小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

住宅の性能評価で安心

イノスの家では住宅性能評価への取り組みを始めました。

住宅の性能評価とは

①構造の安定 ②火災時の安全 ③劣化の軽減 ④維持管理への配慮

⑤温熱環境 ⑥空気環境 ⑦光・視環境 ⑧音環境 ⑨高齢者への配慮

⑩防犯性 の項目においてそれぞれの分野で性能評価してい行きます。

特に耐震・台風等の構造強度も明確化されます。

現在、工事中の物件についても耐震等級・耐風等級が明確化されています。

小林工業が建てるイノスの家はすべて耐震等級3・耐風等級2で構造計算されています。

耐震等級 3 

極めてまれに発生する地震(震度6強~7程度)の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊しない

耐風等級 2 

500年に一度発生する暴風(1991年耐風19号)の1.2倍の力に対して損傷しない

と、一般的に想定される災害にはビクともしない基準で構造計算され、その基準となったデーターは一棟ごとに構造カルテとしてお施主様に提出しています。

上棟式の度にご近所の方々に

「丈夫な基礎を作ってましたね~!」

「頑丈な骨組みですね!」「柱が多いですね~」「梁がデカイですね~」

って、よく言われます!

頑丈な家創りは住友林業による構造計算で裏付けられていますが

ご近所さんが骨組み・基礎を見られただけで解かるんですね。

現在、価格でデザイナーズ系のビルダーさん・津山市内の一般工務店さんと競合しているお宅があります。

現在・デザイン性・価格面でご検討いただいていますが・・・

シッカリとした耐震性・断熱性など

住んで見ないと解からない・・???

災害に遭って見ないと解からない・・???

そんな、快適性・安全性まで含めてご検討していただきたいと思っています。

お引渡しを済ませ・・2~3ヶ月住まれたお客様からは絶賛いただいています。

一生に一度の家創りだから・・悔い無き家創りに努力しています。

 


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2007年11月05日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

SECRET: 0
PASS:
イノスの家は、すべて数字の根拠が出せるのが凄い事だと思います。
競合している場合も「他社さんは強度はどうなってますか?」と質問して、具体的に答えているところはほとんどありません。
大体は「大丈夫です!!強いです!!信じてください!」
と言ってるところが大半のようですね!!

SECRET: 0
PASS:
お客様に「強度は?」って尋ねるのは
良い方法ですね!
使わせていただきます。
いつも、説明する側に回ってる自分に反省です。
これからも宜しくお願いします。

コメントする