小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

暖かい家創り(ペアガラス編)

寒い冬こそ「暖かい家に!」って思いますよね!

ロハスステーション

今日、はあいにくの雪模様・・・外気温は4℃・・寒い!

LOHAS STATION はもともと26年前に建てられたJA(農協)巨勢支所の建物でした・・・重量鉄骨にALCパネルで造られ当時としてはハイグレードな建物でした

しかし・・30年前の断熱レベルは現在の小林工業の家創りのレベルとは比べ物にならないくらい低いものです。

小林工業は大規模リフォームして「LOHAS STATION」として生まれ変わらせました。

外観も勿論ですが・・断熱性能も限られた予算の中で工夫してみました。

内壁温度

室内の温度は薪ストーブと蓄熱暖房で

室内温度22℃に暖房しています。

写真は室内の壁表面温度で21度を表示しています。

シングルガラス温度

写真は2階会議室の窓ガラス温度です。

この部分は予算の都合もあって既存のままの

シングルガラスで表面温度は11℃

暖房した熱が大量に漏れている状態です。

ペアLOW-Eガラス温度

リフォームでアルミサッシの交換をした事務所西側の

LOW-Eペアガラスの表面温度は20℃

窓ガラスと室内の壁との温度差が1℃!

LOW-Eペアガラスからの熱漏れが極めて小さい事がわかります。

小林工業の創る家は全てペアガラスを採用した高断熱仕様の「冬暖かく夏涼しい家」を標準にしています。

高断熱の家は光熱費が安くなるばかりか「寒くない!暑くない快適な暮らし」になります。

そして、空調エネルギーの削減による地球温暖化の防止にも貢献できます。

これからも快適&ECOな家創りを進化させて行きたいと考えています!!

 


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2008年1月24日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

SECRET: 0
PASS:
この温度計はいいですね!!
実際の映像なのでインパクトがあります。
色々と参考になります!!

SECRET: 0
PASS:
ビカビ様
うちの甥っ子が夏休みの自由研究で太陽光発電パネル温度と発電量の関係を研究して温度上昇による発電ロスを研究した時にホームセンターで買ったものを使わしてもらってます。薪ストーブの温度測定や寒さでコンクリートが凍りそうな時の温度測定など面白いですよ・・・
ちなみに体温も測れます!!

コメントする