小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

ロハスなお話

今日は年に一度の「道造り」です。

草刈 中組特別に道を造る訳ではではありませんが村の事業として何百年も続いていると思われます。

私が生まれ育ったこの村は岡山県東北部の出湯の町旧美作町の山間部で「海田」地区です。

その中を5つの村に別れ「中組」という村になります。

約35軒件ほどの家があり、谷間にはわずかな田んぼと茶畑が広がります。

今日は一軒から一人が出て農道の草刈、側溝の掃除、農村公園の草刈、村に一箇所あるため池の草刈などが行われます。

熊原池わずかジュース代程度の補助金が美作市からいただけるらしく現場写真の撮影も私の仕事となりました。

私の子供の頃はどこの家にも玄関横に和牛が飼ってあり、和牛と共に生活していました。

家庭の生ごみは全て牛の餌になるばかりか、田んぼのアゼ草、稲ワラなども良質の牛の餌となっていました。

そして牛の床にはワラ・籾殻などが敷かれていました。1~2週間に一度、牛の糞と共に敷きワラの交換が行われ、牛小屋から出された牛糞は良質の肥料として有機栽培を支えていました。

熊原池(ため池)の土手を刈りながら・・・・

私   「こりゃあ良い牛の餌になるでぇ~」

村の人「いるんなら!ヒロちゃんとこまで持って行ちゃろうか?」

私   「40年前なら喜ぶなあ~」

村の人「40年前ならこんなになるまで伸びてないわぁ~!

     こんなになる前にみんな喜んで刈りょ~たわぁ~!」

今から考えると子供の頃はのどかだったように思えます。

自給自足でロハスな生活が基本でした。

夕刻になるとおじいちゃんと魚釣り。風呂は薪で焚き、風呂釜の下の火で魚を焼いて夕食の一品になる事もありました。

その頃の海田はどこまでも丁寧に草刈されて、子供たちはアゼ道を山を走り回って遊び、夕刻には風呂焚きの煙が帯になって海田の谷間を漂っていました。

今は自動お湯張りの温水器でスイッチ一つで適度にお湯張りと保温が出来ます。

昔は風呂焚きは子供の仕事、一番風呂はおじいちゃんか親父で

「お風呂加減はどお~」 母ちゃんが尋ねてました。

テレビは一家に一台、ご飯はかまど、洗濯は川

今から思うと不便な時代だったかもしれませんが

誰もが普通に環境に優しく、思いやりの生活が出来ていた頃でした

いつの間にか、40年前の懐かしいロハスなお話になってしまいました。

 


地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2007年9月02日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

Tanaka :

SECRET: 0
PASS:
5年ほど前に、主人の実家に引っ越してきたのですが
家の近所にそっくりの風景です。
 
農業をする人は減っても、今でも「八十八夜」のお祭りなどがあったりします。
昔ながらの行事ごとを残そうとする先輩方と、
時代と共に、変えていこうとする世代と、
時々、意見がぶつかります。
 
でも、どちらの意見も大切です。

SECRET: 0
PASS:
長男の宿命って有りますよね
僕も田舎に帰りたかったわけではありませんが
今は生まれ育った村に誇りを持って
大切にしていきたいと思っています。

加奈 :

SECRET: 0
PASS:
中組とかの単位って村だったんじゃ・・・
アメリカの普通の社会ってそういう土地に根付いた人たちが集まって行事ごとがあることがないから、そういうの寂しいなと思うわ。最近、友達のいるインディアンの居住区へよく遊びに行くんじゃけど、その部族の人たちは、10,000年前から同じ土地で同じ儀式をして暮らしてきた人たちだから、そういう地域での行事ごとも残っているし、人と人ももっとつながっていて、海田育ちの私には、アメリカの典型的な白人社会にいるよりずっと居心地が良いわ。もちろん、インディアンとて今じゃ白人の生活様式を持っているし、便利な暮らしを求めることも自然なことだけど、そういう中でも守っていくこと、続けていくことがはっきり分かっているのって良いなと思うよ。

親父 :

SECRET: 0
PASS:
結局、アメリカも日本の同じって事かな~
地域を愛する心って大切だと思う・・・
親父も46年生きてやっと自分のルーツに応えなきゃって思うようになってきたよ!

コメントする