小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

川鵜

川鵜この写真はロハスステーション近く「東郷橋」から見下ろした所です。

100羽近い川鵜が白鷺の群れを押しのけて川魚を集団で追いかけています。寒い日に一箇所に集まった川魚を一網打尽です。

僕が子供の頃、川鵜なんて見たことが無かったんです。白鷺すら珍しかったです。子供の頃はよく川で釣りをしたり、石の間で小魚を掴み取りしました。

この頃は川で魚釣りする人も、川で遊ぶ子供もあまり見なくなりました。

昨年は鮎漁もさっぱり駄目だったとか・・・川鵜も自然の中で急激に増えて来た者だと思いますが、このまま自然に増えることが良いのでしょうか??

川魚は少なくなっています。

ロハスな家創りを通して環境保護にも貢献出来たらと思っていますが、なんだか微妙な光景でした。

野生生物学を学ぶ娘に聞いてみましょう

2007年1月24日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

かな :

SECRET: 0
PASS:
昔、川鵜は一時期、公害とかで激減して絶滅のおそれもあったらしいよ。おとんが子供の時、たぶん激減してた時期だと思うよ。今は逆に増えて鮎の漁業に影響したりしているらしいけど。色々対策してる都道府県もあるみたいよ。確かに私の子供の頃から比べても、川鵜は増えたのがわかるわー。そんだけおると異常な光景に見えて怖いなー。
川鵜は数が増えたのもあると思うけど、
もともとの生息地を追いやられて集まってきてるんじゃない?調査したわけじゃないけんわからんけど。
生態系は、自然な変化で変わったことももちろんあると思うけど、人間の影響はやっぱ大きそうじゃな。
数年前のよろずやの前の川の工事から、あそこの蛍の数は激減したし。そういう小さいとこって環境アセスメントされるんだろうか。小さいとこだけど、蛍には大打撃だよ。こせ幼稚園の手前の水路も、かなり良かったのに、コンクリートになるらしいな。もったいなーい。

コメントする