小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

ロハスに暮らす

ロハスに暮らすってどんな生活なの?

ロハスって一言で説明できるものではありませんが、

その中の一つとして「環境に配慮した暮らしをする」と云う事があげられます。

これから暑い夏を迎えますが、断熱性能を上げることで空調にかかるエネルギーを大幅に削減する事が出来ます。

40坪の住宅の平均的なエアコン能力の合計は約16kw~20kwです。

これを断熱性能を上げることにより30~40%の削減は容易に行うことが出来ます。

電気の大半は火力発電でまかなわれており、発電することにより多くの二酸化炭素を排出しています。

美容院外観断熱性能の良い家を造る事により二酸化炭素削減に大きく貢献できるわけです。

写真は津山市楢に建築中の美容院です。

正方形のボックスを組み合わせたようなシンプル

吹きつけなデザインになっています。

こちらの建物も高断熱・高気密の仕様にしています。

写真は小林工業オリジナルの現場発泡吹付け断熱材「ナチュラルフォーム断熱」の施工中です。

二種類の液体を吹付けて瞬時に約100倍に膨らみます。液体の入れるすき間なら隅々まで断熱施工できるばかりか永久に断熱性能が低下する事はありません。

人体には大丈夫?って思われるかも知れませんが

心配いりません!

吹付け完了吹付け材そのものは「低反発ベット・枕」などと同じ素材で安心して使ってもらえます。

小林工業では昨年からこの断熱工法を標準として、多くの住宅をお引渡しさせていただきましたが、全てのお客様から「暖かい冬を過ごせました!」と喜びの感想を頂いております。

わずかなエネルギー消費で快適な暮らしが得られた上に、二酸化炭素削減にも大きく貢献できる家創りが進んでいます。

地球に優しい、体に優しい「ロハスな暮らし」始めませんか?

地域に役立つ会社を目指しています。
津山ブログランキングに登録しました。
1クリックご協力お願いいたします。

2007年7月23日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

質問でぇす :

気になるので絶対 答えてね♪
SECRET: 0
PASS:
あの~
画像では わかりにくいので、ぜひ是非とも 教えて下さい!
吹き付け断熱材って…何cm位の厚みが ありますか?
適材適所だと 思いますが、やはり断熱材により施工場所で厚みは違うでしょうが…
毎回、建築毎に同じ厚みで建築されてますか?
私、寒がりなので厚みも気にします!
いつもキチンとブログで ご紹介下さるので 必ずお答え頂けると期待しています
絶対
教えてくださぁい

SECRET: 0
PASS:
次世代省エネ仕様と新省エネ仕様で断熱基準が決められており単純な厚さでお答えする事が困難で、詳しくご説明したいのですがコメントには文字数に限界があります。ホームページ内にあるメールにてお尋ねいただくか?
8月3・4・5日の見学会で体感いただくのが間違い無いと思います。
ご来場をお待ちしています。

断熱材の 厚み? :

SECRET: 0
PASS:
考えた事無かった…
そういえば 断熱材の素材や施工は 考えるけど…厚みまでは考えたりしなかったです。
そういうことも ちゃんと考えなくては行けませーんね♪
次世代 ?
省エネ?
素人には、よくわかりませんが厚みと言うか 標準で だいたい どれくらい施工するものですか?
4・5センチかなぁ?わかりませんね~
そういえば 最近の画像に良く出ている家は可愛い
あのお家は厚み何センチ?

SECRET: 0
PASS:
昨日の岡山の最高気温は35度を越える猛暑日でした。展示会を予定している可愛い家に14:00頃お客様をご案内しましたが、前もって11時頃から2階の6帖用(2.5kw)のエアコン2台をスイッチONしておいたので47.5坪の広々スペースでも家中(1・2階)快適な室温でした。新省エネ基準対応の吹付け厚さでも十分に快適だな~なんて思いました。特に外壁部分、屋根部分に工夫している通気工法が温まった熱を上手に逃がしてくれてるようです。屋根部分に熱線反射シートなどを張ってみるともっと効果が有るでしょうね。小林工業が創る省エネ仕様のお宅は家族4人40坪で総光熱費が夏場10000円冬場12000円春、秋が8000円程度が標準で一切を電気でまかなっていただいているようです。

断熱材 :

SECRET: 0
PASS:
吹き付け断熱材に 興味あります
リフォームも可?
そもそも
断熱材は 厚みがあると 確かに 機能が 高まるですよね?
実際は
屋根 室内壁 床断熱
どれくらい の厚みを吹き付けますか?

SECRET: 0
PASS:
断熱材は厚ければ厚いほど効果が有りますが、通気性の有る断熱材の場合は通気性が低下します。通気性の有る断熱材は日本古来の土壁のような湿度調節機能があります。通気性の無い断熱材の場合は厚みは関係なく厚ければ良いと思います。吹付け断熱はリフォームでも施工しています。現場の都合で厚く吹けない場合は硬質ウレタンフォームなど断熱性能のより高い素材で施工する場合も有ります。美作IC近くで施工中の現場は一部鉄骨造で硬質ウレタンとグラスウールの複合で高い断熱性能を持たせました。吹きつけ材料・厚さ・通気については御来場頂いた時に詳しくご説明させていただきます。
リフォームの見学出来る現場もありますのでご連絡ください。

コメントする