小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

シロアリに食われてる!!

現在、美作市内3箇所で大規模なリフォーム工事をしています。

風呂・便所のバリアフリー仕様は勿論のこと、リビング・ダイニング・キッチン・玄関までリニューアルしてしまいます。

シロアリ被害

着工して一番は既存部分の解体から始まりますが・・

一番怖いのがシロアリ被害です!

こちらのお宅も例外なくシロアリにやられています。

30年前は全てのお宅のお風呂の壁はブロック積みにタイル張りで床仕上げもタイルで、土間を埋め上げられて砂利の上にモルタルを敷いてタイル張りにして有りました。

その場合、必ずブロックと土台・壁のタイルと接する部分の柱や、土間タイルと接する部分の土台、柱などがシロアリに食われています。

シロアリは湿気が好きで、お風呂・トイレなどの湿気の多い部分で木材を食い荒らしています。

知らぬ間に壁・屋根などから雨漏りしている場合は高い部分でも被害が出ている場合も有ります。

小林工業が創る新築住宅では基礎パッキン工法により土台を2cm持ち上げてすき間を作るように樹脂製パッキンを土台と基礎の間に挟んでいます。風通りの良い防湿基礎にシロアリ駆除処理を行うのでシロアリ対策は万全です。

今回のようなリフォームでもシロアリにやられた部分の柱・土台は交換してシロアリ駆除作業を行うと共に基礎部分に防湿シートを敷き詰めて土間コンクリートで地面からの湿気をシャットアウトしてしまい「シロアリの住めない環境」にしてしまいます。

新しいお風呂は最新のユニットバスになるのでお風呂部分の湿気が床下・建物内部に広がることが無いので安心です。

リフォームも一階部分ほぼ全面となるとかなりの高額となってしまいます。

快適な暮らしの実現は勿論ですが、金物補強・筋交い追加による耐震対策とシロアリ対策も完全に行い「耐久性の大幅な延長」も実現しています。

昨年は中国電力のリフォームコンテストに入賞しましたが今回も挑戦できるように色々なアイデアを凝らしています。

今回のリホームもアイデア自慢の作品になりそうです。 お楽しみに!!


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2007年9月29日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする