小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

亀山ブランド

森川鉄骨完了

森川製作所㈱の岡山工場の新工場棟新築工事が着々と進んでいます。

設計から施工まで小林工業で一貫して行っています。一棟に見えますが、実は二棟になっていてレールに乗った貨車で横移動するようになっています。

               工場森川機械基礎でも、家相から採光、通風、将来の増築まで検討してPLANしております。

写真は内部の機械基礎です。以前に紹介いたしましたが最新の五面加工機が二基設置され大型液晶テレビを組み立てる自動化設備が加工、組み立てされる予定です。来年3月の竣工にむけて、小林工業の若手のホープ太郎君(監督)が頑張ってくれています。

この工場から出荷された製品が世界の亀山ブランドの工場で活躍してくれます。

この工場の設計も施工もKOBAYASHIブランドです。

 

2006年12月19日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

SECRET: 0
PASS:
先日は色々とお世話をおかけいたしました。ちょっとした、お騒がせでありました。煙突掃除でストーブも快調になりました。皆様にはご迷惑をおかけしてしまって・・・これからも宜しくお願いします。

lohas.k :

SECRET: 0
PASS:
ストーブは煙突で調子が左右されますなね。
煙突掃除は使用前、使用後どちらでも良いですが
年に一回は必ず掃除しなくてはいけません!!
最悪の場合ですが、煙突内にたまったタールに火がついて煙道内火災を起こすと、煙突が使えなくなるばかりか、
建物火災に至る事もあるそうです。
煙突は掃除し易い位置、高さに付ける事はもちろんですが、極力T(チーズ)L(エルボ)を使わずに、ダイレクトに
ストーブまで掃除できるように配慮する事もたいせつです。そして、薪ですが、針葉樹を焚くとススがたまり易いので
避けたほうが良いです。出来るだけ広葉樹を焚きましょう。薪ストーブの季節になりました。
炎を囲んで家族の心まで暖まってきますね。 

コメントする