・・・PFウッド(強度・品質検査に合格した木材)で構造部分を組み立てます。

LDKは天井高さが約2.8mの爽快な空間に力強い梁が表れます。

その梁(大引き)は天然素材なので節とか木肌がまちまちになるので一本一本の梁材表情でLDKの雰囲気が変わってしまいます。

その為に木材の加工工場(プレカット工場)まで設計者である私が出向いて木材の上下と木表(綺麗な面)の向きを加工担当者に指示・確認に行って来ました。

美作~米子までの道のりは有りますが・・・二酸化炭素の増加はプリウスでこらえてもらって・・・

お客様にとっても私にとっても悔いの無い最善の家創りが出来たらと思っています。

移動に時間はかかりますが・・気になる木材の使い方が一生残るよりましです。

2月11日の上棟が今から楽しみです。


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2008年1月29日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする