小林工業のロハスな家

お客様の満足、納得のいく家づくりが基本です。
ロハスな家創り日記
社長ブログ

手作りアイアン「Hidemi工房」

小林工業のルーツは鍛冶屋なんです。明治24年の正月に家出して鍛冶屋の修行に入り、明治35年に海田で鍛冶屋を創業したのが小林工業の始まりです。


川崎邸k


ですから、鉄をアブって曲げたり、尖らせたりするのは100年以上の歴史があるんです。


僕自身も中学校の夏休みに刀鍛冶だった、お爺ちゃんに弟子入りして日本刀を作った経験もあるんす。


入江邸窓格子今、こうしたアイアンの加工は何十年の経験を持つ社員のHIDEMIさんが小林工業の工場内で加工してくれています。デザインは僕がチョークで鉄板の上に原寸でイメージを伝えます。それを実際に形にしていくのがHIDEMIさんの匠です。材料は鉄筋を主に使いますが、思いを込めて作ると風合いが出来てくるから不思議です。実際にガスバーナーでアブってハンマーで叩くから槌跡が残って手作り感は十分です。


入江邸フラワーボックス


一番上のKは川崎邸の棟飾りです。


二番目は入江邸のお風呂の窓格子です。


一番下は入江邸のフラワーボックスです。


どれも、手作り「HIDEMI WORKS」の作品です。


KOBAYASIでないと創れない家がココにあります。


入江邸は完成見学会を予定しています。出来上がりを見に来てください。


 


 


 

2006年12月13日 | カテゴリー ロハスな家創り日記, 過去ブログ 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

おてんば娘 :

SECRET: 0
PASS:
お風呂の格子も手作りでしていただけるなんて!!
素敵ですぅ~!ありがとうございます。
以前の見学会で、フラワーボックスが手作りだと聞いてビックリ。家族全員「うちもあれ作ってもらおう!」と決めてました。小林工業さんでしか出来ない逸品だと思います。

hero.k :

SECRET: 0
PASS:
おてんばさんへ
棟飾りも手作りで I を作りましたよ。
外壁がの塗り壁が出来上がったら取付です。
楽しみにしてください。
南北2箇所しますから!
どちらから見ても可愛くなりますよ!!

おてんば娘 :

SECRET: 0
PASS:
わぁ~ありがとうございます!!
おっしゃれ~でございます。楽しみに待ってます。
お友達が遊びに来る時に、良い目印になりますね!

hero.k :

SECRET: 0
PASS:
おてんばさんへ
クリスマス前後にはアイアン棟飾り、フラワーボックス、窓格子も付いて外部足場を片付けようと計画しています。でも・・・雨or雪が降ると予定が延びてしまいそうです。
お天気を祈って楽しいクリスマスにしたいですね。

コメントする