小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

我家も暖かくなりそうです。

12月15日 我家のLDKに蓄熱暖房器スチーベル君が座りました。

スチーベル設置

6kwタイプを設置しました。

幅130cm 奥行き24.5cmかなりの幅を取ります

重量は322kgでも、大丈夫

角ちゃん(大工さん)がシッカリと床補強してくれてます

我家は13年前・・四世代8人家族の時に計画したためにかなり広いLDK(17坪)

断熱性能はその当時としては頑張ったつもりでも・・床下4cm、屋根、4cmの発泡スチロール・壁は土壁で外部モルタル仕上げ・・・サッシは一応ペアガラス仕様にしてますが・・・・今の断熱サッシに比べれば・・あまり断熱性は良くありません

設置当日の夜

設置当日の夜11:30頃

室温は何と5度・設定温度23度寒い・・

私が帰宅する頃の室温です。

いつも・・凍えながら晩酌です

当日 外気温

モニターを操作すると外気温が見られます

外気温は1度

11時から深夜電力時間帯になり始めての蓄熱が始まりました。

 

蓄熱暖房機は輻射熱(遠赤外線)を室内全体に放射して暖房する部屋全体の床・壁・天井を緩やかに暖めて行きます。

設置三日目の朝

設置から三日目の朝のモニター画面です。

18度設定で何とか17坪のLDKを17度~18度にキープできるようになりました。

旧勝田町の里見様邸は42坪の家全体を5kwのスチーベルで快適に暖めておられますが・・13年前の断熱性能の家ではこれくらいが限界でしょうか・・・・??

今日からもう少し設定温度を上げて実験してみます。

蓄熱暖房器を我家に設置してみて断熱性能の価値が身にしみます

高断熱にすると光熱費が大幅に削減されますが、それ以上に快適な暮らしになります。

我家のような既存建物を高断熱仕様にすることは大規模改修をしない限り無理です。

我家の蓄熱暖房設置体験をもとに高断熱住宅を勧める自信が深まりました。

やってみて解かる事っていっぱい有りますよね

室温を上げる工夫を色々やってみて、お客様の家創りに生かして行きます。

 


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2007年12月18日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

SECRET: 0
PASS:
なるほど、参考になります。
鹿児島はあったかいとは言われますが、冬は寒いです。
暖房も快適な物をと思ってます。
これですとリフォームにも使えそうですね!!

SECRET: 0
PASS:
この頃、断熱性能の良し悪しが身にしみて
わかる様になりました。
温度の溜まる家と抜けてしまう家
スティーベルは天井・床・壁に輻射熱を
溜め込む感じですが・・・・断熱が出来てないと
効果が出ませんね
完璧に次世代仕様が出来てると40坪で
6kwも有れば24時間室温20度がキープできるようです。
電気代は月4000円から5000円程度です。
マイコン割引が年間通して130円/kw得られるのも
嬉しいですね。お客様にお薦めしてあげると喜ばれますよ

SECRET: 0
PASS:
すごいですね。
吹付け断熱は「魔法瓶のような家」って表現は納得です。すごいです。
魔法瓶の家とスティーベルのセットはかなり快適に過ごせることが実証されているのでますます夢がふくらみます。

はるかず :

SECRET: 0
PASS:
教えてください。
蓄熱暖房機AEG 6kwを買う検討をしています。
自分で床補強設置を行って電気屋さんに電気工事を依頼して工事をしようかと思っております。
設置後の電気工事は可能なのでしょうか?

SECRET: 0
PASS:
私はスチーベルをお薦めしていますのでAEGについては詳しくありませんが蓄熱体は同じだと思います。
電源は床下から背面壁5cm以内に出しておいた方が良いでしょう。そして電源を接続して設置しています。電源工事が先のほうが良いと思います。

コメントする