小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

訪問販売

瓦今日は朝一番から瓦屋根の上

天気が良いのですぐに屋根瓦も乾くだろうと思っていたが・・・・案外と日当たりの悪い部分もあるもので露の残る部分はスニーカーの裏をぬらしてしまい・・・かなり危険!!

LOHAS STATION の看板レディーの○○ちゃんの実家に岡山市内から訪問販売の瓦屋さんが来て「無料点検」をしてくれたらしい

瓦の割れていた部分が有り無償交換??

そして、割れていた瓦部分の写真を見せて交換したと報告?

「こちらのお宅は全体的に瓦がずっていて葺き替えたほうが良いです。

鬼瓦、棟もがたがたです。全面葺き替えをしないと大変な事になります!」

驚いた実家のお父さんは娘に報告!!

で!私が確認に行くことになった訳です。

訪問販売業者に渡された写真では瓦の割れた部分のレンガ色から想像すると「三州瓦」です。

でも実際にこの屋根に施工してあるのは「石州瓦」!・・・おかしい?

北側部分の瓦を一枚交換したらしいが・・全体的に緑色のコケ(カビ)で汚れていて交換した箇所がどこなのか想像できない?

棟に上がってみるが葺き替えて10年も経っていないらしく状態は非常に良い。

鬼瓦も棟もシッカリと固定され何の問題も無い!!

上の写真のように立派な和瓦屋根!

でも、訪問販売の営業マンに「大変な事になる!」

と言われたお父さんは不安でたまらない・・・・

私はお父さんに何の心配もいらないと説明!それでも心配そうなので鬼瓦、くだり尾の漆喰の補修を約束して一応安心してもらえた様子

インチキ訪問販売!いい加減にしろ!!って感じです。

岡山県北地域では高齢化が進み、お年寄りの一人暮らしとか一人で昼間のお留守番のお家が増えていて、年寄り相手に高額な契約を結ばせようとする訪問販売営業も増えているようです。

対策としては遠くから来た訪問販売は取り合わない事が大切です。

無理やり契約させられそうになっても一度断って

娘、息子に相談することが良いと思います。

訪問販売にはくれぐれもご注意を!

 

 

 

 

 

2007年4月26日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

SECRET: 0
PASS:
この地「鹿児島」も同じです。換気扇フィルター、外壁塗装、排水の詰り、床のワックス、白蟻点検、床下の換気、太陽光発電、などなど本当にいい加減にしてよ!!
って言いたいですね!!
事件が起こるたびに、記事にして配布してます。
お疲れ様でした!!

コメントする